2014年06月09日

鈴なり魚市場のようなもの

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:アジ 200キロ、サバ 430キロ
「石橋」定置:アジ 800キロ、サバ 200キロ
       アカカマス 420キロ
「 岩 」定置:イナダ 100キロ、スルメイカ 90キロ
「原辰」定置:アカカマス 230キロ ほか
「江の安」定:カタクチイワシ ほか
「二宮」定置:アジ 250キロ、サバ 700キロ
       アカカマス 250キロ、小サバ 200キロ
「福浦」定置:ブリ 2.1トン、スルメイカ 400キロ
       サバ 200キロ
「大磯」定置:アジ 670キロ、アカカマス 320キロ
       ウルメイワシ 180キロ、ワカシ 550キロ
       サバ 560キロ

 伊豆方面からは、
「真鶴定置」:アジ 3トン
「川奈釣船」:釣キンメダイ 85キロ
「沼津底曳」:マダイ・チダイ 30キロ
「熱海丸網」:アカカマス 80キロ ほか
「西伊豆釣」:釣イサキ 170キロ ほか
「山下丸網」:イサキ 50キロ、小ムツ 30キロ

今朝も魚市場は、水揚げられたばかりの新鮮な魚でギュウギュウ詰め。先週の悪天候の影響と休みを挟んだ事もあって「アジ」やら「カマス」やらと多種多量の魚が集まった。「ブリ」や「ワラサ」の他にも「イナダ」や「ワカシ」までも揃って、小田原に「ブリ」ファミリーが総動員の最早、魚市場劇場。
他にも「サバ」や「イサキ」、釣りの「キンメダイ」などなんでもござれの大盤振る舞いで、なんとか捌くのに時間は掛かったが、今朝も魚は綺麗になくなりました。
今週も天候の不安定な日が続くようですが、雨の止んだ合間を縫って、巧みな職人技の水揚げを期待したいと思います。
posted by にゃー at 18:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする