魚体中骨抜き器販売中

2014年01月15日

魚市場生き残りの掟

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:カタクチイワシ 250キロ、サバ 480キロ
       マイワシ 140キロ、スルメイカ 80キロ
「石橋」定置:休漁
「 岩 」定置:サバ 520キロ、カタクチイワシ 70キロ
「原辰」定置:サバ、カタクチイワシ ほか
「江の安」定:休漁
「二宮」定置:休漁
「福浦」定置:休漁
「大磯」定置:休漁

 伊豆方面からは、
「沼津釣船」:釣タチウオ 60キロ
「沼津底曳」:アカムツ、イボダイ ほか
「川奈釣船」:釣キンメダイ 40キロ ほか

「休漁」目立つ今日の魚市場。漁獲が少なく、来場者も少なく、当然市況は停滞ムード。上場する魚が少なければ、購買意欲も低下し、尚更低迷傾向。しかし、そこをあえて上場する用意周到なる戦略家もいることは、いる。まさに軍師。
上場される魚が少ないと言うことは、出荷者からみればライバルが少なく、商品が市場をほぼ独占的に占有し、少ない品物に対するセリの中で、わずかながらでも顧客の競争心理に働きかけ、高値を引き出すことが期待できるなど、一発逆転の利点がある。成功するも失敗するも他の上場者頼みの運次第みたいな所もあるが、セリ人としてはなんとなく頑張って売りたくなるのが心情というもの。
かつて秀吉の小田原攻めに参画し、勲功を挙げた勘兵衛にならって言えば、小田原の市場を攻略するには、まずは魚市場に来て、魚を並べるべし。すべてはここから始まるのである。

今日のヒラメ・・・ 18枚
posted by にゃー at 15:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月14日

荒れる成人式,平常心の魚市場

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:サバ 1.6トン、カタクチイワシ 1トン
       マイワシ 3.6トン、ウルメイワシ 160キロ
「石橋」定置:休漁
「 岩 」定置:サバ 1.5トン ほか
「原辰」定置:カタクチイワシ、ウルメイワシ ほか
「江の安」定:サバ 530キロ、カタクチイワシ 150キロ
「二宮」定置:休漁
「福浦」定置:サバ 120キロ、カタクチイワシ 130キロ
「大磯」定置:アジ、イトヒキアジ ほか

 伊豆方面からは、
「沼津釣船」:釣タチウオ 70キロ
「宇佐美釣」:釣キンメダイ 40キロ ほか
「川奈杉本」:ヤリイカ 50キロ ほか

 東方面からは、
「江ノ島網」:ウルメイワシ 120キロ ほか
「大磯釣船」:釣オオクチイシナギ 75キロ(2本)

小田原  ・・・ (釣)アブラボウズ  45キロ(1本)

連休明けの今朝は、魚の量としてはむしろ先週のピークよりは減っており、魚種も「イワシ」のトリプル・デラックスの他は「ゴマサバ」と釣りの「ヤリイカ」が目立ったくらい。沼津から来て場内に模造刀を持ち込んだとして摘発されかけた釣りの「タチウオ」と、同じく釣りの「イシナギ」と「オシツケ」が大物としての存在感を示してはいましたが、それでも市場の要衝を埋めきるまでには至らず。
明日以降、天気が下り坂になるとの予報もあり、しかも市況も下り坂の水曜日。
つまり、寒さ厳しい明日はとにかく(肉体的にも精神的にも)どれだけ耐えることが出来るか、それに尽きるのではないだろうか。心を強く保とう。

今日のヒラメ・・・ 111枚
posted by にゃー at 15:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月11日

殿ご乱心、魚市場でご安心

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:サバ 2.1トン、カタクチイワシ 500キロ
       アジ 70キロ、スルメイカ 70キロ
       マイワシ 2.1トン、活イシダイ 70キロ       
「石橋」定置:休漁
「 岩 」定置:サバ 750キロ、カタクチイワシ 50キロ
「原辰」定置:サバ 40キロ ほか
「江の安」定:休漁
「二宮」定置:休漁
「福浦」定置:スルメイカ 50キロ、カタクチ 70キロ
「大磯」定置:休漁

 伊豆方面からは、
「富戸定置」:スルメイカ 650キロ、サバ 100キロ
「富戸釣船」:釣ヤリイカ 40キロ、釣スルメ 40キロ
「沼津釣船」:釣タチウオ 120キロ ほか
「宇佐美釣」:釣キンメダイ、釣クロムツ ほか
「川奈杉本」:ヒラスズキ、メジナ ほか

小田原  ・・・ (素潜)アワビ  60キロ

今朝も「サバ」獲れてます。そして伊豆から「スルメイカ」もスルスルと獲れています。警備が薄い定置網ならではの豊漁。定置網のリビングルームと言われる金庫網のソファに座ってたとかいないとか。
今朝は伊豆方面の魚が充実。伊豆行くか?今でしょ。これ流行る予感。ぶっちゃけ。
さらに小田原の「アワビ」は豊漁傾向だが、女優・淡路恵子出演の映画で個人的に一番好きなのは「父子草」。未見の人は今すぐようつべ

今日のヒラメ・・・ 93枚
posted by にゃー at 13:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月10日

何モノか魚市場で示す

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:サバ 4トン、マイワシ 6.3トン
         アジ 150キロ、カタクチイワシ 220キロ
「石橋」定置:休漁
「 岩 」定置:マイワシ 2.6トン ほか
「原辰」定置:サバ、ウルメイワシ ほか
「江の安」定:サバ 1.2トン、マイワシ 1.3トン
「二宮」定置:休漁
「福浦」定置:サバ、カワハギ ほか
「大磯」定置:アジ 180キロ、サバ 50キロ

 伊豆方面からは、
「伊東釣船」:釣キンメダイ、釣クロムツ ほか

小田原  ・・・ (素潜)アワビ  120キロ

雪もチラつく朝の中。「寒いですね〜」と挨拶代わりに、今朝も「サバ」中心の水揚げ。
最近は大きい「ゴマサバ」が多かったので、今朝も・・・と思っていたら、漁師からは「ホンダ!」「ホンダ!」、「本サバだ!」との声が。
見てみれば、普段は少数派でしか無く、ミッドフィルダー的役割の「本鯖」とも言われる「マサバ」が、今朝は堂々競り場のフォワードを占め、VIP級の待遇で迎えられていました。「米神」定置に入った大きめの「マサバ」は、まるまると太っており、その脂が乗っているであろう魚体が目を引きました。
競りでも当然の人気を集め、今朝だけは魚市場の背番号10番を「アジ」から借りて、背負うだけのことはあると皆納得の様子でした。

今日のヒラメ・・・ 48枚
posted by にゃー at 12:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月09日

魚市場からは逃れられない

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:マイワシ 22トン、サバ 7.5トン
「石橋」定置:休漁
「 岩 」定置:マイワシ 1.9トン、サバ 70キロ
「原辰」定置:マイワシ 1.5トン、サバ 150キロ
       カタクチイワシ 500キロ
「江の安」定:休漁
「二宮」定置:休漁
「福浦」定置:ウルメイワシ 120キロ、サバ 200キロ
       マイワシ 130キロ、カタクチ 250キロ
「大磯」定置:休漁

 東方面からは、
「大磯釣船」:釣オオクチイシナギ 100キロ

今朝も「サバ」と「マイワシ」のオンパレード。
そして今朝もこれだけの魚が魚市場に揚がり、めでたく完売していくこの姿。
当たり前のことが、難しい今の世の中。実に尊いことなのである。

今日のヒラメ・・・ 58枚
posted by にゃー at 14:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月07日

魚市場に来る定置網は福袋

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:サバ 8.4トン、マイワシ 13トン
「石橋」定置:休漁
「 岩 」定置:サバ 1.2トン、マイワシ 440キロ
「原辰」定置:カタクチイワシ 50キロ ほか
「江の安」定:サバ 900キロ、マイワシ 1トン
「二宮」定置:休漁
「福浦」定置:サバ 120キロ、マイワシ 200キロ
「大磯」定置:アジ 70キロ ほか

 伊豆方面からは、
「川奈杉本」:ウスバハギ 40キロ、スズキ 40キロ
「川奈釣船」:釣キンメダイ 150キロ ほか

 東方面からは、
「江ノ島網」:カタクチイワシ 260キロ

小田原  ・・・ (素潜)アワビ  80キロ

「サバ」は「ゴマサバ」主体。割と大きめが多い。「マサバ」も混じって人気集中。
「マイワシ」はいわゆる「ヒラゴ」主体。ほとんど小さめばかり。中に混じった「カタクチイワシ」を見つけるは、いとをかし
「アワビ」は「オカイ」=「クロアワビ」がほとんど。500g級の特大も含めて年初のキャンペーン価格にて奉仕中。
今を逃すは一年の恥、一生の後悔。

今日のヒラメ・・・ 68枚
posted by にゃー at 21:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする