2014年03月15日

ザ・魚市場マンの願い

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:マイワシ 8.3トン、ホウボウ 220キロ
       ウマヅラハギ 180キロ
「石橋」定置:休漁
「 岩 」定置:ブリ 50キロ、活イシダイ 150キロ
       活クロダイ 100キロ、ボラ 110キロ
       ホウボウ 100キロ
「原辰」定置:活ヒラメ 60キロ ほか
「江の安」定:ウマヅラハギ 180キロ ほか
「二宮」定置:活ヒラメ 140キロ、ウマヅラハギ 250キロ
       ホウボウ 250キロ、活イシダイ 220キロ
「福浦」定置:カタクチイワシ 100キロ ほか
「大磯」定置:アカカマス 60キロ、タチウオ 80キロ

 伊豆方面からは、
「真鶴定置」:ブリ 170キロ、ウマヅラハギ 100キロ
「北川定置」:ブリ 840キロ(91本)、ヒラマサ 200キロ
「川奈杉本」:クロダイ 50キロ、アオリイカ 30キロ

それにしてもあんなデカイものがどこへ消えたのだろうか?
高度を変えて移動したにしても、そう易々と超えていくことが可能なのか?
次から次へと謎だらけである。目撃の証言もあり、ある程度の移動経路は捉えられ、一部では補足されているところもある様だが、最終目的地はどこなのか?果たして今も無事なのか、それとも・・・。
いや、あれだけの大きいものだ、このまま見つからないと言うこともあるまい。いつかは必ずどこかの網に入ることだろう。
それもかならず近いうちに。やはり活きの良い大きな「ブリ」は小田原の華。
垣網の高さを超えて泳がない限り、必ず網に掛かるであろう。暖かくなる前に是非、獲れてほしいと願うばかりである。

今日のヒラメ・・・ 456枚
posted by にゃー at 16:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする