2014年04月24日

めざせ満腹魚市場

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:アジ 1トン、イナダ 550キロ
       ヒラマサ 230キロ、ワラサ 360キロ
「石橋」定置:アジ 1.4トン、ヒラマサ 420キロ
       ブリ・ワラサ 350キロ
「 岩 」定置:アジ 340キロ、ヒラマサ 120キロ
       ボラ 420キロ、イシダイ 300キロ
       クロダイ 240キロ
「原辰」定置:アジ 170キロ、イシダイ 230キロ
       ヒラマサ 230キロ
「江の安」定:アジ 80キロ ほか
「二宮」定置:アジ 600キロ、ワラサ 120キロ
「福浦」定置:ヒラマサ 100キロ ほか
「大磯」定置:アジ 470キロ、アカカマス 300キロ

 伊豆方面からは、
「真鶴定置」:アジ 300キロ、サワラ・サゴシ 110キロ
       ヒラマサ 150キロ、ワラサ 180キロ
「川奈杉本」:ボラ 700キロ ほか
「川奈釣船」:釣キンメダイ 50キロ
「熱海丸網」:アカカマス 150キロ
「西伊豆釣」:釣イサキ 45キロ ほか

 東方面からは、
「平塚定置」:アジ 230キロ
「片瀬沖曳」:生シラス 530キロ
「茅ヶ崎船」:生シラス 130キロ
「湘南地引」:生シラス 60キロ

今朝は突如として「イナダ」の群れが「米神」定置に入網。量的にはまだまだだが、型も平均で今後に期待だ。「マアジ」は大型から中型まで各サイズ獲れており、今後のボリュームアップに期待する。「アカカマス」も各地で顔見せるも、まだまだ小型主体。今後の成長加速に期待したい。「生シラス」の方は、いよいよ「イワシ」の成長が加速してきて、すでに「マイワシ」の形が判明するくらいまでになってきた。「サバ」の稚魚も混じり、価値としては低下傾向。今後は「カタクチイワシ」の「シラス」が増えてくる事を期待する方向。「真鶴」の「サワラ」はすっかり小型化。一瞬のフィーバーに名残惜しいが、再びの「サワラ」回遊は是非とも期待したいところ。伊豆先の釣りモノでは「キンメダイ」が入荷して「イサキ」と共演。今後も引き続いて入荷を期待せざるを得ない。
以上の通り期待に夢膨らみ、お腹も膨らむ春の魚市場である。

今日のヒラメ・・・ 209枚
posted by にゃー at 19:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする