魚体中骨抜き器販売中

2014年05月08日

魚市場の回廊から抜け出せ

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:アジ 400キロ、ワラサ 2.5トン
       カタクチイワシ 960キロ
「石橋」定置:アジ 1.3トン、ワラサ 380キロ
「 岩 」定置:ワラサ 350キロ、アジ 450キロ
       カタクチイワシ 200キロ
「原辰」定置:カタクチイワシ 500キロ、アジ 80キロ
「江の安」定:アジ 230キロ ほか
「二宮」定置:アジ 610キロ、ワラサ 360キロ
       タチウオ 100キロ
「福浦」定置:アジ 150キロ、ウルメイワシ 70キロ
「大磯」定置:アジ 140キロ、マルアジ 100キロ

 伊豆方面からは、
「真鶴定置」:サバ 430キロ、ワラサ 380キロ
「川奈杉本」:メジナ 100キロ ほか

「ワラサ」もあって「アジ」もある。「イワシ」もあれば「サバ」もある。もはや魚市場として最強の称号を手に入れたと言っても過言である。まだ「カツオ」がない、「タイ」がない、「ヒラメ」が少ない、「シラス」が消えた。などなど揚げたらキリがないが、完璧の装備を獲得した様に見えても、どこかに一つは落ち度があるものだし、それが人間味を産み、愛嬌となる。「アジ」があればすべてがうまくゆく。であればよいのだが。
魚市場としての伸び代を残す余裕と言える内が花、その成長という名の見えない投資(浪費)に我々はどこまで耐えられるか。チキンレースのようであり、賽の河原のようでもある。未来はどこにあるのか、行き着く果てはどこにあるのか。
「僕の前に道はない、僕の後ろに道は出来る。」高村光太郎の言葉を思い出す。
posted by にゃー at 18:10| Comment(1) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする