2018_fespos.jpg

2013年11月18日

おいしい魚は毎日魚市場に

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:ウルメイワシ 7.5トン、サバ 460キロ
       アジ 200キロ、マルソウダ 1.1トン
       サバフグ 210キロ、メアジ 160キロ
       マイワシ 700キロ、小サバ 360キロ
       ヒラソウダ 80キロ
「石橋」定置:休漁
「 岩 」定置:サバ 330キロ、マルソウダ 180キロ
「原辰」定置:マルソウダ 490キロ ほか
「江の安」定:休漁
「二宮」定置:アジ 1トン、サバ 490キロ
       アカカマス 310キロ
「福浦」定置:休漁
「大磯」定置:アジ 430キロ、メアジ 230キロ
       サバ 180キロ

 伊豆方面からは、
「沼津釣船」:釣タチウオ 35キロ
「川奈杉本」:メジナ 60キロ、ウスバハギ 80キロ

 東方面からは、
「平塚定置」:アジ 180キロ
「江ノ島網」:アカカマス 390キロ、メアジ 100キロ

小田原  (釣)サバ 120キロ、クロシビカマス 130キロ

久々「二宮」定置に「アジ」が1トン。「大磯」・「平塚」の両湘南方面の定置網でも「アジ」が強い傾向が続いていたが、やっと「二宮」まで来た。それでも中心サイズが70〜80グラムという小型アソートであるが、やはり「アジ」が獲れたことには変わりないと言うことで、形もよく、値段も良くて、安心の好評価。
他に夜釣りの「スミヤキ(クロシビカマス)」が大漁で、久々に小田原の秋を実感。「ナガスミ」はどうやら今年は外れ年のようだが、その時はその時で「今獲れている魚が旬」を信じて、今朝獲れた魚を今日も食す者こそ真の小田原人なのである。
posted by にゃー at 16:46| Comment(1) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする