魚体中骨抜き器販売中

2014年01月05日

一つの魚市場は百万パワー

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:マイワシ 9.1トン、小サバ 7.5トン
       サバ 900キロ、アジ 210キロ
       ホウボウ 140キロ、イシダイ 80キロ
       カイワリ 250キロ、カワハギ 100キロ
       アカヤガラ 60キロ
「石橋」定置:休漁
「 岩 」定置:マイワシ 1.7トン、サバ 80キロ
       ホウボウ 70キロ、カワハギ 50キロ
「原辰」定置:マイワシ 6.3トン、サバ 210キロ
「江の安」定:マイワシ 3.1トン ほか
「二宮」定置:サバ 980キロ、アジ 80キロ
       アカカマス 250キロ、スズキ 60キロ
「福浦」定置:マイワシ 3.5トン、サバ 460キロ
「大磯」定置:アカカマス 250キロ、アジ 370キロ

 伊豆方面からは、
「真鶴釣船」:釣クロシビカマス 30キロ
「伊東釣船」:釣キンメダイ、クロムツ ほか
「川奈杉本」:ウスバハギ 40キロ ほか

 東方面からは、
「大磯釣船」:釣サワラ 40キロ
「平塚定置」:アジ 140キロ

小田原  ・・・ (素潜)アワビ  80キロ

水揚げましておめでとう御座います。正月を挟んだこの五日間、天候にも恵まれ、陽気も良かった事もあり、休み明けの今朝はどこも魚豊富。と言っても、そのほとんどが「マイワシ」の子どもと「ゴマサバ」であり、一部に「マアジ」や「アカカマス」が混じって種類も豊富だったが、いかんせん細かい魚が多すぎた。
「ホウボウ」や「イシダイ」、「カワハギ」といった中に「カイワリ」や「スズキ」と言った「?」という魚もまとまったりして、読み辛い魚の動きを象徴している水揚げではあったが、これまでの魚の少なかった年末と比べれば、その魚のバラエティに富んだ顔ぶれは見ていてとても楽しいものである。これから春に向け、ますます魚が増えてくれることを期待したい。

今日のヒラメ・・・ 159枚
posted by にゃー at 17:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする