2018_fespos.jpg

2013年12月24日

魚市場のビッグマウス

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:サバ 330キロ、ウルメイワシ 190キロ
       マルソウダ 80キロ、カタクチ 60キロ
「石橋」定置:休漁
「 岩 」定置:サバ 70キロ、カタクチイワシ 470キロ
「原辰」定置:カタクチイワシ 170キロ、ウルメ 600キロ
「江の安」定:釣アカアマダイ、サバ ほか
「二宮」定置:サバ、タチウオ ほか
「福浦」定置:サバ 300キロ、ウルメイワシ 360キロ
       メアジ 80キロ
「大磯」定置:サバ 60キロ ほか

 伊豆方面からは、
「網代釣船」:釣ヤリイカ 25キロ
「富戸刺網」:活イセエビ 50キロ

 東方面からは、
「大磯釣船」:釣オオクチイシナギ 110キロ(4本)
「江ノ島網」:アカカマス、オキヒイラギ ほか

20131224_nagi.JPG相模湾の「アラ」は今や完全な幻となってしまいましたが、大磯の「イシナギ」は最早名物として認知されるレベルにまでなっているようで、隠れた近場でできる大物釣りのターゲットとして知る人ぞ知る穴場となりつつあるようです。
味は焼いて良し鍋に良しという、美味しい白身として知られていますが、肝臓については何度も書きますが、中毒になる危険性が高いので、該当器官を除去した上での販売が認められています。
といっても、そんなにしょっちゅう釣れる魚でもないので、今後、年末までに再入荷の可能性があるのか、ないのか、それは海の女神が漁師に微笑むか否かに掛かっていると言っても過言ではないのである。

今日のヒラメ・・・ 56枚
posted by にゃー at 14:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする