2013年08月24日

仰天魚市場ニュース

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:小サバ 560キロ、シイラ 100キロ
       マルソウダ 110キロ
「石橋」定置:ウスバハギ、小サバ ほか
「 岩 」定置:小サバ 16トン ほか
「原辰」定置:ヤマトカマス 750キロ、アカカマス 60キロ
「江の安」定:小サバ 3トン ほか
「二宮」定置:休漁
「福浦」定置:サバ 1トン、アジ 80キロ
「大磯」定置:小アジ 140キロ、マルアジ 70キロ
       小サバ 3.3トン

 伊豆方面からは、
「沼津底曳」:マダイ、マアジ ほか
「川奈杉本」:シイラ、ヤマトカマス ほか
「下田釣船」:キンメダイ 290キロ

 東方面からは、
「平塚定置」:アジ 460キロ ほか
「佐島釣船」:釣カツオ 60キロ、釣キメジ 120キロ
「大磯沖曳」:生シラス 40キロ

「マアジ」は湘南方面で好調で、「キンメダイ」は下田から来たし、「カツオ」に「キメジ」も安定入荷、さらに「生シラス」は徐々に復調気配等々、週末に魚種も豊富で良かったのだが、地元の定置網は「にゃんこ 子にゃんこ 孫にゃんこ」ならぬ「サバ 小サバ 孫サバ」に完全占拠された。船から揚がってくるのは「サバ」に「小サバ」の山、そしてまた山。
しかし、小さい「カマス」を獲るよりは「小サバ」の方が良いなどとの声も聞える中、次から次へとダンベシュート。
「小サバ」はこれだけ獲ってもいなくならないというのだから、実に不思議なものである。

今日のイセエビ・・・ 80キロ
posted by にゃー at 17:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする