魚体中骨抜き器販売中

2013年08月31日

活カノコイセエビ

20130829_kanon.jpg

一目見て分かる。それが「カノコイセエビ」。
第一触角の縞模様。それが「シラヒゲエビ」の証拠。
しかし、今まで「イセエビ」見てきたが、初めて気がついた。
分布域は房総半島以下南から琉球列島及び小笠原列島までと言われる。

足の縞模様と良い、体側の斑点(鹿の子の由来)と良い、なかなか南国チックなスタイル。味的にも変わらないという。

小笠原で多く獲れるのは同じ「カノコイセエビ」でも「アカイセエビ」なのだそうだが、こちらは第一触角の縞模様が無く、ひょっとすると今まで見過ごしてきたのかも知れない。第一、「カノコイセエビ」に「シラヒゲ型」と「アカエビ型」がいることすら初めて知った。

今後は注意して観察することとしよう。
posted by にゃー at 23:51| Comment(0) | TrackBack(0) | ギョッ!魚だらけの水泳大会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

魚市場に100倍返しだ

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:小サバ 47.7トン
「石橋」定置:休漁
「 岩 」定置:小サバ 1.8トン、ヤマトカマス 70キロ
「原辰」定置:小サバ 5.8トン、ヤマトカマス 240キロ
「江の安」定:小サバ 1.2トン、ヤマトカマス 90キロ
「二宮」定置:小サバ 2.9トン、アジ 590キロ
       サバ 180キロ、マルソウダ 260キロ
「福浦」定置:イナダ 240キロ、シイラ 70キロ
「大磯」定置:小サバ 2.2トン、マルソウダ 140キロ
       アジ 270キロ、マルアジ 120キロ
       サバ 90キロ

 伊豆方面からは、
「熱海丸網」:小サバ 120キロ ほか
「川奈杉本」:ヤマトカマス 50キロ ほか

 東方面からは、
「平塚定置」:アジ 320キロ
「湘南沖曳」:生シラス 230キロ
「佐島釣船」:釣カツオ 60キロ

20130831_cossba.jpg「小サバ」「小サバ」「サバ」「小サバ」「小サバ」「小サバ」「小サバ」「小サバ」「小サバ」「小サバ」「小サバ」・・・以下略。ゲップ。
20130831_funetwo.jpgここまで「小サバ」が獲れるとは、正直予想できませんでいた。言葉を失う「小サバ」ラッシュにしばし放心状態。
あまりに獲れるので、負けじと「米神」定置は怒りの2回戦。そこでも当然、「小サバ」清一色。
夏休みの終わりに良い思い出が出来たと、余裕の人間に対し、「獲られたら、獲り返す」と、これでもかの集中豪鯖で対抗する自然界。ここまで来ると最早「人間」対「小サバ」のガチンコ対決。「小サバめ、覚えていやがれ!」と漁師が言ったかどうだか知らないが、圧倒的なフィッシュポンプの吸引力とチームワークで一気の水揚げ。これなら「サバ」も文句はあるまい。
さてさて、他では「生シラス」が帰ってきたところを見ると、来週は「アジ」を筆頭に良い傾向が期待できると確信。20130831_nautilus.jpgただし前半の天気は今から心配だが、日本海側から北海道にかけての荒天を見ていると、こっちの方が気の毒になる。相模湾にも恵みの雨が必要だろう。「イセエビ漁」のテコ入れの意味でも、少しくらい荒れてくれた方が丁度良いと思われる。

今日のイセエビ・・・ 40キロ
posted by にゃー at 16:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする