2013年11月06日

秋深し魚市場は懐涼し

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:サバ 230キロ、小サバ 980キロ
       ヒラソウダ 130キロ、マルソウダ 1トン
       小イサキ 440キロ
「石橋」定置:サバ 680キロ、ヤマトカマス 90キロ
       小サバ 1.9トン、ヒラソウダ 200キロ
       ムロアジ 110キロ、サバフグ 70キロ
       マルソウダ 2トン、小イサキ 860キロ
「 岩 」定置:サバ 230キロ、マルソウダ 380キロ
「原辰」定置:ヒラソウダ 160キロ、マルソウダ 160キロ
「江の安」定:休漁
「二宮」定置:サバ 200キロ ほか
「福浦」定置:ワラサ 150キロ、アジ 110キロ
       サバ 210キロ
「大磯」定置:サバ 250キロ、小サバ 2.8トン
       アジ 85キロ、マルソウダ 140キロ

 東方面からは、
「平塚定置」:アジ 50キロ
「片瀬釣船」:釣カツオ 1.3トン

20131106_haccp.jpgハシェップ!思わずくしゃみが出るほどに朝の冷たさが身に染みる昨今。徐々に漁獲の減少が身をもって感じられる季節になりました。
秋の深まりと共に期待が高まるのが、小田原から出港する「夜釣り」なのですが、今年はココまで「クロタチカマス(ナガスミヤキ)」の漁獲に関する情報無く、「クロシビカマス(スミヤキ)」しか釣れていないとのこと。また同時に狙う「アカカマス」や「サバ」についても「サメ」の襲来が相次ぎ、まともに釣りにならないことが多く、そのせいで釣果が伸びないと言うことらしい。
まだまだシーズンの序の口とは言え、定置網に魚が少なくなってきた今、期待を持って釣果の連絡を待ちたいと思う。
posted by にゃー at 17:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする