魚体中骨抜き器販売中

2013年10月07日

誰もがほっとする魚市場

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:マルソウダ 18トン、サバ 2.6トン
       カツオ 85キロ、小イサキ 1トン
       イサキ 160キロ、ワラサ 80キロ
       モロ 160キロ、ヤマトカマス 2.8トン
「石橋」定置:休漁
「 岩 」定置:ヤマトカマス 3.8トン、モロ 340キロ
       マルソウダ 2.4トン、サバ 3.3トン
       ワラサ 160キロ
「原辰」定置:ヤマトカマス 2.3トン、サバ 800キロ
       マルソウダ 280キロ、小サバ 200キロ
「江の安」定:ヤマトカマス 200キロ、サバ 140キロ
       イサキ 100キロ、小イサキ 110キロ
「二宮」定置:サバ 2.3トン、ヤマトカマス 560キロ
       アジ 70キロ、小イサキ 220キロ
       イサキ 120キロ
「福浦」定置:ワラサ 220キロ、カツオ 150キロ
「大磯」定置:アジ 250キロ、ヤマトカマス 1.7トン
       サバ 2.2トン、マルソウダ 220キロ
       マルアジ 100キロ

 伊豆方面からは、
「沼津底曳」:アカカマス、ヤマトカマス ほか

 東方面からは、
「平塚定置」:アジ 110キロ
「江ノ島網」:アジ 80キロ ほか

ここんとこ「カツオ」が定置網に入ってきている。今朝など「福浦」定置で150キロも獲れ、型と付きの良さから値段もなかなかで競り落とされており、今後の漁獲動向が無視できない。
近年、「ヒラソウダ」の漁獲が減少しているようにも感じていたが、定置網で「カツオ」がここまで獲れる事も珍しい事だ。魚の中の”超熟”と言われるように、モッチモチの身質は典型的な「戻りガツオ」の特徴で、脂乗りも良いことから当然の返り注文が有り、魚が出る度に値が上がっていく状況である。まして今朝獲れの最高鮮度で味わう「カツオ」の食感は、格別。数日置いて身に独特の質感が出てから下ろすのも良いが、薬味もいらない鮮度感で食す「カツオ」は、サッパリとした中にコクがあり、非常に美味である。
今、ホットの炭酸飲料が流行っているという話を聞くが、清涼感の中にある安心感という意味では、まさに今朝獲れの「カツオ」が同じではないだろうか。
近隣定置網は「マルソウダ」中心の漁獲が続いているが、その中に紛れている「カツオ」と言う名の「お宝」を探して、明日も一生懸命に網を手繰ることだろう。

今日のイセエビ・・・ 10キロ
posted by にゃー at 17:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする