2014年02月28日

しれっとしている魚市場

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:活イシダイ 20キロ
「石橋」定置:休漁
「 岩 」定置:ウマヅラハギ 220キロ、サバ 200キロ
「原辰」定置:休漁
「江の安」定:休漁
「二宮」定置:休漁
「福浦」定置:休漁
「大磯」定置:休漁

 伊豆方面からは、
「南伊豆釣」:釣アブラボウズ 85キロ

未明の低気圧通過で相模湾沿岸は雨と風、そしてうねりに席巻されて荒れ模様。
天候の影響を受け、これから出漁という各地の漁場はほぼ全域で休漁を余儀なくされた。
明日は雨混じるも、天候は穏やかなようで、漁は行えるだろう。暖かくなった事もあって、魚は少し多めと予想がされる。月も替わって3月になり、景気も上向いてくれる事を祈りたい。

今日のヒラメ・・・ 203枚
posted by にゃー at 17:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

クサウオ

春になると「オタマジャクシ」が出てきます・・・って、ここ海だし。
20140228_kusao3.jpg

おそるおそる手を伸ばし、チラリと拝むご尊顔。20140228_kusao1.jpgすべてを達観し、悟りきってしまったかのような穏やかな顔つき。まるでネバー・エンディング・ストーリーのファルコンのような目だ。
ここにたどり着くまで長い距離を旅してきたとはとても見えない柔和な薄笑いに癒されつつも、両生類かは虫類にも見える大きな口と大きな頭を持ち、本当に魚なのか疑いたくなる容姿をしている。

20140228_kusao2.jpg

大きな胸びれが特徴で、胴の詰まった「アナゴ」のような体つき。黄色と黒の微妙な迷彩模様に飾られたその体は、その移動距離を物語るようにやせ細っており、まるで美味しそうに見えない。
「岩」の定置網で獲れたのだが、到着時はすでに息も絶え絶え、水に入れたとたんの絶命と相成った。

これまで見た事の無かった魚であるが、分布は日本近海を見ても意外と広く、太平洋側なら相模以北にいるようである。100メートル前後の深めの海に生息しいるそうだが、普段いればもっと網に掛かっても良さそうなものを、今まで見た事無かったと言う事は、やはりどこからか回遊してきたと見るのが正しいのだろうか。
これが続くようなら気味が悪いが、年に一度の珍客訪問なら普通に驚いて終わる事が出来るだろう。

よくここまで泳いできてくれました。
posted by にゃー at 17:10| Comment(0) | TrackBack(0) | ギョッ!魚だらけの水泳大会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする