2014年06月14日

魚市場道は食う事と見つけたり

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:ウルメイワシ 470キロ、サバ 450キロ
       スルメイカ 360キロ、小サバ 240キロ
「石橋」定置:サバ 450キロ、スルメイカ 480キロ
「 岩 」定置:ワカシ 190キロ、スルメイカ 130キロ
       小サバ 680キロ、アカカマス 350キロ
       シイラ 160キロ
「原辰」定置:ウルメイワシ 1.9トン、マイワシ 140キロ
       小ハガツオ 220キロ
「江の安」定:ウルメイワシ 60キロ ほか
「二宮」定置:アジ 180キロ、ワカシ 130キロ
       サバ 420キロ、マルアジ 340キロ
「福浦」定置:ワラサ 2.2トン、ワラサ 270キロ
「大磯」定置:アジ 100キロ、サバ 110キロ
       ワカシ 820キロ

 伊豆方面からは、
「山下丸網」:ワラサ 900キロ、イサキ 290キロ
「川奈杉本」:アオリイカ 50キロ、トビウオ 70キロ
「熱海丸網」:ジンダ 50キロ

 東方面からは、
「国府津船」:生シラス 50キロ

今年は異常なくらいに「カツオ」が釣れず、水揚げがないが、ここに来て沿岸の定置網に「ハガツオ」の子どもが増えている。「アジ」くらいの小さいサイズから獲れ始めていたが、このところ一回り大きくなってようやく使えそうなサイズにまでなってきている。例年なら瞬間的に獲れておしまいという魚だが、今年は「ハガツオ」が居着いているのか、通り道なのか、春先からずっと小規模な群れながらも定置網に入り続けている。
このまま、秋まで1キロくらいのサイズになるまで獲れ続けてくれると良いと思うが。果たしてどうなるか。
20140614_hosan.jpg「ハガツオ」は、小田原では特に「ホウサン」と呼ばれ、珍重する人も多い。その「マグロ」が柔らかくなったような食感と薄い赤みの色合いは好き嫌いの分かれるところだが、私などは好きな方で、刺身にすると「カツオ」のような血なまぐささもなく、「マグロ」ほどのきめ細かくもなく、かといって味わいが薄い訳でもなく、脂がない訳でもない。非常に食べやすい魚として記憶しており、その尖った顔つきを見掛けると無性に食べたくなる性分なのである。
posted by にゃー at 16:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする