魚体中骨抜き器販売中

2014年05月23日

そして次は「魚市場の日」

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:アジ 1.1トン、スルメイカ 110キロ
       ワラサ 210キロ、カタクチイワシ 150キロ
「石橋」定置:休漁
「 岩 」定置:アジ 540キロ ほか
「原辰」定置:カタクチイワシ 720キロ ほか
「江の安」定:アジ、カタクチイワシ ほか
「二宮」定置:アジ 200キロ、サバ 800キロ
       アカカマス 150キロ、タチウオ 160キロ
「福浦」定置:スルメイカ 500キロ ほか
「大磯」定置:アジ 80キロ、ウルメイワシ 160キロ
       サバ 80キロ ほか

 伊豆方面からは、
「熱海丸網」:スルメイカ、アカカマス ほか

流通の中間に位置し、「クイズ100人に聞きました」で、今の世の中ゴキブリの次に無くなっても良いものとして必ず上位にランクインするキーワード。それが魚市場。
そんな魚市場を年に一度くらい懐かしむ、尊ぶ、そして思い出すような日があっても良い(のではないだろうか)。
posted by にゃー at 17:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする