2014年05月31日

魚市場の屋台骨を太くしろ

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:アジ 280キロ、スルメイカ 150キロ
       サバ 90キロ
「石橋」定置:アジ 1.6トン、スルメイカ 130キロ
「 岩 」定置:アジ 450キロ、小サバ 450キロ
「原辰」定置:カタクチイワシ 500キロ、ウルメ 80キロ
「江の安」定:カタクチイワシ 50キロ ほか
「二宮」定置:サバ 280キロ ほか
「福浦」定置:サバ 390キロ、メジナ 120キロ
「大磯」定置:マルアジ 180キロ、ウルメイワシ 220キロ
       カタクチイワシ 260キロ

 伊豆方面からは、
「真鶴定置」:ヒラマサ 170キロ
「西伊豆釣」:釣イサキ 180キロ ほか
「川奈杉本」:サバ 90キロ ほか
「富戸釣船」:ケンサキイカ 30キロ ほか
「沼津底曳」:マダイ、チダイ ほか

「アジ」、「サバ」、「イワシ」の青魚三役揃い踏み。DHA、EPAチャージ完了で5月が終わる。
ヒタヒタと聞こえる夏の足音を前に、ぼちぼち梅雨の声が聞こえてきて、暑くなる前にせめて体力作りに励みたいところ。その6月は何が獲れてくるのか?何が来るというのか。
まずは「イワシ」でカルシウムを補給して、インスタントな骨太男になろうと決めた。
posted by にゃー at 18:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする