2013年10月29日

とある魚市場の秋模様

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:休漁
「石橋」定置:小イサキ 10トン、イサキ 700キロ
       イボダイ 800キロ
「 岩 」定置:イサキ 100キロ、イボダイ 100キロ
「原辰」定置:イサキ 100キロ、小イサキ 400キロ
       カワハギ 150キロ、ショウゴ 100キロ
「江の安」定:休漁
「二宮」定置:小イサキ 100キロ ほか
「福浦」定置:メアジ 4トン、カワハギ 150キロ
「大磯」定置:イボダイ 70キロ ほか

 東方面からは、
「湘南沖曳」:生シラス 30キロ
「片瀬釣船」:釣カツオ 120キロ、釣ヒラソウダ 160キロ

小田原は「アジ」の街。今日「福浦」から揚がってきたのは「メアジ」が4トン。
「メアジ」?「マアジ」でなくて?
2013_MEaji.jpgそう「メアジ」。目が大きいアジだから「メアジ」と言われます。その他、特徴としてはツルンとした表面にメタリカルな光沢と丸っこい体つきが目立ちます。
なんかダサソ〜?と思ったアナタ。まずは味わってみて。新鮮な「メアジ」は刺身にしても良いが、薬味を効かせてタタキにするのが通好み。あとは少ない脂を補う意味でフライにすれば厚い身の食べ応えとふんわり仕上がりで満足間違いなし。
本物「マアジ」の相場は少なく高騰しているが、あふれる「メアジ」の相場はダイソーレベルで、財布も満足。こんな愉快な魚、あるかしら?

今日のイセエビ・・・ 20キロ
posted by にゃー at 15:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする