2014年03月22日

オーバーレブ魚市場

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:マイワシ 1.2トン、ウマヅラハギ 100キロ
「石橋」定置:ホウボウ、ヒラメ ほか
「 岩 」定置:ブリ 70キロ、イシダイ 180キロ
       ボラ 1.2トン、クロダイ 50キロ
       ヒラメ 80キロ
「原辰」定置:ブリ 115キロ ほか
「江の安」定:ウマヅラハギ 70キロ ほか
「二宮」定置:スズキ 200キロ、ホウボウ 150キロ
       イシダイ 160キロ、ウマヅラハギ 140キロ
       ヒラメ 200キロ
「福浦」定置:ホウボウ 60キロ ほか
「大磯」定置:スズキ、ヒラメ ほか

 伊豆方面からは、
「真鶴定置」:ブリ 370キロ

 東方面からは、
「平塚定置」:タチウオ 90キロ、スズキ 70キロ

この魚種にして、この魚市場である。
「マイワシ」のピークは過ぎたようだが、まだまだ「ヒラメ」や「イシダイ」の勢いは止まらない。
「ボラ」や「スズキ」と言った魚も加わり、その種類の幅はますます拡がるばかり。また明日の休みを挟んでの3月後半もバラエティ豊かな楽しい魚市場が約束されている。
次に現れるのは「サバ」か「アジ」か、はたまた「チダイ(ハナダイ)」か「サワラ」か、「ヒラマサ」か?
そろそろ「生シラス」の声も聞こえてきて、とにかくいよいよ楽しみな季節の到来である。

今日のヒラメ・・・ 806枚
posted by にゃー at 21:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月20日

発情の兆候消えた魚市場

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:マイワシ 6.2トン、ブリ 80キロ
「石橋」定置:休漁
「 岩 」定置:ブリ 340キロ、イシダイ 280キロ
「原辰」定置:イシダイ、ウマヅラハギ ほpか
「江の安」定:イシダイ ほか
「二宮」定置:イシダイ 230キロ、ウマヅラ 150キロ
「福浦」定置:マイワシ 140キロ、カタクチ 240キロ
「大磯」定置:ウマヅラハギ ほか

 伊豆方面からは、
「真鶴定置」:ブリ 1.7トン
「川奈杉本」:クロダイ 200キロ ほか

20140320_kanisan.jpg本日は「タカアシガニ」の卒業式か?ドッと集まる「カニ」の親たち。「ヒラメ」も山で賑わう活魚売場。
同じく定置網では「ブリ」の各網共演で華やぎを演出。世間は3連休前となり市場も活気を呈した。
昨日網入れが行われ、本日こけら落としとなった「石橋」定置だが、まずは低調な漁獲に終わったものの無事に再開出来た事をお祝いしたい。同じく再開と言えば、上野の「パンダ」公開も再開という事で安堵するのであった。
今朝は、共栄丸、大漁丸の両船には大漁旗が掲げられ、魚市場岸壁周辺は一層華やいだものとなった。

今日のヒラメ・・・ 836枚
posted by にゃー at 18:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月19日

去年よりずっと綺麗な魚市場

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:マイワシ 3.8トン、ウマヅラハギ 70キロ
「石橋」定置:休漁
「 岩 」定置:イシダイ 70キロ、クロダイ 50キロ
       ボラ 360キロ、ウマヅラハギ 50キロ
「原辰」定置:ウマヅラハギ 130キロ、ヒラメ 60キロ
       イシダイ 50キロ
「江の安」定:休漁
「二宮」定置:活イシダイ 250キロ
「福浦」定置:イシダイ 40キロ、スズキ 20キロ
       アオリイカ 20キロ
「大磯」定置:アカカマス、コウイカ ほか

止まない雨はなく、明けない夜はない。そして獲れる「イワシ」も、いつかは切れる。
そう。3月初旬から獲れ続けた「マイワシ」も徐々に徐々にその水揚げを減らしつつあるようです。
まだ味わっていないという人はお早めに。今朝は1匹250グラムもの超大物も混じるなど、依然として群れの魚は大きく、もう一盛り上がり期待できそうな気にもなりますが、2週間以上も続いた「イワシ」フィーバーの名残と言えば、そんな気もします。なごり「イワシ」。
雪のような鱗を散らし、魚市場で見る「イワシ」はこれが最後と君がつぶやく。
春が来て魚市場は、ますます綺麗になる予感。

今日のヒラメ・・・ 235枚
posted by にゃー at 17:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月18日

春魚市場ん吹きまくり

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:マイワシ 4.1トン ほか
「石橋」定置:休漁
「 岩 」定置:イシダイ 100キロ、クロダイ 85キロ
       ブリ 90キロ
「原辰」定置:カタクチイワシ 110キロ、イシダイ 90キロ
「江の安」定:イシダイ ほか
「二宮」定置:ウマヅラハギ 130キロ、ヒラメ 80キロ
「福浦」定置:カタクチイワシ 120キロ ほか
「大磯」定置:アカカマス ほか

ビュンビュンにかっ飛ばしております。
「ヒラメ」の水揚げ、かっ飛ばしております。
明日は風でどこまで仕事が出来るか?
本日予定されていた「石橋」定置の網入れは、強風の為、断念。漁の再開は明後日以降となりました。

今日のヒラメ・・・ 652枚
posted by にゃー at 19:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アブラガレイ

20140318_crow.jpg


またも国府津の刺し網に掛かった珍魚にして深海魚。略して珍海魚。
20140318_crowface.jpgそれにしてもこの精悍な顔つきとどす黒い体。うっすら開いた口から見える鋭い歯列。この魚から醸し出される怪しさ、最早尋常ではない。むしろ「珍怪魚」と呼ぶにふさわしい。
少し後ろ寄りに付いているヒレの感じなどから、なんとなく「ブラックバード」こと往年の超音速偵察機「SR-71」の姿を思い浮かべるのは私だけではないだろう。まさにビッグワンガムの花形だ。

20140318_crowura.jpg「アブラガレイ」と聞いてピンと来た人は、なかなかの食通。普段何を食べているか気にしながら食事をしている人に違いありません。そう、回転寿司屋さんで見掛ける「えんがわ」はほぼ間違いなくこの魚のものと言って過言でないそうです。
よく似ている魚に「カラスガレイ」がおりますが、論文により訂正。

確かに触った感じで縁側付近はプルンプルンしており、やはり深海魚の特徴であるコラーゲンタップリの肉質を感じました。この魚がベーリング海やオホーツク海に行くと1メートル近くにもなり、底曳きで大量に獲れるというのだから、驚き。それよりもまず、東北以北に分布とされるこの魚が相模湾で獲れる事にも驚きである(この個体が初記録と言う事)。

20140318_mizu.jpg昨日、同じく国府津の海岸では「ミズウオ」が揚がっていたという報告もあったそうだし、また深海から上昇してくる強力な湧水でもあったのでしょうか?

※2018年 「アブラガレイ」に訂正
posted by にゃー at 18:06| Comment(0) | TrackBack(0) | ギョッ!魚だらけの水泳大会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月17日

モヨウカスベ

20140130_moyokassbay.jpg
お、「カスベ」。
「しんのすけ、カムバ〜ック!」といえば「カスカベボーイズ」だが、こちらはヒレが美味しい「エイ」の仲間、「カスベ」である。

コモンカスベ」とよく似ているが、「コモン〜」が名の通り小さい斑点が特徴であるのに対し、「モヨウカスベ」は全身に広がる迷彩模様が特徴。
周辺漁場で獲れる数から見ても、個体数では圧倒的に「コモン〜」の方が多いと見られる。

獲れたのは今年1月後半。漁場は国府津の刺し網である。
posted by にゃー at 22:39| Comment(0) | TrackBack(0) | ギョッ!魚だらけの水泳大会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする