2014年02月17日

雪の魚市場はもうコリゴリ

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:タチウオ 100キロ、ウマヅラハギ 120キロ
       サバ 350キロ、カタクチイワシ 2.4トン
「石橋」定置:休漁
「 岩 」定置:ボラ ほか
「原辰」定置:活イシダイ 80キロ、カタクチ 290キロ
「江の安」定:カタクチイワシ 130キロ ほか
「二宮」定置:休漁
「福浦」定置:カタクチイワシ 100キロ ほか
「大磯」定置:活ヤリイカ ほか

 伊豆方面からは、
「宇佐美釣」:釣キンメダイ 220キロ、釣メダイ 30キロ

 東方面からは、
「平塚定置」:アジ 40キロ ほか

週末の銀世界から、岸壁の銀世界へ。今朝の「米神」漁場で獲れた「タチウオ」は極上だった。太くて長くて光ってて、しかもプリプリ(=新鮮という事)。3キロものから1.5キロものが結構獲れて、注目の的。
他にも「ウマヅラハギ」や「ホウボウ」、「アオリイカ」など3日ぶりの網揚げで魚を貯める事に成功したようだ。
定置網は思ったよりも水揚げ量は少なかったが、伊豆先からの「釣キンメダイ」も好調で、魚種の豊富さでそれをカバー。大雪後の休み明け効果もあって、値段は総じて高め推移。
やっと東名は開通したが、箱根の奥の方にはまだ大量の雪が残っているとも聞くし、ようやく社会活動も通常運転に戻ろうかという所、水曜日には雪の予報もあり、まだまだ予断を許さぬ状況には変わりないようだ。

今日のヒラメ・・・ 191枚
posted by にゃー at 15:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする