2013年10月31日

お菓子をくれる魚市場

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:ホウボウ 300キロ、小イサキ 1トン
       サバ 450キロ、ウスバハギ 100キロ
       イサキ 120キロ
「石橋」定置:休漁
「 岩 」定置:小イサキ 80キロ、イボダイ 50キロ
「原辰」定置:サバ 100キロ、ヒラソウダ 100キロ
「江の安」定:休漁
「二宮」定置:休漁
「福浦」定置:ウスバハギ 150キロ、サバ 100キロ
「大磯」定置:イボダイ 50キロ ほか

 伊豆方面からは、
「真鶴定置」:アジ 100キロ、サバ 350キロ

 東方面からは、
「湘南沖曳」:生シラス 65キロ
「江ノ島網」:アカカマス 300キロ ほか

ハッピー・ハロウイ〜ン。「トリック オア トリート!」
え?何?はろいん?ココでそんなこと言ったって関係ないずらよ。
ハロウィンどころか、ハローワークで世話になった人の働く場所なら、むしろ「取りっぱぐれのない 取引をしろよ!」と言ってほしいものです。
お菓子をねだりに来たら、そりゃあげますよ。だって河岸ですからね。と連日の河岸ネタをかぶせる勢いから容易に想像ができるように、今朝の水揚げ状況えお見てもネタになるような話はまるでなかった。
月末らしい細々とした取引とあわせるかのように、水揚げも寂しい状態。寒々しい北風が吹けば気温と海水温の低下を実感しつつ、水産業界の周りはまるで経済新聞の報ずる景況感に反するかのような経済的停滞の話ばかり。どこにハッピーが転がっているというのか。我々パンピーにもわかるように飴と鞭で説明してほしいものです。

今日のイセエビ・・・ 25キロ
posted by にゃー at 18:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月30日

魚市場のホウボウ河岸話

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:小イサキ 3.5トン、ホウボウ 400キロ
       イサキ 200キロ、ショウゴ 100キロ
       サバフグ 250キロ
「石橋」定置:小イサキ 2.5トン、イサキ 100キロ
       サバ 400キロ
「 岩 」定置:小イサキ 350キロ、ヤマトカマス 150キロ
「原辰」定置:サバ 150キロ ほか
「江の安」定:休漁
「二宮」定置:サバ 100キロ ほか
「福浦」定置:ウスバハギ 150キロ、サバ 100キロ
「大磯」定置:イボダイ 150キロ ほか

 伊豆方面からは、
「真鶴定置」:アジ 210キロ、ホウボウ 150キロ

 東方面からは、
「江ノ島網」:アカカマス 350キロ ほか

2013_Hoppo.jpgくまもんの赤いほっぺを探していると、よく見たら「ホウボウ」が山でした。この時期に「ホウボウ」ってこんなに獲れたっけ?
方々で獲れることから「ホウボウ」と名が付いたとも言われますが、小田原の定置網で今、急に顔が見え始めています。
例年なら冬の寒い時期に増えてくるのですが、今年は寒くなりかけの10月末に出現とは、少し計画が狂ってしまった印象です。
そういえば同じ定置網では、ここ数日「イシダイ」の水揚げがまとまっていたし、昨日は近隣の定置網で冬に良く獲れる「メアジ」が大漁だったこともあるし、これは沿岸の海水が急に冷えたことを示しているのかもしれません。具体的に何度という数字はありませんが、先日の台風の影響で、少し深いところの冷たい海水が流れ込んだのか、はたまた空気が冬の空気に変わったことを察知して、深場から沿岸によってきてしまったのか。「カマス」の減少が如実に感じられる今日この頃、海は我々に冬が確実に近づいて来ていることを教えてくれます。

今日のイセエビ・・・ 10キロ
posted by にゃー at 17:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月29日

とある魚市場の秋模様

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:休漁
「石橋」定置:小イサキ 10トン、イサキ 700キロ
       イボダイ 800キロ
「 岩 」定置:イサキ 100キロ、イボダイ 100キロ
「原辰」定置:イサキ 100キロ、小イサキ 400キロ
       カワハギ 150キロ、ショウゴ 100キロ
「江の安」定:休漁
「二宮」定置:小イサキ 100キロ ほか
「福浦」定置:メアジ 4トン、カワハギ 150キロ
「大磯」定置:イボダイ 70キロ ほか

 東方面からは、
「湘南沖曳」:生シラス 30キロ
「片瀬釣船」:釣カツオ 120キロ、釣ヒラソウダ 160キロ

小田原は「アジ」の街。今日「福浦」から揚がってきたのは「メアジ」が4トン。
「メアジ」?「マアジ」でなくて?
2013_MEaji.jpgそう「メアジ」。目が大きいアジだから「メアジ」と言われます。その他、特徴としてはツルンとした表面にメタリカルな光沢と丸っこい体つきが目立ちます。
なんかダサソ〜?と思ったアナタ。まずは味わってみて。新鮮な「メアジ」は刺身にしても良いが、薬味を効かせてタタキにするのが通好み。あとは少ない脂を補う意味でフライにすれば厚い身の食べ応えとふんわり仕上がりで満足間違いなし。
本物「マアジ」の相場は少なく高騰しているが、あふれる「メアジ」の相場はダイソーレベルで、財布も満足。こんな愉快な魚、あるかしら?

今日のイセエビ・・・ 20キロ
posted by にゃー at 15:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月28日

食えと言われて食わぬ魚市場

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:アジ 190キロ、小イサキ 4.6トン
       サバフグ 410キロ、ホウボウ 230キロ
       ヒラソウダ 130キロ、ショウゴ 240キロ
       ウスバハギ 160キロ、アカカマス 200キロ
       ヤマトカマス 1.6トン、イボダイ 610キロ
       イサキ 500キロ、メアジ 260キロ
       チダイ 80キロ
「石橋」定置:休漁
「 岩 」定置:休漁
「原辰」定置:小イサキ 4.3トン、イサキ 290キロ
       ショウゴ 160キロ、アオリイカ 50キロ
「江の安」定:休漁
「二宮」定置:サバ 380キロ ほか
「福浦」定置:ショウゴ 560キロ、イサキ 160キロ
       コショウダイ 210キロ、ワラサ 120キロ
       ヘダイ 350キロ、カゴカキダイ 80キロ
       カワハギ 80キロ
「大磯」定置:休漁

 伊豆方面からは、
「沼津釣船」:釣タチウオ 50キロ
「川奈杉本」:ボラ 70キロ、メジナ 40キロ

 東方面からは、
「江ノ島網」:アカカマス 200キロ ほか

20131028_fesque.jpg「クエ」祭キタ〜!ということで、魚種の豊富さが売りの秋の定置網に、今朝は「米神・原辰・福浦」の3箇統で「クエ」が入網。合計で10匹を超えるという大集合を記録致しました。しかも、そのどれもが3キロ弱から5キロくらいまでの超お手頃お買い得サイズで、見るからに高級そう。その眼光鋭いピリピリ感は、もはや魚が買い手を選ぶという位の近づきがたさ。当然の高値で競り落とされたセレブたちは、リムジンで運ばれていきましたが、結局買えずじまいの残された者たちは、いつかこの手で競り落として、幻の高級魚を味わってやるんだと改めて心に誓っていました。
それでも高級魚は、高級魚にふさわしい料理人が調理して、初めて立派な料理になり、お金が取れるのだと思うので、我々素人が思いつきで手を出しても、感動的な味覚を味わえるかどうかは疑問が残るところですけどね。

今日のイセエビ・・・ 10キロ
posted by にゃー at 17:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月26日

嵐の中で魚市場は過剰演出

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:ショウゴ 510キロ、小イサキ 3.5トン
       ウスバハギ 250キロ、カワハギ 100キロ
       ヤマトカマス 450キロ、サバ 360キロ
       アジ 140キロ、サバフグ 200キロ
       ホウボウ 90キロ、マルソウダ 200キロ
       イボダイ 130キロ、イサキ 310キロ
       ムロアジ 100キロ、メアジ 70キロ
       イナダ 160キロ
「石橋」定置:小イサキ 6.6トン、イサキ 180キロ
       アジ 70キロ、ショウゴ 60キロ
       ヒラソウダ 280キロ
「 岩 」定置:休漁
「原辰」定置:小イサキ 1トン、コショウダイ 100キロ
       イサキ 200キロ、ショウゴ 120キロ
「江の安」定:休漁
「二宮」定置:休漁
「福浦」定置:休漁
「大磯」定置:休漁

 東方面からは、
「佐島釣船」:釣キメジ 230キロ ほか

台風直前の一瞬の凪をついて飛び出した大漁丸と共栄丸。風雨と波浪の中、相模湾に仕掛けた定置網を目指す。夜中の地震の騒ぎを他所に、懸命に手繰る網。もはや雨だか波飛沫だか分からないくらいびしょ濡れの中、連日の大漁に顔もほころぶ。
選別するのも大変なくらいに魚種が獲れ、売場は色とりどり。台風接近の影響によるものか、ここ数日間の魚種増大は「米神」定置で際立っている。「小イサキ」も多いが、それに混じって獲れてくる魚種の多さは「米神」の看板とも言えるバラエティに富んだ漁場の豊かさを物語る。
来週も大漁が続くと良いね。来週は台風は来なくて良いから。

今日のイセエビ・・・ 若干
posted by にゃー at 15:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月25日

魚市場のラマーズ法

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:イサキ 710キロ、ショウゴ 300キロ
       ヒラソウダ 140キロ、マルソウダ 320キロ
       ヤマトカマス 700キロ、サバ 220キロ
       メアジ 80キロ、イボダイ 100キロ
       サバフグ 100キロ、小イサキ 7.6トン
「石橋」定置:休漁
「 岩 」定置:休漁
「原辰」定置:小イサキ 4.2トン、イサキ 460キロ
「江の安」定:休漁
「二宮」定置:サバ 110キロ、アジ 50キロ
       イボダイ 50キロ
「福浦」定置:休漁
「大磯」定置:休漁

 東方面からは、
「江ノ島網」:ショウゴ 100キロ、サゴシ 120キロ

ヒーヒーフー。接近してくる台風がひい、ふう。
ヒーヒーフー。「小イサキ」が山で、こちとらヒーヒー。
台風の為か、漁場の水揚げ少なく、今日は朝からヒーマー。
明日はさらに接近する台風に厳重警戒だが、どうやら思った以上の沖通りで雨風の影響少なければ、水揚げも普通に出来るのでは?と期待もしつつ、警戒を緩めず明日の安産に備えたいと思います。ヒーフー。

今日のイセエビ・・・ 若干
posted by にゃー at 14:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月24日

魚市場を守る為の避難と防災

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:アジ 100キロ、マルソウダ 400キロ
       小イサキ 4.9トン、ショウゴ 250キロ
       サバ 550キロ、ヤマトカマス 600キロ
       ヒラソウダ 1トン、ウスバハギ 250キロ
       イサキ 750キロ
「石橋」定置:イサキ 150キロ、小イサキ 5トン
       サバ 100キロ、ウスバハギ 40キロ
「 岩 」定置:ウスバハギ 250キロ、ヤマトカマス 150キロ
「原辰」定置:イサキ 150キロ、ショウゴ 300キロ
       ヒラソウダ 300キロ
「江の安」定:休漁
「二宮」定置:サバ 200キロ、ウスバハギ 80キロ
「福浦」定置:ショウゴ 2.2トン、ヘダイ 1トン
       メアジ 750キロ、イナダ 150キロ
「大磯」定置:休漁

 伊豆方面からは、
「沼津底曳」:ショウゴ 20キロ ほか
「川奈杉本」:メジナ 750キロ ほか

 東方面からは、
「江ノ島網」:アカカマス 200キロ、メアジ 150キロ

こんな台風じゃあ今年の「さかなまつり」は中止だね。
ということで、今年は最初から開催の予定無く、寂しい10月の週末となってしまいましたが、昔はこの時期の日曜日といえば漁港で開催される「さかなまつり」が人気で、夏の「みなとまつり」同様に人を集めていました。この一年に揚がった珍しい魚の展示や魚種豊富な時期らしく、揚がった地魚の販売やマグロ解体ショーなど盛り沢山の内容だったのですが、近年の不況や水産業界の低迷などもあって行われなくなってしまいました。毎年楽しみにしていた人も多く、残念との声を今でもたくさん耳にします。
その代わりに春には「小田原あじ・地魚まつり」なる即売会が行われるようになりましたし、今後は春に軸足を移し、新たな水産からの町おこし、魚おこしを勧めようという考えらしいです。その祭まで、まだもう少し時間が必要ですが、魚市場ファンにはもう少し辛抱して頂いて、待ちわびた春の祭を思いっきり楽しんで頂きたいと思います。

今日のイセエビ・・・ 10キロ
posted by にゃー at 17:42| Comment(1) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月22日

魚市場は俺が引き受けた

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:ヤマトカマス 2トン、イサキ 850キロ
       小イサキ 3トン、マルソウダ 1.2トン
       モロ 200キロ、小サバ 600キロ
       メアジ 540キロ、ショウゴ 250キロ
       アジ 300キロ、ヒラソウダ 4.2トン
       サバ 200キロ
「石橋」定置:休漁
「 岩 」定置:休漁
「原辰」定置:ショウゴ 150キロ、マルソウダ 700キロ
       ヒラソウダ 3トン
「江の安」定:休漁
「二宮」定置:小イサキ 250キロ ほか
「福浦」定置:休漁
「大磯」定置:休漁

 伊豆方面からは、
「熱海丸網」:ショウゴ 150キロ、ヒラソウダ 200キロ
「川奈杉本」:小サバ 500キロ ほか

 東方面からは、
「江ノ島網」:クロマグロ 27キロ(1本)、メアジ 500キロ
       ヘダイ 150キロ、ショウゴ 200キロ

休漁が相次ぐ中、二日連続の大漁で魚市場を賑わせた「米神」定置の漁師全員が、どうだとばかりのドヤ顔で多種多様な魚種の選別と箱詰め水揚げ作業を行っていた。
台風の影響も少なくない中の操業となった今朝、いつもより高めの波を乗り越え乗り越え、網を締めるとロケット弾サイズにまで成長した「ヒラソウダ」がわんさか。網の廻りが銀色に染まる中、「イサキ」や「カマス」と混じって「アジ」もいつもより多く、さらに多くの魚が入網していた。
これだけの品揃えは、そんじょそこらの網には出来ない芸当だと言わんばかりのもので、後半「江ノ島」定置が「クロマグロ」を持ち込んで乱入したかに見えたが、あまりの品数に買受人を圧倒。見事、今朝は一人勝ちを演じた。
さて、明日の休市を挟んで木曜以降の網の動向だが、台風の動きが鈍いままなので、おそらく木曜の操業には支障がないものと思われますが、金曜以降は台風接近によりかなり微妙な様相。それでも台風の動き一つで○にも×にもなる可能性を秘めており、どっちに転んでも泥んこのリスクは免れない見込み。木曜の天候次第でランディングかゴーアラウンドが決まるだろう。

今日のイセエビ・・・ 10キロ
posted by にゃー at 15:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月21日

魚市場でランデブー

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:マルソウダ 2.2トン、小イサキ 9.1トン
       ヒラソウダ 5.6トン、小サバ 600キロ
       ヤマトカマス 1.4トン、モロ 300キロ
       ウスバハギ 200キロ、サバ 170キロ
       メアジ 660キロ、イサキ 1.2トン
       ショウゴ 160キロ、アジ 80キロ
「石橋」定置:休漁
「 岩 」定置:ヤマトカマス 830キロ、メアジ 160キロ
       モロ 70キロ、アジ 60キロ
「原辰」定置:ウスバハギ 150キロ、ショウゴ 880キロ
       ヒラソウダ 1.7トン、イサキ 110キロ
       マルソウダ 180キロ、小イサキ 80キロ
「江の安」定:休漁
「二宮」定置:アジ 200キロ、イサキ 160キロ
       小サバ 280キロ、サバ 150キロ
       ヤマトカマス 90キロ、メアジ 60キロ
       小イサキ 460キロ
「福浦」定置:ヒラソウダ 1.1トン、メアジ 1.2トン
       ウスバハギ 80キロ
「大磯」定置:休漁

 伊豆方面からは、
「川奈杉本」:メジナ 370キロ ほか

 東方面からは、
「平塚定置」:アジ 80キロ
「江ノ島網」:メアジ 380キロ、アカカマス 100キロ
       ヘダイ 220キロ、ショウゴ 130キロ

おいおい、台風2発着々と接近中。これを受けて定置網には多くの魚が避難中。これ幸いと水揚げ完了。明日もよろしく。これで終了。

今日のイセエビ・・・ 10キロ
posted by にゃー at 18:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月19日

魚市場てんやわんや

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:休漁
「石橋」定置:小イサキ 11トン、ヒラソウダ 600キロ
       ショウゴ 1トン、イサキ 1トン
       ヘダイ 75キロ、ムロアジ 80キロ
「 岩 」定置:ヤマトカマス 1.1トン、小サバ 400キロ
       モロ 370キロ
「原辰」定置:イサキ 360キロ、ヒラソウダ 1.2トン
       小イサキ 1トン、ショウゴ 900キロ
       小サバ 550キロ、モロ 140キロ
       ウスバハギ 100キロ
「江の安」定:休漁
「二宮」定置:アジ 170キロ、小イサキ 140キロ
       イサキ 140キロ、サバ 80キロ
「福浦」定置:メアジ 170キロ、ヒラソウダ 400キロ
       イナダ 100キロ、ウルメイワシ 300キロ
       クロマグロ 2本(100キロ)
「大磯」定置:休漁

 伊豆方面からは、
「熱海丸網」:ショウゴ 160キロ
「沼津釣船」:釣タチウオ 60キロ
「川奈杉本」:メジナ 180キロ、イシガキダイ 100キロ

 東方面からは、
「江ノ島網」:ショウゴ 970キロ、マルソウダ 600キロ
       メアジ 220キロ、ヒラソウダ 1.2トン
       ウスバハギ 110キロ、小サバ 250キロ
「湘南地引」:活マダイ、活スズキ ほか
「湘南沖曳」:生シラス 30キロ

20131019_tenten.jpg「ショウゴ」が増えると秋。「ウスバハギ」が多くなると秋。展示会が開かれると秋。
ということで今年も恒例の年末商品展示会が行われました。鮮魚部も当然の出品で各地の新鮮魚介類や加工品を中心に陳列を致しました。気になった商品やご質問があれば、後日でも担当者に何なりとご相談下さい。ご検討をよろしくお願いいたします。
さて、今朝の定置網はまだまだ台風の影響で操業した定置網は少ないものの、魚種豊富で並び、てんやわんやの大賑わいでした。
20131019_oban.jpg漫才師のてんや・わんやと言えば、名前の由来は「獅子文六」。大磯にも居住したかの文人の傑作と言えば、四国の田舎者が兜町で相場師となって大成する立志伝「大番」が面白い。つい最近、念願のビデオを観ることができ(しかし4部作の内、3部までしかレンタルがなかった)、死ぬまでに達成したい目標の一つを消すことが出来た。そのそばで今朝の港内に一羽の黒い鳥が。
20131019_obandao.jpgずんぐりしていて嘴から顔にかけて白い色。おおおっ、OH!、お、おう。「オオバン(大鷭)」。こちらも初めて見た。
南からは台風、北からは渡り鳥。確かに向こうでは雪の声も聞こえていると言うが、一体今の季節はなんなのか。毎年のことではあるが、季節感が無くなりつつあり、ありきたりだが心配だ。

今日のイセエビ・・・ 若干
posted by にゃー at 15:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月18日

スパイスの効いた魚市場

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:休漁
「石橋」定置:小イサキ 6トン、イサキ 480キロ
「 岩 」定置:ヤマトカマス 200キロ ほか
「原辰」定置:イサキ 90キロ、ショウゴ 380キロ
       アオリイカ 70キロ、ヒラソウダ 120キロ
       ヤマトカマス 100キロ、小イサキ 100キロ
「江の安」定:休漁
「二宮」定置:休漁
「福浦」定置:ショウゴ 1.5トン、イサキ 180キロ
       イナダ 60キロ、コショウダイ 60キロ
       ワラサ 60キロ、イボダイ 50キロ
「大磯」定置:休漁

 伊豆方面からは、
「沼津釣船」:釣タチウオ 40キロ
「川奈杉本」:コショウダイ 100キロ、メジナ 120キロ

 東方面からは、
「平塚定置」:アジ 若干
「片瀬沖曳」:生シラス 260キロ
「湘南沖曳」:生シラス 60キロ

台風後は決まって「イサキ」。昨日の三浦は三崎もそうだったが、コチラの網にも「コショウダイ」の群れがチラホラと。「コショウダイ」は「イサキ」の仲間であることからも、行動パターンが似ているのかも。味も「イサキ」に負けず美味しいと評判は、年々高まるばかり。夏から秋にかけて美味しくなる魚として人気は拡大しております。
多種大漁の「福浦」定置を除いて、どの網も入れたばかりだったり、汐早の影響だったりで漁獲は少なめ、まだまだ満足に操業できているところも少なく、明日以降に期待は掛かるが、まだまだ魚は少ないか?

今日のイセエビ・・・ 40キロ
posted by にゃー at 14:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月17日

思春期をこじらせた魚市場

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:休漁
「石橋」定置:休漁
「 岩 」定置:休漁
「原辰」定置:休漁
「江の安」定:休漁
「二宮」定置:休漁
「福浦」定置:休漁
「大磯」定置:休漁

 東方面からは、
「片瀬沖曳」:生シラス 80キロ

20131017_asahi.jpg海の機嫌が悪い時はこんなもん。中2の頃は誰でもこんなもん。
一過性の台風が過ぎ去れば、新しいブームがやって来る。熱中することがあることは良いことだ。何に夢中になったって良い。人の道さえ外さなければ。
網の魚も全く一緒。季節が変われば新しい魚がやってくる。旬という名のブームがやって来る。多くの漁師、顧客は、それらを夢中になって獲り、売る。何が獲れたって良い、魚と名のつくものならば。

今日のイセエビ・・・ 40キロ
posted by にゃー at 17:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月16日

今朝の魚市場は七つ星

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:休漁
「石橋」定置:休漁
「 岩 」定置:休漁
「原辰」定置:ヤマトカマス 170キロ ほか
「江の安」定:休漁
「二宮」定置:休漁
「福浦」定置:休漁
「大磯」定置:休漁

20131016_afun.jpg唯一の水揚げ(昨日の網揚げによる漁獲)のあった「原辰」定置を除いた七箇統の定置網は、星と言うより「干し」の一日。
現実には台風による豪雨と強風で網干しもできず、網も心も乾き切らず、煮え切らず。
昼を過ぎても”うねり”ものすごく、網入れも満足に出来ず、明日の水揚げもままならないママ。このまま2連休ともなれば、まるで1泊2日の九州一周旅行にでも出た気分。いい旅夢気分とは良く言ったものだが、ここ小田原は無い網セブンイレブン。
明日は、網を残した一部定置網の水揚げこそ期待できるものの、まだ多くの定置網の網は抜いたままであり、水揚げ期待値は40%という所か。

今日のイセエビ・・・ なし
posted by にゃー at 12:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月15日

魚市場は国益の防波堤

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:ヤマトカマス 940キロ、サバ 470キロ
       アジ 200キロ、ヒラソウダ 340キロ
       モロ 430キロ、小イサキ 180キロ
       ウルメイワシ 100キロ
「石橋」定置:ヤマトカマス 700キロ、サバ 660キロ
       モロ 280キロ、小イサキ 120キロ
「 岩 」定置:ヤマトカマス 1.3トン、モロ 480キロ
       サバ 160キロ、ウルメイワシ 90キロ
       小サバ 160キロ、シイラ 100キロ
       小イサキ 460キロ
「原辰」定置:ヤマトカマス 280キロ、ヘダイ 70キロ
       ショウゴ 130キロ
「江の安」定:ヤマトカマス 200キロ、モロ 140キロ
       小イサキ 200キロ
「二宮」定置:サバ 1.5トン、アジ 580キロ
       小イサキ 770キロ、小サバ 310キロ
       ヤマトカマス 210キロ
「福浦」定置:メアジ 480キロ、アジ 250キロ
       ショウゴ 190キロ、ワラサ 100キロ
「大磯」定置:ヤマトカマス 460キロ、アジ 400キロ
       小イサキ 130キロ、サバ 300キロ
       ショウゴ 90キロ

 伊豆方面からは、
「真鶴定置」:ワラサ 150キロ、ウルメイワシ 240キロ
       モロ 90キロ、ヒラソウダ 80キロ
「川奈杉本」:ヤマトカマス、イシガキダイ ほか

 東方面からは、
「平塚定置」:アジ 300キロ
「平塚刺網」:ボラ 160キロ
「江ノ島網」:アジ 140キロ、マルアジ 140キロ
       カマス 600キロ、小イサキ 1.5トン
「片瀬釣船」:釣カツオ 60キロ

小田原  (釣)サゴシ    100キロ
     (釣)サバ      100キロ
     (釣)クロシビカマス 40キロ
     (素潜)アワビ    120キロ

「嵐の前のV6」という格言をいう奥様はいるが、「KinkiKidsの前のV6」という人はいない(むしろKinkiKidsよりV6の方が先だと知っている人の方が少ない)。
「嵐の前の静けさ」とは言うが、「嵐の前の大繁盛」とは聞いたことがない。
そんな今朝は、どこの定置も連休明けのモミモミ明けで、魚も「イセエビ」も多かった。
といっても大繁盛ほどではなかった。種類こそ多かったものの、量はそこまで多くもなく、「イサキ」や「カマス」にしても盛り上がりは今ひとつであった。
その中途半端な盛り上がりに対して、接近してくる台風の警戒態勢は盛り上がりを増してきている。今年度最大にして最強というマスコミキャンペーンに踊らせれてか、真剣に受け止めてか、定置網の防衛体制はほぼ完璧の陣容。多くの定置網で網抜きもしくはそれに近い体勢が取られ、明日はほぼ水揚げの期待値はゼロ。朝の魚市場開市時に最も接近のピーク、もしくは上陸の可能性も考慮して、できるだけ被害を防ぐ対応をいまから準備しなければならないだろう。
明日の営業時間中の仕事は、魚の販売よりもむしろ、被害をいかに食い止めるか、それに尽きることになりそうだ。

今日のイセエビ・・・ 100キロ
posted by にゃー at 15:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月12日

とんとんとんからりと魚市場

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:小イサキ 5.5トン、ヒラソウダ 650キロ
       イサキ 220キロ、ヤマトカマス 780キロ
       小サバ 280キロ、モロ 100キロ
「石橋」定置:小イサキ 2.5トン、イサキ 170キロ
       サバ 260キロ、ヤマトカマス 270キロ
       ヒラソウダ 280キロ
「 岩 」定置:小イサキ 1.6トン、イサキ 110キロ
       ヤマトカマス 320キロ
「原辰」定置:小イサキ 120キロ、ヒラソウダ 100キロ
       アジ 70キロ、ヤマトカマス 60キロ
「江の安」定:小イサキ 280キロ、ヤマトカマス 40キロ
「二宮」定置:小イサキ 130キロ、イサキ 100キロ
       サバ 100キロ、ヤマトカマス 70キロ
「福浦」定置:アジ 200キロ、メアジ 780キロ
「大磯」定置:休漁

 伊豆方面からは、
「川奈杉本」:ヤマトカマス 250キロ ほか

ここも「小イサキ」、隣も「小イサキ」。あっちも「小イサキ」、向かいも「小イサキ」。どこまで続く「小イサキ」ロード。
そして暑い。この暑さ、異常である。の、割に「シイラ」や「トビウオ」などいつもの夏の定番魚は少なかった今年である。異常である。
困ったものである。

今日のイセエビ・・・ 30キロ
posted by にゃー at 13:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月11日

尋常小魚市場

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:休漁
「石橋」定置:小イサキ 7トン、イサキ 240キロ
       ヒラソウダ 200キロ、サバ 980キロ
       小サバ 150キロ
「 岩 」定置:小イサキ 2.7トン、サバ 350キロ
       ヤマトカマス 400キロ、シイラ 100キロ
       イサキ 140キロ
「原辰」定置:ヤマトカマス 510キロ、ショウゴ 170キロ
       ヒラソウダ 200キロ
「江の安」定:小イサキ 320キロ ほか
「二宮」定置:小イサキ 1.7トン、サバ 400キロ
       ヤマトカマス 200キロ
「福浦」定置:メアジ 130キロ、アジ 90キロ
「大磯」定置:ヤマトカマス 360キロ、小サバ 480キロ
       ショウゴ 210キロ、ヒラソウダ 110キロ
       小イサキ 700キロ

 伊豆方面からは、
「沼津底曳」:ショウゴ、ワカシ ほか

 東方面からは、
「江ノ島網」:マルアジ 180キロ、小イサキ 100キロ

小田原  (釣)クロシビカマス、(釣)ゴマサバ ほか

20131008_pecha.jpgちっぱいは正義。
ちっちゃい「イサキ」は勇気。
ちいさな魚市場は転機。

今日のイセエビ・・・ 20キロ
posted by にゃー at 16:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月10日

魚市場の焼け木杭に着火せよ

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:サバ 1.4トン、ヤマトカマス 1.5トン
       小イサキ 4.3トン、イサキ 250キロ
「石橋」定置:休漁
「 岩 」定置:サバ 410キロ、ヤマトカマス 1.6トン
       小イサキ 520キロ、マルソウダ 180キロ
「原辰」定置:ヤマトカマス 500キロ、小イサキ 840キロ
「江の安」定:ヤマトカマス 170キロ、小イサキ 560キロ
「二宮」定置:サバ 680キロ、ヤマトカマス 140キロ
       小イサキ 1トン
「福浦」定置:アジ 290キロ ほか
「大磯」定置:アジ 280キロ、ヤマトカマス 160キロ
       小サバ 2.6トン、マルソウダ 340キロ
       小イサキ 1.4トン、マルアジ 100キロ

 伊豆方面からは、
「川奈杉本」:アジ、メジナ ほか

 東方面からは、
「平塚定置」:アジ、イボダイ ほか
「湘南沖曳」:生シラス 10キロ

我が家のビデオはβで、その後LDとMDを一気に揃え、ゲームは当然セガサターン。その後、Windows Meを導入し、ネットのブラウザは意地でもNetscape派で、ホームページはライブドア。堂々とプラズマテレビを買い、携帯電話はもちろんノキア。自慢のハイブリッド車はホンダのインサイト、それに乗って出かける先はカルフール。ランチはバーガーキングで、就職先は魚市場、って。
まるでこの時期に獲れる「ミズカマス」のような人生。「小イサキ」は小粒でもピリリと痛い。

今日のイセエビ・・・ 30キロ
posted by にゃー at 18:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月08日

魚市場スペシャル’13秋

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:休漁
「石橋」定置:小イサキ 6.6トン、イサキ 200キロ
       サバ 660キロ、モロ 400キロ
       カツオ 160キロ、マルソウダ 720キロ
「 岩 」定置:ワラサ 980キロ、小イサキ 3.2トン
       イサキ 210キロ
「原辰」定置:小イサキ 3.1トン、イサキ 120キロ
       マルソウダ 280キロ
「江の安」定:小イサキ 600キロ、イサキ 200キロ
「二宮」定置:小イサキ 1.2トン、イサキ 120キロ
       サバ 740キロ、ヤマトカマス 250キロ
「福浦」定置:ショウゴ 120キロ、ヒラソウダ 90キロ
       ワラサ 60キロ、ウルメイワシ 50キロ
「大磯」定置:アジ 130キロ、ヤマトカマス 400キロ
       小サバ 1.2トン

 伊豆方面からは、
「真鶴定置」:サバ 320キロ、シイラ 120キロ
「川奈杉本」:メジナ、ダツ ほか

 東方面からは、
「平塚定置」:アジ 380キロ
「湘南沖曳」:生シラス 20キロ

台風後の「小イサキ」は定番として安定するも、台風前に「小イサキ」が沸くたあ予想していなかった。
いきなり今日の今日で10トン以上もの水揚げ。これで明日の休市日を通過する台風24号が行った後の定置網はどうなってしまうのでしょうか?
台風そのものの被害としてはそれほど無いとは思うが、その後の山のような「小イサキ」の水揚げを考えるともはや「姉さん、事件です」。

今日のイセエビ・・・ 10キロ
posted by にゃー at 17:35| Comment(1) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月07日

誰もがほっとする魚市場

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:マルソウダ 18トン、サバ 2.6トン
       カツオ 85キロ、小イサキ 1トン
       イサキ 160キロ、ワラサ 80キロ
       モロ 160キロ、ヤマトカマス 2.8トン
「石橋」定置:休漁
「 岩 」定置:ヤマトカマス 3.8トン、モロ 340キロ
       マルソウダ 2.4トン、サバ 3.3トン
       ワラサ 160キロ
「原辰」定置:ヤマトカマス 2.3トン、サバ 800キロ
       マルソウダ 280キロ、小サバ 200キロ
「江の安」定:ヤマトカマス 200キロ、サバ 140キロ
       イサキ 100キロ、小イサキ 110キロ
「二宮」定置:サバ 2.3トン、ヤマトカマス 560キロ
       アジ 70キロ、小イサキ 220キロ
       イサキ 120キロ
「福浦」定置:ワラサ 220キロ、カツオ 150キロ
「大磯」定置:アジ 250キロ、ヤマトカマス 1.7トン
       サバ 2.2トン、マルソウダ 220キロ
       マルアジ 100キロ

 伊豆方面からは、
「沼津底曳」:アカカマス、ヤマトカマス ほか

 東方面からは、
「平塚定置」:アジ 110キロ
「江ノ島網」:アジ 80キロ ほか

ここんとこ「カツオ」が定置網に入ってきている。今朝など「福浦」定置で150キロも獲れ、型と付きの良さから値段もなかなかで競り落とされており、今後の漁獲動向が無視できない。
近年、「ヒラソウダ」の漁獲が減少しているようにも感じていたが、定置網で「カツオ」がここまで獲れる事も珍しい事だ。魚の中の”超熟”と言われるように、モッチモチの身質は典型的な「戻りガツオ」の特徴で、脂乗りも良いことから当然の返り注文が有り、魚が出る度に値が上がっていく状況である。まして今朝獲れの最高鮮度で味わう「カツオ」の食感は、格別。数日置いて身に独特の質感が出てから下ろすのも良いが、薬味もいらない鮮度感で食す「カツオ」は、サッパリとした中にコクがあり、非常に美味である。
今、ホットの炭酸飲料が流行っているという話を聞くが、清涼感の中にある安心感という意味では、まさに今朝獲れの「カツオ」が同じではないだろうか。
近隣定置網は「マルソウダ」中心の漁獲が続いているが、その中に紛れている「カツオ」と言う名の「お宝」を探して、明日も一生懸命に網を手繰ることだろう。

今日のイセエビ・・・ 10キロ
posted by にゃー at 17:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月05日

魚市場ソウダ濃い時雨

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:マルソウダ 27トン、小イサキ 100キロ
       サバ 1.5トン、ヤマトカマス 400キロ
「石橋」定置:休漁
「 岩 」定置:マルソウダ 2.3トン、モロ 320キロ
       ワラサ 100キロ、小イサキ 140キロ
       サバ 150キロ、ヤマトカマス 3.3トン
「原辰」定置:マルソウダ 1トン、サバ 1.5トン
       ヤマトカマス 1.3トン
「江の安」定:ヤマトカマス 350キロ ほか
「二宮」定置:サバ 1.4トン、ヤマトカマス 220キロ
       マルソウダ 120キロ
「福浦」定置:ヒラソウダ 140キロ ほか
「大磯」定置:アジ 550キロ、マルソウダ 90キロ
       サバ 1トン、ヤマトカマス 330キロ

 伊豆方面からは、
「熱海丸網」:ヤマトカマス 500キロ ほか

 東方面からは、
「平塚定置」:アジ 120キロ ほか

そろそろ「ソウダ」が来たそうだ。沖縄沖の台風の影響を受けてか、朝から風が強く、雨が降ったり止んだりの不安定な天候の中、小田原の「米神」定置は「カマス」・「イサキ」を「どけどけ」とばかりに「総打破」して入網した「マルソウダ」一色に染まった。
この影響は「岩」定置にも見られ、これから「マルソウダ」が増えてくる可能性がある。例年、「マルソウダ」の爆発的漁獲があるのもこの時期であり、その兆候と捉えても差し支えはあるまい。

今日のイセエビ・・・ 10キロ
posted by にゃー at 16:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月04日

白米持参推奨魚市場

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:サバ 410キロ、ヤマトカマス 1.1トン
       小イサキ 1.7トン、マルソウダ 950キロ
       ワラサ 220キロ、モロ 700キロ
「石橋」定置:ヤマトカマス 700キロ、マルソウダ 950キロ
       小イサキ 1.7トン、モロ 760キロ
「 岩 」定置:ヤマトカマス 2.8トン、モロ 290キロ
       ワラサ 550キロ、小イサキ 600キロ
       マルソウダ 280キロ
「原辰」定置:ヤマトカマス 740キロ、小イサキ 270キロ
「江の安」定:ヤマトカマス 230キロ ほか
「二宮」定置:ワラサ 810キロ、小イサキ 310キロ
       サバ 290キロ、ヤマトカマス 1.1トン
「福浦」定置:ウスバハギ 130キロ、アカカマス 40キロ
       イサキ 50キロ
「大磯」定置:アジ 360キロ、サバ 140キロ
       ウスバハギ 70キロ

 東方面からは、
「江ノ島網」:アジ 180キロ ほか

今朝もた〜んとおいしい魚が獲れましたよ、と。今獲れている魚が旬であり、食べ頃ですよ、と。
青い魚に赤い魚、白い魚に黒い魚、茶色い魚に黄色い魚、実に様々、多種多様。全種類食べたことある人なんているのでしょうか?いいですね、相模湾。近くて遠い、神秘の海。
小田原も近くて遠い、不思議の街。

今日のイセエビ・・・ 20キロ
posted by にゃー at 15:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月03日

魚市場の絶対的エース

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:ヤマトカマス 8.1トン、ワラサ 330キロ
       サバ 110キロ、小イサキ 1.7トン
       マルソウダ 260キロ
「石橋」定置:休漁
「 岩 」定置:ヤマトカマス 4.5トン、小イサキ 200キロ
       イサキ 140キロ、サバ 160キロ
「原辰」定置:ヤマトカマス 620キロ、サバ 290キロ
       イサキ 70キロ、小イサキ 700キロ
「江の安」定:ヤマトカマス 220キロ、イサキ 240キロ
       小イサキ 210キロ
「二宮」定置:ヤマトカマス 380キロ、サバ 250キロ
「福浦」定置:アカカマス、カマスサワラ ほか
「大磯」定置:アジ 220キロ、ヤマトカマス 230キロ
       マルアジ 110キロ、サバ 190キロ
       小サバ 1.4トン

 伊豆方面からは、
「川奈杉本」:ヤマトカマス 320キロ、ボラ 1.1トン

 東方面からは、
「平塚定置」:アジ 120キロ
「江ノ島網」:アジ 200キロ、メアジ 220キロ
「湘南沖曳」:生シラス 50キロ

「カマス」の街、小田原へようこそ。
思わずそう口走りたくなる最近の水揚げ。
楽天の絶対的エースは「マー君」。秋の小田原のエースは「カマー君」
その「カマス」は堂々たる大きさにもなり、もはや干物にフライに焼き物にと目下活躍中。来月まで水揚げは見込まれ、まだまだ使い道は拡大中。現在、27連続営業日大漁水揚げ継続中(未確認)。
他、「ワラサ」や「サバ」などの青魚に混じって「ウルメイワシ」の大きめも混じりつつあり、今年は「イワシ」類が少ない中にあって、そろそろまとまった姿を見せるか、期待が掛かります。

今日のイセエビ・・・ 40キロ
posted by にゃー at 17:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月02日

20年に一度の魚市場

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:ヤマトカマス 11.4トン、サバ 530キロ
       ウルメイワシ 90キロ、小イサキ 720キロ
「石橋」定置:休漁
「 岩 」定置:ヤマトカマス 5トン、サバ 140キロ
「原辰」定置:ヤマトカマス 1.5トン、サバ 150キロ
「江の安」定:ヤマトカマス 360キロ ほか
「二宮」定置:ヤマトカマス 1.2トン、サバ 650キロ
       イサキ 110キロ
「福浦」定置:ウスバハギ 80キロ、アカカマス 70キロ
「大磯」定置:アジ 260キロ、小サバ 440キロ
       マルアジ 110キロ、サバ 100キロ
       ヤマトカマス 300キロ

 東方面からは、
「平塚定置」:アジ 170キロ
「江ノ島網」:アジ 220キロ、ハマダツ 90キロ

連日連夜、もとい連日連朝、「ヤマトカマス」の穫れ続け。
台風通過でまた暑くなったり、風が吹いたり、気候の変化は体への負担も大きいが、海の中への影響も気になります。「シイラ」や「ダツ」などの顔も見えて、明日以降、また魚が多くなりそうな気もしますが、どこまで増えるか神のみぞ知るというところです。

今日のイセエビ・・・ 若干
posted by にゃー at 14:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月01日

魚市場では鮮魚の儀

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:ヤマトカマス 3.3トン、モロ 320キロ
       小イサキ 840キロ
「石橋」定置:ヤマトカマス 280キロ、小イサキ 2.4トン
       イサキ 180キロ、モロ 300キロ
「 岩 」定置:ヤマトカマス 4.9トン、小イサキ 200キロ
「原辰」定置:ヤマトカマス 1.5トン、イサキ 80キロ
       小イサキ 430キロ
「江の安」定:ヤマトカマス 400キロ ほか
「二宮」定置:ヤマトカマス 280キロ、サバ 900キロ
       小サバ 280キロ
「福浦」定置:ショウゴ 40キロ、カワハギ 50キロ
       イナダ 50キロ、アカカマス 60キロ
「大磯」定置:アジ 170キロ、小サバ 770キロ
       サバ 100キロ

 東方面からは、
「平塚定置」:アジ 60キロ ほか
「江ノ島網」:アジ 350キロ、ショウゴ 100キロ
「湘南沖曳」:生シラス 30キロ

10月、魚種豊富な時期になってきて、いよいよ秋本番。消費税増税も決まり、多くの取り組みが行われる予定の今月。魚市場も賑やかになって参りました。
明日は相模湾のはるか沖を台風22号が通過する見込みですが、勢力からみても波浪や風雨など沿岸に影響は少ないとみられます。ただ、昨日から沖では風が強く吹き付けているようで、一部に影響があるものと思われます。
昨晩には伊東沖で小田原に向かっていたいつもの「カツオ」釣り漁船がタンカーと衝突したとニュースになっており、その安否が心配されましたが、幸いにも船は沈まず、船長以下乗組員も命に別状はなかった模様。ほっと一安心も、近海で続く海上の事故に不安が残ります。交差点も信号もない海の上で船同士が衝突してしまう不思議を感じつつも、無事故こそ漁業の基本であるとして、今後の安全操業の徹底を祈りたいと思いました。

今日のイセエビ・・・ 30キロ
posted by にゃー at 14:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする