魚体中骨抜き器販売中

2013年12月30日

魚市場の旬荷終闘

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:活イシダイ 30キロ
「石橋」定置:休漁
「 岩 」定置:サバ 40キロ、スルメイカ 30キロ
「原辰」定置:マイワシ 1.7トン、ワラサ 20キロ
「江の安」定:カタクチイワシ 30キロ ほか
「二宮」定置:サバ 180キロ ほか
「福浦」定置:休漁
「大磯」定置:アジ 80キロ ほか

 東方面からは、
「平塚定置」:アジ 20キロ

20131230_mochi.jpg今年もいろいろありました、今年もいろいろ獲れました。
来年もいろいろあるでしょう。来年もいろいろ獲れるでしょう。
来年は消費税増税の他にも電気やガス、そして葉書、タバコ、さらには「ディズニーランド」や「ななつ星」など値上げの話が山盛りで、我々庶民からすれば非常に厳しい生活を強いられることになる予感が山盛り。
その中で漁業・鮮魚流通業界の厳しさも、間違いなく増すであろう事を今から認識しておかなければ、新年からの営業にも差し支える事は容易に想像が出来ます。
この休みの間にこそ、情報と知識という燃料を満タンにしつつ、旧年の振り返りと新年に向けてのビジョン形成と目標設定を明確にすることで、経営の暖機運転を入念に行い、初荷からの発進をよりスムーズにし、その後の春に向けての加速を確実なものにしていくことが必要と考えております。そして有能なナビにしかるべき目的地を設定し経営という名の走行を行えば、期末には必ずや目標達成というゴールを迎えることになるでしょう。
と、志高く家に帰るも、コタツに入って鍋でもつつけば、あっという間に忘れてしまう。これこそ正月休みの醍醐味といえるであろう人間味なのである。
結果、今年も無事、年を越せることに感謝、これに尽きるのではないか。

今日のヒラメ・・・ 57枚
posted by にゃー at 15:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月29日

鰯を追う魚市場は海を見ず

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:カタクチイワシ 1.2トン、サバ 380キロ
       マイワシ 390キロ、活イシダイ 100キロ
       サバフグ 100キロ
「石橋」定置:休漁
「 岩 」定置:マイワシ 1.7トン、サバ 130キロ
       スルメイカ 60キロ
「原辰」定置:カタクチイワシ 50キロ ほか
「江の安」定:マイワシ 300キロ、サバ 50キロ
       カタクチイワシ 120キロ
「二宮」定置:アジ 50キロ、サバ 130キロ
「福浦」定置:休漁
「大磯」定置:アジ、マルソウダ ほか

 東方面からは、
「平塚定置」:アジ 30キロ
「大磯釣船」:釣オオクチイシナギ 2本(60キロ)

ここへ来て定置網に少しずつ魚が増えてきている感覚がある。「イシダイ」や「ホウボウ」といったこの時期を代表する魚が、僅かずつでも増えてきたのは良い傾向である。が、少し時機を逸した感は否めない。
それでも日本海側が時化ているこの年末、魚が少ない時期にあれば心強く、それを待っている人はまだまだ多い。明日は本年最後の営業日であり、チャンスでもある。気合いを入れて悔いの無いよう、がんばるのみである。
そして、今は定置網に「イワシ」が多いので、サーフから「ヒラメ」を釣ろうという向きには「マイワシ」似のミノーが良いだろう。この正月は天気も良さそうなので、海岸から投げて狙ってみよう。
国府津付近では、陸から近い浅めのポイントの刺し網に「イナダ」が掛かったというので、同時にサーフ・トローリングで狙っても楽しめそうだ。

今日のヒラメ・・・ 47枚
posted by にゃー at 12:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月28日

高速渋滞分散傾向の魚市場

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:マイワシ 3.8トン、サバ 100キロ
       カタクチイワシ 4トン
「石橋」定置:休漁
「 岩 」定置:マイワシ 940キロ ほか
「原辰」定置:カタクチイワシ 200キロ ほか
「江の安」定:マイワシ 400キロ、マルソウダ 80キロ
       カタクチイワシ 140キロ
「二宮」定置:サバ 170キロ、アジ 60キロ
「福浦」定置:ウルメイワシ 140キロ、サバ 90キロ
「大磯」定置:アジ、イボダイ ほか

 伊豆方面からは、
「川奈杉本」:マルソウダ 70キロ ほか

 東方面からは、
「平塚定置」:アジ 360キロ
「江ノ島網」:マルソウダ 70キロ、マルアジ 30キロ

タバコも上がる、消費税も上がる、物価も上がり、市場に揚がるのは「イワシ」のみ。そして、ここへ来て下がるのは魚価だとか死刑囚の数だとか寂しい事ばかり。
そして、今年は年末最後を前にして早くも相場が冷え込み気味。これは暦によるところが大きいようで、世間的には9連休もあるとかで景気の良さそうな話が聞こえてくるが、どうやら経済的には年末の需要期と土日が重なり、発注の前倒しが重なって体感的には需要面でのピークを過ぎたような感じがする。
明日は日曜と言うこともあり、休漁するところもあるだろうし、早くも休みに入っている魚屋さんも散見する。月曜の最終営業日にかけての魚の獲れ具合にもよるかもしれないが、今から寂しい年末にならないことを祈るばかりだ。

今日のヒラメ・・・ 47枚
posted by にゃー at 15:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月27日

魚市場を埋め立てろ

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:ウルメイワシ 100キロ、サバ 400キロ
       カタクチイワシ 500キロ、サバフグ 150キロ
       ヒラソウダ 240キロ
「石橋」定置:休漁
「 岩 」定置:サバ 100キロ、ヒラソウダ 150キロ
「原辰」定置:マルソウダ 80キロ、ウルメ 30キロ
「江の安」定:休漁
「二宮」定置:サバ 100キロ、アカカマス 60キロ 
「福浦」定置:サバ 200キロ ほか
「大磯」定置:小アジ 50キロ ほか

 伊豆方面からは、
「川奈釣船」:釣クロムツ 30キロ ほか

こう魚が少なくっちゃ、多少の努力程度じゃ隙間の空いた売場を埋められません。あっちこっちへ行っては魚を集め、どこに何が獲れているかの情報を常に収集し、あとは機動力と決断力で行動あるのみ。
充実した明日の魚市場を夢見て、今日も鮮魚収集車はアナタの街へ参ります。
いつかはアナタの住む街へ行くかもしれません。ルンルンルン・・・。

今日のヒラメ・・・ 45枚
posted by にゃー at 16:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月26日

安くに行ける魚市場

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:マルソウダ 1.7トン、サバフグ 100キロ
       カタクチイワシ 300キロ、サバ 200キロ
       活イシダイ 40キロ
「石橋」定置:休漁
「 岩 」定置:マルソウダ 500キロ、サバフグ 60キロ
       サバ 50キロ
「原辰」定置:カタクチイワシ 160キロ ほか
「江の安」定:休漁
「二宮」定置:サバ 140キロ ほか
「福浦」定置:サバ 170キロ、スルメイカ 90キロ
「大磯」定置:アジ 300キロ ほか

 伊豆方面からは、
「宇佐美釣」:釣クロムツ、釣キンメダイ ほか
「川奈杉本」:スルメイカ、ヤリイカ ほか

 東方面からは、
「平塚定置」:アジ 50キロ
「腰越定置」:活スズキ 10キロ

「サバ」の後には「イワシ」が来て、その後を追って「マルソウダ」。これから来るのは「タイ」か「ヒラメ」か、「アカムツ」か?ありえない、ありえない。
それにしたって年末も押し迫ってきて、いよいよ魚市場も賑やかになってきました。
朝から年末商品を揃える人、注文の魚を集める人、高い魚に天を仰ぐ人、掘り出し物を探そうと頑張る人、値段交渉に粘る人、まだ来る魚はないかと待つ人などなど・・・魚屋さんや買受人さんも実に様々。
つまり言いたいことは、営業日も残すところ4日となり、安く買おうという人も高くても魚を揃えたいという人も、とにかく魚市場へ来てください、ということだ。

今日のヒラメ・・・ 53枚
posted by にゃー at 14:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月25日

いい正月のために魚市場

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:サバ 350キロ、カタクチイワシ 110キロ
「石橋」定置:休漁
「 岩 」定置:サバ 70キロ、ウルメイワシ 30キロ
「原辰」定置:ソウダ類 100キロ ほか
「江の安」定:ウルメイワシ 80キロ、カタクチ 50キロ
「二宮」定置:サバ、ヒラソウダ ほか
「福浦」定置:サバ 150キロ、ウルメイワシ 40キロ
「大磯」定置:小アジ 200キロ ほか

 伊豆方面からは、
「伊東釣船」:釣クロムツ、釣キンメダイ ほか
「沼津釣船」:釣タチウオ 40キロ ほか

 東方面からは、
「茅ヶ崎縄」:釣アカアマダイ 10キロ

定置の魚がこう少なくなっちゃあ、釣りの出番。ということで、正月向けの魚が伊豆先を中心に入荷し始めております。「キンメダイ」、「クロムツ」を中心に天候が許す限り出漁する予定と言うことで、残り少ない営業日に向け、これからしゃかりき釣ってきてくれることでしょう。
「定置網」の方はというと「サバ」や「イワシ」といった総菜向けの魚が多く、正月向けの魚とは言い難い水揚げ状況。今年はその為、早めに休業に入る網もあったりと悲喜交々。
今年良かったところも、悪かったところも、一緒に洗い流して綺麗になって、新規巻き直しとまいりましょうや。

今日のヒラメ・・・ 42枚
posted by にゃー at 14:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする