魚体中骨抜き器販売中

2013年09月30日

獲れてるノッてる魚市場

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:ヤマトカマス 4.4トン、モロ 300キロ
       サバ 210キロ、イナダ 170キロ
       マルソウダ 100キロ、イサキ 140キロ
「石橋」定置:休漁
「 岩 」定置:ヤマトカマス 7トン、モロ 210キロ
       小イサキ 150キロ、イサキ 130キロ
「原辰」定置:ヤマトカマス 3.3トン、モロ 540キロ
       小サバ 120キロ、小イサキ 100キロ
「江の安」定:ヤマトカマス 210キロ、小サバ 110キロ
「二宮」定置:サバ 500キロ、ヤマトカマス 1.5トン
       アジ 120キロ
「福浦」定置:イボダイ 540キロ、イナダ 120キロ
       ワラサ 100キロ、カゴカキダイ 130キロ
       カワハギ 80キロ、ショウゴ 140キロ
       マダイ・チダイ 90キロ
「大磯」定置:ヤマトカマス 1.5トン、小サバ 1.5トン
       マルアジ 230キロ、サバ 130キロ
       アジ 700キロ、小アジ 300キロ

 伊豆方面からは、
「真鶴定置」:キハダ 170キロ、ワラサ 340キロ
「川奈杉本」:ボラ 300キロ、ヤマトカマス 80キロ

 東方面からは、
「佐島釣船」:釣カツオ 240キロ ほか
「湘南沖曳」:生シラス 120キロ
「腰越定置」:小アジ ほか
「江ノ島網」:アジ 340キロ ほか

10月を目前にしてすっかり季候も良くなり、魚の動きも活発化しているようで、今朝の定置網はどこも大獲れ。魚種、量共に盛況で秋の定置網を象徴するかのような様々の魚たちが獲れました。
ただ、またも沖には台風が接近しているとかで、早くも沖ではうねりが出始めているとの情報があり、週中から後半にかけての影響が懸念されます。せっかく「小イサキ(ゴッソリ)」が消えたと思ったら、またお付き合いしなければならなくなりそうで、またも秋の天候同様、複雑な心境である。

今日のイセエビ・・・ 20キロ
posted by にゃー at 18:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月28日

魚市場はプロちゃんのみ

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:ヤマトカマス 810キロ、小イサキ 1.9トン
       マルソウダ 390キロ、ワラサ 160キロ
       ヒラソウダ 190キロ、イナダ 80キロ
       ウルメイワシ 190キロ
「石橋」定置:ヤマトカマス 230キロ、小イサキ 1.1トン
       ウルメイワシ 100キロ
「 岩 」定置:ヤマトカマス 690キロ、小イサキ 6.3トン
       イサキ 130キロ
「原辰」定置:ヤマトカマス 410キロ、イサキ 120キロ
       小イサキ 110キロ、サバ 140キロ
「江の安」定:ヤマトカマス 240キロ、イサキ 160キロ
       小イサキ 1.1トン
「二宮」定置:アジ 270キロ、イサキ 290キロ
       サバ 140キロ、ヤマトカマス 90キロ
       小イサキ 170キロ
「福浦」定置:サワラ 900キロ、サゴシ 2トン
「大磯」定置:アジ 70キロ、マルアジ 60キロ

 伊豆方面からは、
「真鶴定置」:ワラサ 1.6トン
「川奈杉本」:ヤマトカマス 250キロ、ショウゴ 70キロ
       ウスバハギ 70キロ、ボラ 60キロ

 東方面からは、
「平塚定置」:アジ 100キロ ほか
「片瀬沖曳」:生シラス 170キロ
「湘南沖曳」:生シラス 120キロ

アマちゃんは出入り禁止。魚の目利きのプロ、達人が目白押し。だから良い魚しか集まらない。だから良い魚屋しか集まらない。だから良い値段しか出てこない。
君も魚市場に来たかったら、まずは魚のなんたるかを知ってから来るように。

今日のイセエビ・・・ 50キロ
posted by にゃー at 17:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月27日

戦いは数だよ魚市場

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:ショウゴ 280キロ、イサキ 230キロ
       小イサキ 2トン、イボダイ 60キロ
「石橋」定置:小イサキ 5.7トン、イサキ 110キロ
「 岩 」定置:イボダイ 230キロ、ショウゴ 130キロ
       小イサキ 2.5トン、イサキ 210キロ
       ヤマトカマス 1.8トン、小サバ 500キロ
「原辰」定置:小イサキ 1.2トン、イサキ 270キロ
       小サバ 100キロ、ヤマトカマス 300キロ
「江の安」定:イサキ 320キロ、小サバ 160キロ
       小イサキ 350キロ、ヤマトカマス 70キロ
「二宮」定置:小イサキ 2.1トン、イサキ 200キロ
「福浦」定置:休漁
「大磯」定置:休漁

 東方面からは、
「平塚定置」:アジ 220キロ
「湘南沖曳」:生シラス 80キロ
「腰越定置」:小アジ、小サバ ほか

恋が先か?愛が先か?
中学生のお悩み相談のような命題も、今となってはなんと下らないことかと赤面する方もいるかもしれませんが、魚市場ではここのところ毎朝「小イサキ」が先か?「アジ」が先か?という悩みの下、網の水揚げを見守っております。
普通なら当然高値が期待できる「アジ」が先になるわけですが、どうしたって全体量のほとんどを「イサキ」が占める現状にあっては、現実的な選択肢として「小イサキ」から選別せざるを得ません。
「小イサキ」も少し大きくなれば立派な地魚「イサキ」として売れますから、漁師も手の感触とサイズを吟味する真剣な眼を持って大きさを慎重に選別します。その中に「アジ」や「カマス」が混じり、それらを選りながら箱詰めして競りにかける訳ですから仕事量から言っても大変です。
高値の「アジ」も競りにかけたいし、「イサキ」も作らなければならない、当然その他の鮮魚も大量に混じる訳で、競りの時間間際になると猫の手も借りたいと動き回る光景があちこちで繰り広げられます。
魚は海で網揚げを待ってはくれないが、時も待ってはくれません。明日も間違いなく忙しくなるでしょうし、日々新たなる猫の手の奪い合いが発生するのも間違い有りません。

今日のイセエビ・・・ 80キロ
posted by にゃー at 18:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月26日

サザナミヤッコ

熱帯魚キター。

20130926_yacco.jpg

台風のせいで大波が打つ中、獲れたのは「サザナミヤッコ」。
黄色い体に散らばる青い斑紋のような模様を「サザナミ」と喩えるこの感受性豊かな標準和名。
大きな鰭と太い体、エラ蓋下にこれ見よがしに突き出る太いトゲの迫力など作りの大きな魚らしい雰囲気は、まさに近海離れした熱帯魚然たる佇まい。
これぞヤッコの中のヤッコ。

沖縄の方では刺身や焼き魚向けとして食用にすると言うが、どんな味がするのだろうか。
「キンチャクダイ」が不味いと聞いた時以来、この手の魚には手を出さないようにしているのだが、非常に気になるところだ。ちなみに伊豆半島の定置網で獲れた。

20130926_fuedai.jpg20130926_blackstar.jpg今朝の同じ定置網には「フエダイ」や「クロホシフエダイ」、「ハマフエフキ」そして「クエ」など実に多種多様な魚が獲れており、台風の後の影響を如実に感じさせた。
明日以降の各地の定置網にも、珍魚漁獲の期待が高まる。
ラベル:定置網漁業 珍魚
posted by にゃー at 15:57| Comment(1) | TrackBack(0) | ギョッ!魚だらけの水泳大会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

魚市場のビッグウェイバー

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:休漁
「石橋」定置:小イサキ 7.3トン、イサキ 280キロ
       イナダ 800キロ、ヤマトカマス 380キロ
「 岩 」定置:休漁
「原辰」定置:小イサキ 200キロ、小サバ 120キロ
       ヤマトカマス 160キロ
「江の安」定:休漁
「二宮」定置:休漁
「福浦」定置:休漁
「大磯」定置:休漁

 伊豆方面からは、
「川奈杉本」:メジナ 70キロ、カゴカキダイ 70キロ
       ハマフエフキ 40キロ、ショウゴ 50キロ

 東方面からは、
「腰越定置」:ヒラソウダ 50キロ ほか

20何年ぶりのビッグウェーブに乗ってけ、乗ってけと出港した船は、堂々「小イサキ」のおみやげを山盛りにして還ってきた。稲村ヶ崎の優勝は50万円に対し、小田原漁港の水揚げ金額は見事60万円を超え、優勝をも超越したもはやVIP待遇。
やはり台風の後は「小イサキ」、これ「ニュートンの万有引力の法則」並みに人類の一般常識と化しているようだ。
いよいよ明日は、大勢の定置網参加者を迎えて「小田原イサキ・クラシック 2013」本番を迎えることとなりそうです。

今日のイセエビ・・・ 50キロ
posted by にゃー at 14:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月25日

魚が無い魚市場は何で稼ぐ

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:休漁
「石橋」定置:休漁
「 岩 」定置:休漁
「原辰」定置:休漁
「江の安」定:休漁
「二宮」定置:休漁
「福浦」定置:休漁
「大磯」定置:休漁

 東方面からは、
「平塚定置」:アジ 170キロ
「腰越定置」:小アジ 50キロ ほか

一般的な企業の給料日は25日といわれますが、我が社は違います。仕事の少ない今日あたり、給料もらっていては罪悪感に嘖まれることになりそうだったが、幸いにも今月の給料はもらった後だった。
ちなみに今朝の小田原漁場は港入り口の波浪高く船の出入りに支障有る為、出船できず、どこも休漁日。台風がより接近する明日も同様のこととなりそうで、明日の全国からの鮮魚入荷の見込みも少なく、今日は操業できた湘南方面の漁場も休漁となり、地魚の入荷もほとんど期待できないのではないか?
活かし込みの「活イセエビ」なら入荷の可能性はあるが、魚は今日の出漁が叶わない以上、我が給料袋の薄さ同様、期待も薄いというものだ。

今日のイセエビ・・・ 20キロ
posted by にゃー at 13:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする