魚体中骨抜き器販売中

2013年09月13日

実りの魚市場にズバッ

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:ワラサ 10.3トン、ワカシ 130キロ
       サバ 250キロ、小サバ 5.6トン
       マルソウダ 700キロ
「石橋」定置:休漁
「 岩 」定置:ワラサ 600キロ、ヤマトカマス 450キロ
       マルソウダ 470キロ、小サバ 230キロ
       ウスバハギ 100キロ
「原辰」定置:ヤマトカマス 1トン、小サバ 390キロ
       マルソウダ 250キロ
「江の安」定:ヤマトカマス 200キロ ほか
「二宮」定置:ワラサ 220キロ、ワカシ 170キロ
       ウルメ 450キロ、マイワシ 220キロ
       小サバ 740キロ、イナダ 100キロ
「福浦」定置:イナダ 850キロ ほか
「大磯」定置:アジ 190キロ、小アジ 130キロ
       小サバ 4.1トン

 伊豆方面からは、
「真鶴定置」:キハダ 640キロ、イナダ 150キロ
「沼津釣船」:釣タチウオ 40キロ

 東方面からは、
「腰越定置」:小アジ 20キロ
「佐島釣船」:釣カツオ 620キロ ほか

秋らしい魚が日に日に増える9月半ば。沖に台風も発生して秋らしさは増すばかり。今後はもっと秋らい地魚が増えてくれば、魚屋さんも秋色に染まり、買い手の方の食卓も秋モードへと移行することになるでしょう。秋の魚の代名詞「サンマ」は三陸での大漁を受けてようやく価格が手ごろになりつつある様で、遅ればせながら食卓に並びそうだ。小田原の「アジ」も同じように量的に増えて、価格的にも手頃になれば、多くの人の喜びへとつながるのだが。なかなかうまくいかない。それが自然相手の商売というもの。

今日のイセエビ・・・ 70キロ
posted by にゃー at 19:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする