魚体中骨抜き器販売中

2014年02月25日

小田原は今、ソイ五輪

乾いた街の片隅にいるのは江戸の黒豹だが、
乾いた魚市場の片隅に、今年は小田原の黒豹が多い。
20140225_soyjoy.jpg
「クロソイ」である。

小田原の周辺漁場で広く獲れており、活魚セリ場には毎日2〜3匹、多いときには10匹近くが並ぶ。
例年冬に獲れる魚ではあるが、ここまで多くはない。
20140225_hokkey.jpg東北から北海道に多い魚であることから、今年の水温の低さを証明する魚とも言えるだろう。
そして同じくこの時期ならではの魚「ホッケ」も獲れた。まだ海は寒いのであろうか?

そういえば、ソチ五輪でホッケー日本女子は全敗の最下位に終わったようだが、実に恵まれない選手生活の中での代表出場の話を聞くと思わず応援したくなるのが人情である。
ソチのオリンピックは終わってしまったが、ここ小田原では連日、「ソイ」を中心とした冬の活魚オリンピックが賑わっているのである。

20140225_meball.jpg20140225_uma.jpg目を張るような結果や巧い網捌きと華麗な漁獲、勝負の白黒に一喜一憂し、今日の商売を組み立てる。明日の天気を読み、定置網なら潮の流れと風向きを、刺し網なら魚の動きと網を掛ける場所に勝負を掛ける。
20140225_karei.jpg20140225_sirokuro.jpgそんな真剣勝負の毎日が繰り広げられる市場という舞台で、今日も朝早くから多くの人が集まり、汗を流しているのである。
漁師なら獲って、魚屋なら売っての結果のみの厳しい世界だ。

20140225_goldhobo.jpgそんな汗水流し働く人々に金色のメダルでなくて、金色の「ホウボウ」を贈りたい。
毎年、数匹見かける定番の色素異常「ホウボウ」である。
20140225_goldhobo2.jpgこの「ホウボウ」はあまり方々にはいないだろうが、「ボウボウ」と啼くことは間違いないし、味もなんら変わらない。

年に数匹しか獲れないこの貴重な「ホウボウ」が獲れたということは、何か良いことが起こるに違いない。
それを信じて朝を迎えるのだ。
posted by にゃー at 14:23| Comment(0) | TrackBack(0) | ギョッ!魚だらけの水泳大会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月24日

春へ急ぐ魚市場

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:アジ 300キロ、カタクチイワシ 2.7トン
       サバ 1トン
「石橋」定置:休漁
「 岩 」定置:ウマヅラハギ 120キロ、ホウボウ 120キロ
       イシダイ 70キロ
「原辰」定置:サバ 20キロ ほか
「江の安」定:カタクチイワシ 90キロ ほか
「二宮」定置:ウマヅラハギ 280キロ ほか
「福浦」定置:休漁
「大磯」定置:休漁

 伊豆方面からは、
「伊豆釣船」:釣キンメダイ 100キロ、釣メダイ 50キロ

やったね「小田原アジ」だね。海から来る春の便り、「マアジ」が獲れ始めれば、まさしく小田原の春。そして3月、「アジ」の季節がやって来る。
♪梅は咲いたか〜「マアジ」はまだかいな?
思わず口ずさむも、まだまだ「アジ」の小さいところが気に掛かる。「ホウボウ」あたりが周辺で獲れたりと、まだまだ海水温が低い現れか?
正直なところ、もう少し暖かくならないと「アジ」の増量は現実的ではないのかもしれない。
北国の人ではないけれど、一日も早い春の訪れを待つばかり。

今日のヒラメ・・・ 262枚
posted by にゃー at 17:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月22日

魚市場つねに栄えあれ

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:サバ 950キロ、カタクチイワシ 1.3トン
       マイワシ 330キロ、小サバ 220キロ
       ホウボウ 100キロ、ウマヅラハギ 80キロ
「石橋」定置:休漁
「 岩 」定置:サバ 450キロ ほか
「原辰」定置:カタクチ 500キロ、活イシダイ 50キロ
「江の安」定:カタクチイワシ 3.2トン ほか
「二宮」定置:ウマヅラハギ 70キロ、サバ 50キロ
「福浦」定置:カタクチイワシ 100キロ、サバ 40キロ
「大磯」定置:休漁

 伊豆方面からは、
「伊豆釣船」:釣キンメダイ 120キロ、釣クロムツ 70キロ

小田原  ・・・ (素潜)マナマコ  200キロ

201402_takacrab.jpg相模湾は全く関係ないけど、今日は「竹島の日」だそうで、あちらの方は出入りが激しいようですね。
ということで、昨日の魚市場に翻し旭日旗・・・のような金甌無欠の「タカアシガニ(オス)」。こんなカッコイイ魚介類が揚がるなんて、なんと誇らしい漁場なのか。
まさしく断固と守れその漁場。進まん道は一つのみ。ああ悠遠の神代より、轟く歩調うけつぎて 、大行進の行く彼方にこそ、魚市場の未来はあるって事ですね。

今日のヒラメ・・・ 93枚
posted by にゃー at 15:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月21日

冬の魚市場でカタルシス

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:サバ 1.5トン、カタクチイワシ 14トン
       マイワシ 340キロ
「石橋」定置:休漁
「 岩 」定置:サバ 130キロ、活イシダイ 200キロ
       活ウマヅラハギ 200キロ
「原辰」定置:カタクチイワシ 3トン ほか
「江の安」定:休漁
「二宮」定置:サバ 130キロ、カタクチイワシ 300キロ
「福浦」定置:イシダイ 100キロ、スズキ 40キロ
「大磯」定置:休漁

 伊豆方面からは、
「網代定置」:ブリ 550キロ(61本)
「宇佐美釣」:釣キンメダイ 110キロ ほか
「川奈釣船」:釣キンメダイ 200キロ ほか

 東方面からは、
「江ノ島網」:サバ 85キロ

魚が増えてきた。来週からは花粉も増え始めるという。
大雪から一週間、まだまだ日陰には除雪した雪の山が残っているが、海の中は確実に春へと変化してきている。
明らかな漁獲の上昇は、今後量だけでなく種類も飛躍的に増え、多くの顧客を満足させる事になるだろう。
春になれば「ワラサ」が来るか「アジ」が獲れるか、コンビネーションで来るのか?
しかし、実際何が獲れるかは分からない。フリーとショートで出来がまるで異なるように。
多くの期待を背負った市場は、明日もベストを尽くして営業をする。
水揚げを見て、あなたも感動の涙を流すだろう。

今日のヒラメ・・・ 170枚
posted by にゃー at 16:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月20日

魚市場にリアルアンパンマン

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:サバ 1.6トン、カタクチイワシ 19トン
       マイワシ 420キロ、小サバ 160キロ
「石橋」定置:休漁
「 岩 」定置:活イシダイ 100キロ、活ウマヅラ 80キロ
       カタクチイワシ 590キロ
「原辰」定置:カタクチイワシ 6.3トン ほか
「江の安」定:カタクチイワシ 2.2トン ほか
「二宮」定置:アジ 100キロ、スズキ 210キロ
       サバ 1.1トン
「福浦」定置:アジ 140キロ、サバ 100キロ
       カタクチイワシ 100キロ
「大磯」定置:休漁

 伊豆方面からは、
「伊豆釣船」:釣アブラボウズ 100キロ(2本)
「川奈釣船」:釣キンメダイ 90キロ ほか
「宇佐美釣」:釣キンメダイ 110キロ ほか

雪の中、立ち往生したドライバーに同じく身動きの取れなくなった某パン屋のドライバーが、積み荷のパンを無料にて配布したという。中には賞味期限が切れるはずの商品を配布し、体裁の良い廃棄処分だと言い捨てる人もおりますが、多くの人がその好意に感動し、大企業の一社員の判断に喝采を送っているという事です。
私も魚が全く獲れない日には、自ら釣り糸を垂れて釣り上げた魚をみんなに分ける、そんな大人に私は、なりたい。

今日のヒラメ・・・ 112枚
posted by にゃー at 16:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月18日

魚市場もジャンプでどうよ

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:カタクチ 15.7トン、マイワシ 220キロ
「石橋」定置:休漁
「 岩 」定置:カタクチ 270キロ、活イシダイ 60キロ
「原辰」定置:カタクチ 490キロ、活イシダイ 40キロ
「江の安」定:カタクチイワシ 1.4トン ほか
「二宮」定置:カタクチイワシ 300キロ ほか
「福浦」定置:アジ 120キロ、カタクチイワシ 100キロ
「大磯」定置:休漁

 伊豆方面からは、
「宇佐美釣」:釣キンメダイ 130キロ
「伊豆釣船」:釣キンメダイ 120キロ ほか

「カタクチイワシ」が続く2月。飛んでイスタン「ブ〜リ」とばかりに「イワシ」を追って大きい魚(ブリ・ワラサなど)が、沿岸に寄ってきても良い頃なのだが、先週の雪では空振りに終わってしまった。
となると期待すべきは「イワシ」の子、「シラス」しかない。これだけ冬の「イワシ」が多ければ、今年の夏の「シラス」は期待ができるのだろうか?
例年なら今頃の群れが春にかけて産卵を行い、春には「シラス」となって沿岸に寄ってくるというイメージなのだが、まさに今、これだけの群れが相模湾を泳いでいるという事は・・・。

今日のヒラメ・・・ 99枚
posted by にゃー at 16:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする