2013年12月09日

大きくなる魚市場

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:マルアジ 680キロ、ウルメイワシ 300キロ
       サバ 300キロ、アジ 150キロ
       サバフグ 100キロ
「石橋」定置:休漁
「 岩 」定置:メアジ 100キロ ほか
「原辰」定置:カタクチイワシ、アオリイカ ほか
「江の安」定:アジ 110キロ、ウルメイワシ 150キロ
「二宮」定置:サバ 200キロ」ほか
「福浦」定置:サバ 90キロ、スルメイカ 80キロ
「大磯」定置:イボダイ 190キロ ほか

 伊豆方面からは、
「真鶴釣船」:クロシビカマス 120キロ
「富戸釣船」:釣ヤリイカ 20キロ
「川奈杉本」:ウスバハギ ほか

 東方面からは、
「平塚定置」:小アジ 400キロ

NHK学校放送「大きくなる子」テーマより
♪ みんな、みんな。大きくなるよ〜
  毎日ちょっぴり、エダが伸びて〜
  昨日のナベは、もう、使〜え〜な〜い
  ララララ〜ラララ〜ララララ〜
  ふしぎだ(りとうだ)
  すてきだ(じょめいだ)
  しんとうだ〜〜〜 ♪

と、毎日、永田町方面が騒がしい今年の師走ですが、12月に入りこちらの水揚げは日々、落ち着きを取り戻しつつあるように感じます。
アキとジャッキーは、とっくに終わっていると言うことですが、セリ場にストーブが並べば、秋の終わりと本格的な冬の訪れを嫌でも知らされ、体が自然とストーブへと近づくことが避けられません。そこをグッと我慢で、寒風にさらされ、海水の飛沫舞う中、奮闘することで古代都市スパルタの魚市場もこうであったかと回想しつつ、スパルタンXでの全盛期のジャッキーの活躍を想うのであった。

今日のヒラメ・・・ 112枚
posted by にゃー at 14:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする