2018_fespos.jpg

2013年11月14日

魚市場に願いを

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:マルソウダ 1.2トン、サバ 300キロ
       ヒラソウダ 250キロ
「石橋」定置:マルソウダ 1.2トン、サバ 400キロ
「 岩 」定置:マルソウダ 1トン ほか
「原辰」定置:マルソウダ 300キロ ほか
「江の安」定:休漁
「二宮」定置:小イサキ 150キロ ほか
「福浦」定置:サバ 180キロ、ウスバハギ 160キロ
       メアジ 100キロ
「大磯」定置:アジ 450キロ、サバ 150キロ

 伊豆方面からは、
「川奈杉本」:ウスバハギ、マルソウダ ほか
「富戸刺網」:活イセエビ 30キロ ほか
「沼津釣船」:釣タチウオ 70キロ

 東方面からは、
「平塚定置」:アジ 110キロ、小アジ 850キロ
「片瀬釣船」:カツオ 200キロ
「江ノ島網」:アカカマス 140キロ ほか

パッと見、魚種が限られてきたように感じますが、そんな中、今朝は「活カワハギ」が大漁。200キロくらいの水揚げでイケスはどこも「ハギ」「ハギ」状態。獲れなきゃいけないと言ってるそばから大漁という、このミラクル。
日頃の行いの良さが出た結果に、気をよくして明日は「イシダイ」の顔が見てみたいなどと言ってみる。
posted by にゃー at 17:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

平成26年(2014年)の休開市表


小田原魚市場休開市表
2014calender.jpg

はい、お待たせの平成26年(2014年)のカレンダーです。

勘の良い人はお気づきかと思いますが、営業日数はが270日となり、昨年よりも2日、一昨年と比べるとなんと6日も営業日が少なくなっております。
お客様の利便性を第一に考えつつ、併せて海の恵みとしての”おさかな”に愛される市場を目指し、総合的な意味で地球に優しい魚市場が完成いたしました。

これが短期集中、一点突破の営業方針によるものか、単なる省エネ、消極経営によるものか、まさかの怠慢経営によるものかは不明である。

印刷にはコチラのPDF版が便利です。
posted by にゃー at 10:17| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする