魚体中骨抜き器販売中

2014年06月23日

すべての魚は魚市場に通ず

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:アジ 2.1トン、サバ 850キロ
「石橋」定置:休漁
「 岩 」定置:アジ 2.6トン、ワラサ 80キロ
       サバ 100キロ、小サバ 2.8トン
「原辰」定置:休漁
「江の安」定:アジ、スルメイカ ほか
「二宮」定置:アジ 480キロ、サバ 80キロ
「福浦」定置:サバ 120キロ、トビウオ 80キロ
       ウルメイワシ 90キロ
「大磯」定置:アジ 150キロ、サバ 2.4トン
       マルアジ 100キロ、ワカシ 1トン
       アカカマス 200キロ

 伊豆方面からは、
「川奈杉本」:サバ 60キロ、トビウオ 60キロ
「山下丸網」:ワラサ 1.9トン、イサキ 85キロ
「西伊豆釣」:イサキ 170キロ ほか

 東方面からは、
「茅ヶ崎船」:生シラス 50キロ

「アジ」が獲れてりゃ安心だ。大船に乗った気持ち、いや大型漁船に乗ったつもりで魚市場を楽しもう。
それにしても富岡製糸場が世界遺産に登録されたと言うが、一方でシルクロードがやっと世界遺産として登録されたという。
NHK特集の「シルクロード」を観て育った世代としては今更!?と少々驚きを隠せないが、5000キロにも及ぶ規模と数カ国の共同という複雑な事情も影響していたのかもしれない。とにかく、あのすばらしい遺跡群が登録されたという事は、人類共有の財産を守る意義として大変喜ばしい事と考える。
シルクロードと言えば、”絲綢之路”という名が示すとおり中国と欧州を結ぶ「絹」の交易路としての役目が有名だが、かつての漁師町・小田原でも、その揚がった魚を東海道から山間部へと運ぶ街道があった。そのような漁村から峠を抜ける魚輸送の歴史としては、北陸の「サバ街道」が有名だが、その昔、東海道線が今の御殿場線を経由して沼津へと抜けていた頃。山北周辺は一大ターミナルで多くの人間が出入り、働いていた。そこには巨大な食糧需要があり、当然、近場で揚がる小田原の魚は積極的に運ばれた。よって小田原から山北、丹沢への街道には今も多くの魚屋が残り、営業している。そこでは小田原市中心部ではもう見られなくなった食習慣や料理なども残っており、「オシツケ」の煮付けや「ソウダガツオ」を使った「塩ウズワ」など貴重な食文化を残す地域となっている。
同じ頃、小田原周辺には多数のみかん山があり、その農家に出入りする人たちも大変大きなマーケットを形成していた。その話はまた今度。
posted by にゃー at 18:47| Comment(1) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月21日

魚市場を野次ったのは誰だ

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:アジ 3トン、スルメイカ 180キロ
       サバ 570キロ、小サバ 480キロ
「石橋」定置:休漁
「 岩 」定置:休漁
「原辰」定置:ウルメイワシ 70キロ、小サバ 120キロ
       スルメイカ 70キロ
「江の安」定:アジ、小サバ ほか
「二宮」定置:アジ 350キロ、マルアジ 120キロ
       サバ 330キロ、小サバ 380キロ
「福浦」定置:ワラサ 230キロ、トビウオ 210キロ
       ウルメイワシ 300キロ
「大磯」定置:アジ 60キロ、ワカシ 1.2トン
       サバ 860キロ、小サバ 440キロ

 伊豆方面からは、
「川奈杉本」:サバ 250キロ ほか
「川奈釣船」:釣キンメダイ 20キロ
「西伊豆釣」:釣イサキ 80キロ、釣メバル 80キロ
「沼津底曳」:マダイ 70キロ ほか

 東方面からは、
「平塚定置」:ワカシ 1.2トン
「腰越定置」:ウルメイワシ 40キロ ほか
「三浦釣船」:釣メダイ 50キロ、釣クロムツ 20キロ

週末になると魚の需要が増え、活気が出てくるのは結構なのだが、おかげでセリが白熱し、飛び交う怒号と我先に買わんとする気迫のぶつかり合いで市場の中は興奮おかまいなし。それに紛れて余計な事を言い出す輩まで現れて、こっちは惑わされるやら、面倒くさいやらで対応に苦慮。
真剣勝負の中にあって、仕事と冗談を割り切れない非常識な大人は、今更ながらにご勘弁。もう一度、学校へ行かせて一から教えてやりたいものですね。
posted by にゃー at 16:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月20日

魚市場を青く染めた結果

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:休漁
「石橋」定置:アジ 1.4トン、サバ 2.2トン
       マルアジ 180キロ、アカカマス 160キロ
       スルメイカ 330キロ、小サバ 3.9トン
「 岩 」定置:休漁
「原辰」定置:アジ 140キロ、ウルメイワシ 90キロ
「江の安」定:アジ 60キロ ほか
「二宮」定置:アジ 230キロ、サバ 170キロ
       小サバ 340キロ
「福浦」定置:ウルメイワシ 420キロ、トビウオ 190キロ
「大磯」定置:サバ 3.3トン、ワカシ 1.4トン

 伊豆方面からは、
「真鶴定置」:アジ 160キロ、ウルメイワシ 150キロ
       アカカマス 460キロ
「山下丸網」:イサキ 180キロ、ワラサ 140キロ

 東方面からは、
「腰越定置」:ウルメイワシ 100キロ ほか

魚市場全体を「アジ」、「サバ」、「ワカシ」、「イワシ」、「ワラサ」、「トビウオ」等々の青魚でサムライブルーに染め上げ、全社を挙げてギリシャ戦に備えた応援態勢を執った。しかし、その甲斐虚しく同点という結果に終わってしまった。一次リーグの自力突破は不可能となったという事である。
今回は青魚の数的有利に対し、少数精鋭の「イサキ」、「コチ」、「ヒラメ」といった天然白身軍団は、積極的平和主義という名の下に集団的自衛権行使というカードを用いて、青魚の支配下にありながらも失点を0に抑える事にまんまと成功した。果たしてこのスコアレスドローという結果は、青魚の決定力のある攻撃力の無さが原因か、白身魚の鉄壁の防衛力をたたえるべきなのか。
まずは解釈の変更で、青魚と白身魚の均衡とは青と白のストライプからなるギリシャの国旗を象徴し、実はどっちつかずの応援になっていたというオチで誤魔化すしかなさそうである。
決勝トーナメントへ進むためには最後の戦いとなるコロンビア戦で必ず勝つ事が最低条件となるそうなので、魚市場としてはコロンコロンした「クロマグロ」か「マンボウ」でも用意して、ビール片手に解体ショーでもやるしかないのではないかと考えているが、実は来週の水曜日が休市日と重なるというこれもひどいオチ。
posted by にゃー at 18:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月19日

魚市場をこじ開けろ

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:アジ 2.8トン、サバ 280キロ
       小サバ 960キロ
「石橋」定置:休漁
「 岩 」定置:休漁
「原辰」定置:ウルメイワシ 100キロ、小サバ 60キロ
「江の安」定:サバ、チダイ ほか
「二宮」定置:アジ 1.1トン、サバ 1.3トン
「福浦」定置:ウルメイワシ 300キロ、サバ 280キロ
       スルメイカ 180キロ
「大磯」定置:サバ 930キロ、小サバ 1.8トン
       ワカシ 240キロ、マルアジ 180キロ

 伊豆方面からは、
「真鶴定置」:アジ 260キロ、アカカマス 430キロ
       ウルメイワシ 190キロ
「川奈杉本」:サバ 210キロ ほか
「西伊豆釣」:釣イサキ 220キロ ほか
「山下丸網」:ワラサ 2.9トン(562本)、イサキ 150キロ

穏やかな天気に恵まれた梅雨の中休み。海も凪いで、よもや・・・の期待もソコソコに「アジ」やら「ワラサ」、そして「サバ」の安定水揚げ。休漁中の定置網もあり、思ったよりも少なめという印象だが、それでも休み明けであり、これでも多かった方なのではないかと思われる。このところの暑さと天候の不順もあって、どうやら魚も減少傾向か?
この落ち込みを打開する一発を明日は期待したい。
posted by にゃー at 16:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月17日

こんな魚市場に誰がした

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:アジ 790キロ、ウルメイワシ 150キロ
       サバ 3トン
「石橋」定置:休漁
「 岩 」定置:アジ 5トン、サバ 1.8トン
       スルメイカ 100キロ
「原辰」定置:サバ、スルメイカ ほか
「江の安」定:サバ 70キロ ほか
「二宮」定置:サバ 220キロ ほか
「福浦」定置:ウルメイワシ 300キロ、サバ 200キロ
「大磯」定置:サバ 1.2トン、ワカシ 700キロ

 伊豆方面からは、
「真鶴定置」:アジ 940キロ、スルメイカ 150キロ
「西伊豆釣」:釣イサキ 100キロ ほか
「川奈釣船」:釣キンメダイ 50キロ

今朝は「ゴマサバ」が各地で目立ち、「アジ」は「岩」定置網に集中した。
「アジ」は相変わらずの250グラムの大型中心で、小田原で人気の100グラムチョイというところはほとんど見えていない、時折「大磯」あたりの網に入るのだが、それも今ひとつ安定していない。今年の特徴と言えるだろう。
posted by にゃー at 16:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月16日

勝つも負けるも魚市場

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:アジ 2.5トン、ウルメイワシ 290キロ
       サバ 4.6トン
「石橋」定置:休漁
「 岩 」定置:アジ 1.4トン、スルメイカ 290キロ
       サバ 390キロ、イナダ 500キロ
       小サバ 560キロ
「原辰」定置:アジ 180キロ、ウルメイワシ 50キロ
「江の安」定:アジ 40キロ ほか
「二宮」定置:アジ 200キロ、マルアジ 170キロ
       ジンダ 150キロ、サバ 330キロ
「福浦」定置:ウルメイワシ 800キロ、サバ 550キロ
       スルメイカ 250キロ
「大磯」定置:マルアジ 80キロ、ワカシ 760キロ
       サバ 470キロ

 伊豆方面からは、
「真鶴定置」:アジ 480キロ、シイラ 100キロ
       スルメイカ 130キロ
「川奈杉本」:アオリイカ 25キロ ほか
「山下丸網」:サバ 220キロ、ワラサ 50キロ

 東方面からは、
「茅ヶ崎船」:生シラス 100キロ

今日、「岩」定置に見えた「イナダ」。1.5キロ前後の良い型で、なかなかの好魚体。明日も獲れるか期待したい・・・。
ちなみに「岩」定置、今週後半は事情により休漁を予定しているので、「イナダ」が獲れたにしても、その恩恵に預かれるのは、今週は明日だけとなる。
他の定置でも見られるかどうかは、未知数であり、今朝の「アカカマス」の漁獲急減を見ても分かるとおり、あまり過度な期待はしない方が良い海況を象徴していると考えられる。ま、期待半分で獲れればラッキーというくらいが丁度良いのかも知れない。
posted by にゃー at 15:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする