魚体中骨抜き器販売中

2014年06月06日

青富士の季節に蒼い魚市場

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:アジ 200キロ、アカカマス 140キロ
       サバ 300キロ、カタクチイワシ 650キロ
「石橋」定置:アジ 1.4トン、サバ 530キロ
       シイラ 150キロ
「 岩 」定置:シイラ 4.7トン、アカカマス 250キロ
       アジ 70キロ
「原辰」定置:ウルメイワシ 340キロ、カタクチ 670キロ
「江の安」定:スルメイカ 150キロ、シイラ 100キロ
「二宮」定置:休漁
「福浦」定置:ワラサ 240キロ、サバ 140キロ
       マイワシ 250キロ
「大磯」定置:ウルメイワシ 120キロ、ワカシ 500キロ

 伊豆方面からは、
「真鶴定置」:シイラ 780キロ
「熱海丸網」:ジンダ 40キロ、オキヒイラギ 20キロ

大島釣船  ・・・ (釣)メダイ  650キロ

灰色の空の下、雨の中にもかかわらず青い魚が市場を埋め尽くしております。「アジ」よりも小さい「ワカシ」も多いが、今朝は久々「ワラサ」もまとまった。大小様々のバラエティで誰でも満足の品揃えとなっております。明日は青魚の代表「クロマグロ」が来る!?境港にも負けない魚であることを祈る!?
posted by にゃー at 17:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月05日

魚市場におけるキングカズ

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:アジ 100キロ、スルメイカ 100キロ
       サバ 120キロ、カタクチイワシ 1トン
「石橋」定置:アジ 1.5トン、カタクチイワシ 100キロ
       サバ 520キロ
「 岩 」定置:アジ 150キロ、シイラ 1.1トン
       サバ 60キロ、ヒラマサ 100キロ
「原辰」定置:カタクチイワシ 2.5トン、シイラ 170キロ
       サバ 180キロ、アジ 30キロ
「江の安」定:アジ 30キロ ほか
「二宮」定置:アジ 580キロ、サバ 1.8トン
「福浦」定置:アジ 240キロ、スルメイカ 580キロ
       サバ 170キロ、アカカマス 100キロ
       タチウオ 40キロ
「大磯」定置:アジ 90キロ、マルアジ 180キロ
       ウルメイワシ 140キロ、サバ 300キロ
       ワカシ 1.2トン、ジンダ 80キロ

 伊豆方面からは、
「真鶴定置」:シイラ  700キロ、サバ 200キロ
「川奈杉本」:メジナ 80キロ、トビウオ 50キロ
「川奈釣船」:釣キンメダイ 30キロ
「西伊豆釣」:釣イサキ 130キロ ほか
「熱海丸網」:アカカマス 120キロ
「山下丸網」:イサキ 80キロ、ウルメイワシ 290キロ

キング「アジ」の入網はまだ続きます。
西から東から魚は集まり続けております。
おつおつおつ。
posted by にゃー at 19:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月03日

山手に新駅、魚市場に辟易

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:アジ 190キロ、小サバ 120キロ
       サバ 140キロ、カタクチイワシ 1.1トン
       スルメイカ 100キロ
「石橋」定置:アジ 1.6トン、カタクチイワシ 100キロ
       サバ 160キロ
「 岩 」定置:アジ 110キロ、小サバ 120キロ
「原辰」定置:カタクチイワシ 1.2トン ほか
「江の安」定:シイラ 50キロ、チダイ 15キロ
「二宮」定置:ウルメイワシ 230キロ、サバ 2.8トン
「福浦」定置:休漁
「大磯」定置:ウルメイワシ 140キロ、ワカシ 600キロ

 伊豆方面からは、
「真鶴定置」:シイラ 1.1トン、スルメイカ 100キロ
「沼津底曳」:チダイ、マダイ ほか
「川奈釣船」:釣キンメダイ 65キロ
「熱海丸網」:アカカマス、トビウオ ほか
「西伊豆釣」:釣イサキ 130キロ ほか

大島釣船  ・・・ (釣)メダイ  400キロ

♪毎日毎日、僕らは鉄火場の〜と言うことで、今日もどっさり魚が揚がりましたよ。6月というのに暑かったり、梅雨の予行練習かすっきりしない天気になったりの不安定な気候の中、魚だけは安定の取れ高を保っております。とはいえ、中身はどうかとよく見れば「・・・」も否めないところ。しかし、まだ「アジ」の姿が見えてるだけ良しとして、明日の水曜休市日にどれだけ魚が網に貯まるか、翌木曜日を期待して待ちたいと思う。
posted by にゃー at 17:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月02日

スーパークール魚市場

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:アジ 220キロ、サバ 300キロ
       スルメイカ 550キロ
「石橋」定置:アジ 1.2トン、サバ 160キロ
       スルメイカ 100キロ
「 岩 」定置:シイラ 1.2トン、アジ 220キロ
       サバ 160キロ
「原辰」定置:カタクチイワシ 750キロ ほか
「江の安」定:休漁
「二宮」定置:休漁
「福浦」定置:サバ 620キロ、スルメイカ 190キロ
「大磯」定置:ワカシ 370キロ、ウルメイワシ 220キロ
       アジ 110キロ、サバ 170キロ
       アカカマス 120キロ、マルアジ 120キロ

 伊豆方面からは、
「真鶴定置」:シイラ 600キロ
「西伊豆釣」:釣イサキ 170キロ、釣スルメ 50キロ
「川奈杉本」:アオリイカ、サバ ほか
「川奈釣船」:釣キンメダイ 50キロ

本格的に暑くなってきたが、それにしてもまだ6月だというのにこの暑さ。困ったものである。
ついこないだまで寒い寒い、まだ「ヒラメ」の時期だ。なんて言っていたかと思ったら、気が付けばこの有様。まだ夏じゃない・・・と思っては見ても、すでに気温は30℃になんなんとしている。現実はもろ夏である。
季節感のズレや漁獲される魚の時期的なズレは言われて久しいが、今年もまだ半分も過ぎていないというのにこの暑さでは魚だって困っている事だろう。
水揚げの魚を見ても冬の魚と夏の魚がゴッチャに獲れているようだし、なるほど獲れている魚の種類が増えていると思ったら、そういうことだったのかと納得しながら、旬の無くなりつつあるこの時代を寂しく思い、今日も戸惑う魚の気持ちを憂うのであった。
posted by にゃー at 17:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする