2013年09月03日

本日の魚市場のおすすめ

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:イナダ 790キロ、ワカシ 140キロ
       サバ 80キロ、小サバ 140キロ
「石橋」定置:休漁
「 岩 」定置:ヤマトカマス、アジ ほか
「原辰」定置:ヤマトカマス 80キロ、シイラ 60キロ
「江の安」定:サバ、シイラ ほか
「二宮」定置:アジ 400キロ、小サバ 1.4トン
       小アジ 500キロ、サバ 250キロ
       イワシ 200キロ
「福浦」定置:ワラサ 1.6トン、ワカシ 120キロ
「大磯」定置:マルアジ 100キロ、小サバ 840キロ

 伊豆方面からは、
「川奈杉本」:ヤマトカマス 320キロ、ニザダイ 120キロ

 東方面からは、
「湘南沖曳」:生シラス 160キロ

小田原  (釣)カツオ   110キロ

20130903_zakue.jpg「クエ」。美味しい魚の代表選手にして高級魚の代名詞。九州場所といえばこの魚。でっぷりとしたこの巨体が連日揚がっております。「メイチダイ」や「戻りカツオ」もレギュラーで入荷しており、徐々に秋の深まりと共に華やかな地魚セレブの登場で賑やかさを増している魚市場。
その一方で実に地味なところに注目が集まっておりました。それがこの「トカゲハダカ」数年ぶりの登場。
20130903_tokahada.jpg今日は一匹二匹の単位でなく、ドドンと300・・・グラムも獲れました。このグロな顔つき、いぶし銀の魚体、まさに国立科学博物館で開催中の特別展「深海」に勝るとも劣るともなく、勝負にならないほどの規模ではあるものの、喜ぶ人だけ喜んでくれるこのマニア受け重視の姿勢が「米神」定置と言うことを思い知らされた朝でした。思った以上に脂の乗ったこの魚は、東京のとあるお店にて、唐揚げで食べられるそうです。是非とも、「孤独のグルメ」で紹介してくれることを望みます。

今日のイセエビ・・・ 40キロ
posted by にゃー at 17:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする