2018_fespos.jpg

2014年05月09日

𩺊〜アラ

20140508_arara.jpg

これほど「幻の魚」という称号が似合う魚は他にいないだろう。

魚篇に「荒」と書いて「アラ」。
えら蓋周辺にあるという毒のある棘、大きな口、ギラ付く眼光といい見るからに荒々しい面構えは、まさに「魚の王様」という称号もふさわしい。

図鑑などには1メートルを超えるものもいるというが、今では4キロを超えるサイズですら、メッキリとその姿を見られなくなった。

小田原でも年に数本しか揚がらないキロ上のサイズにあって、7キロというサイズは近年とんと見られなかった”超大物”と言えるサイズである。

相模湾から伊豆半島に掛けての「アラ」の深場釣りは昔から有名で、多くの太公望が挑戦しているが、なかなか本命に当たることがないという超難易度の高い釣りとしても有名。そんな「幻の魚」が定置網に入ったという。それも大磯「湘南定置」に。

これは珍事。

春の嵐に誘われたのか、コロコロ太った大磯の「マアジ」を追いかけてきたのか、普段は300メートル休の深海にいるといわれる魚が、100メートル未満の深さに位置する定置網にまで入ってくるとは、「アラ」の略は「アン・ラッキー」とでも言いたいくらい不幸な出来事であり、我々にとっては「あら?こんなところに幻が。」とでも言いたくなるほどのラッキーであり、実に複雑な事象として捉えられている。

注目の価格も当然”超”の付く高値で、もちろん当日の全魚種の中で最も高く、最近の漁獲された魚の中でもおそらく一番高かったのではないだろうか?
ちなみに価格的に最も近いのが地物の「オカイアワビ」と言えばわかりやすいだろう。

201310_KUE.jpg九州地方では一般的に「アラ」と称して「クエ(モロコ)」が流通しており、本物の「アラ」だと思って頼むと「あら?」という事になるそうなので、特に九州場所の時期などは要注意である(写真は「クエ」)。
posted by にゃー at 20:48| Comment(0) | TrackBack(0) | ギョッ!魚だらけの水泳大会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月08日

魚市場の回廊から抜け出せ

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:アジ 400キロ、ワラサ 2.5トン
       カタクチイワシ 960キロ
「石橋」定置:アジ 1.3トン、ワラサ 380キロ
「 岩 」定置:ワラサ 350キロ、アジ 450キロ
       カタクチイワシ 200キロ
「原辰」定置:カタクチイワシ 500キロ、アジ 80キロ
「江の安」定:アジ 230キロ ほか
「二宮」定置:アジ 610キロ、ワラサ 360キロ
       タチウオ 100キロ
「福浦」定置:アジ 150キロ、ウルメイワシ 70キロ
「大磯」定置:アジ 140キロ、マルアジ 100キロ

 伊豆方面からは、
「真鶴定置」:サバ 430キロ、ワラサ 380キロ
「川奈杉本」:メジナ 100キロ ほか

「ワラサ」もあって「アジ」もある。「イワシ」もあれば「サバ」もある。もはや魚市場として最強の称号を手に入れたと言っても過言である。まだ「カツオ」がない、「タイ」がない、「ヒラメ」が少ない、「シラス」が消えた。などなど揚げたらキリがないが、完璧の装備を獲得した様に見えても、どこかに一つは落ち度があるものだし、それが人間味を産み、愛嬌となる。「アジ」があればすべてがうまくゆく。であればよいのだが。
魚市場としての伸び代を残す余裕と言える内が花、その成長という名の見えない投資(浪費)に我々はどこまで耐えられるか。チキンレースのようであり、賽の河原のようでもある。未来はどこにあるのか、行き着く果てはどこにあるのか。
「僕の前に道はない、僕の後ろに道は出来る。」高村光太郎の言葉を思い出す。
posted by にゃー at 18:10| Comment(1) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月07日

水平思考から生まれる魚市場

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:アジ 800キロ ほか
「石橋」定置:アジ 4.1トン、ワラサ 460キロ
「 岩 」定置:アジ 1.2トン、イシダイ 370キロ
「原辰」定置:アジ 160キロ ほか
「江の安」定:アジ 100キロ ほか
「二宮」定置:アジ 1.5トン、アカカマス 530キロ
       スズキ 150キロ、ワラサ 570キロ
       ヒラマサ 100キロ、メジナ 100キロ
「福浦」定置:アジ 550キロ、アオリイカ 120キロ
「大磯」定置:アジ 350キロ ほか

 伊豆方面からは、
「真鶴定置」:サバ 230キロ、ヒラマサ 520キロ
「西伊豆釣」:釣イサキ ほか

 東方面からは、
「茅ヶ崎船」:生シラス 40キロ

20140507_manji.jpgどこを取っても横並び、「アジ」しか獲れていないかと思われがちな魚市場です。
天候も回復傾向で気温も上がり、魚市場を行き交う人も口々に「アジジ〜」「アジィ〜」と言ってるとかいないとか。これからどんどん気温が上がる気候になり、魚の善し悪しと同じくらいに氷の量までも気にしなくてはならない季節となって参ります。同じく「アジ」の漁もこれからどんどん増えていく傾向なら良いのですが、どうも連休明けての様子を見ていると、そう簡単に増えそうな気配で無いところがもどかしくも、歯がゆいのだ。
がしかし、こうして「アジ」が獲れているうちは平和が担保されている。それが小田原という土地なのだ。
まったくウクライナに見せてやりたい、この平和。である。
posted by にゃー at 18:11| Comment(1) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月06日

JAは"地アジ"の略の魚市場

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:アジ 2.9トン、カタクチイワシ 400キロ
       スルメイカ 110キロ
「石橋」定置:休漁
「 岩 」定置:アジ 2.5トン、ワラサ 1.1トン
「原辰」定置:アジ 600キロ ほか
「江の安」定:アジ 350キロ ほか
「二宮」定置:活イシダイ 50キロ
「福浦」定置:アジ 1.3トン、ヒラマサ 820キロ
       サバ 450キロ
「大磯」定置:アジ 570キロ、アカカマス 600キロ

和歌山  ・・・ (釣)カツオ 260キロ


今朝の「アジ」は、口に「ネンブツダイ」を加えたまま絶命しているものが多く、ある種、失楽園の死に様に通じる愛の形を思い起こさせたが、そういった意図はまるでなく、ただ単に逃げ惑う小魚が「アジ」の口の中に逃げ込んだだけだったようだ。
肝心の「アジ」については申し分なく、「シラス」増殖の効果もあって手頃なサイズで良好な脂肪を蓄えたメタボ型が増えており、非常に好評を博している。
世界卓球では愛ちゃんがいなくて銀メダルだったが、魚市場は「アジ」を擁して早くも今月の金メダル確定というところだろう。
posted by にゃー at 16:19| Comment(1) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月03日

魚市場にアジを取り戻せ

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:アジ 2.3トン、カタクチイワシ 330キロ
「石橋」定置:アジ 1トン、カタクチイワシ 430キロ
「 岩 」定置:アジ 1.3トン、カタクチイワシ 100キロ
「原辰」定置:アジ 2.7トン ほか
「江の安」定:アジ 290キロ ほか
「二宮」定置:アジ 930キロ、ワラサ 6.2トン
「福浦」定置:アジ 50キロ、ワラサ 70キロ
「大磯」定置:アカカマス 300キロ、マルアジ 200キロ

 伊豆方面からは、
「真鶴定置」:ワラサ 1.2トン
「川奈釣船」:釣キンメダイ 30キロ

と言ったか言わぬか、定置網はどこも「アジ」一色。連休直前の昨日の高値から、連休初日で中央市場休場の今朝は一転相場下落。それでも安値には安値なりの注文が集中、安定の人気に変わりはなかった。まさにジェットコースター相場。高低の魅力はまさに往年のクリスタルキングかレッド・ツェッペリンを思い出させる。
「ワラサ」も徐々にその目廻りを小さくしながら数も減らしております。その中、久々操業の「二宮」定置が往復水揚げを敢行し、大台1,000本の水揚げを記録(オカズ分も含む)。市内、お祭りムードの中、一箇統だけ気を吐きました。
次の営業は5月6日(火)となります。お間違えの無いように。
posted by にゃー at 17:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月02日

お得な魚市場がココにある

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:アジ 1.7トン、カタクチイワシ 2.3トン
       ヒラマサ 230キロ
「石橋」定置:アジ 2.7トン、カタクチイワシ 2.3トン
       ワラサ 1.3トン
「 岩 」定置:ワラサ 5.5トン、アジ 800キロ
       イシダイ 240キロ
「原辰」定置:アジ 170キロ ほか
「江の安」定:ワラサ 250キロ、アジ 330キロ
「二宮」定置:休漁
「福浦」定置:アジ 250キロ、アオリイカ 160キロ
「大磯」定置:アジ 360キロ、アカカマス 430キロ
       カタクチイワシ 300キロ

 伊豆方面からは、
「真鶴定置」:ワラサ 6トン
「熱海丸網」:アカカマス 50キロ
「富戸定置」:ヒラマサ 1トン

 東方面からは、
「茅ヶ崎船」:生シラス 110キロ

気が付けば「カタクチイワシ」がここまで獲れている。こりゃあ梅雨明けの「シラス」も約束されたようなものだ。後は天気さえ良ければ、と言うところか。
肝心の「生シラス」の現況はというと、ここ数日の天候の悪化でほとんど出漁できず、量もなく、市場にはほとんど並びませんでした。今朝、ようやく数十キロが並びましたが、いかんせん混じりもの(いわゆるチリメンモンスター)が多く、一級品は極めて少ない状況のようです。
明日は東京などの中央市場は軒並み休市、小田原のみ操業、営業となっておりますので、どうしても魚が少なくて困るという人は、勇んで小田原へ来てください。新鮮、元気な魚がアナタを待っています。
posted by にゃー at 18:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする