2014年05月13日

困ったら駆け込み魚市場へ

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:スルメイカ 100キロ、小サバ 40キロ
「石橋」定置:ワラサ 160キロ、カタクチイワシ 140キロ
「 岩 」定置:スルメイカ 100キロ ほか
「原辰」定置:カタクチイワシ 190キロ ほか
「江の安」定:カタクチイワシ、小サバ ほか
「二宮」定置:活イシダイ 150キロ
「福浦」定置:アオリイカ 150キロ、ヒラマサ 250キロ
       アジ 100キロ、メジナ 150キロ
       ワラサ 180キロ
「大磯」定置:アジ 80キロ、カタクチイワシ 80キロ

 伊豆方面からは、
「熱海丸網」:アカカマス 180キロ ほか

って、魚が無いことに困った挙げ句に、魚が無くては話にならない。
特に「アジ」の不足は深刻だ。少なくとも6月までは獲れてくれなくては、「小田原アジ」の看板が泣いてしまう。明日の水曜日の一日、網を休ませて、木曜日にどれだけ顔を見ることができるか。あまり過度の期待は禁物だが、注目して見ることとしよう。
posted by にゃー at 17:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする