魚体中骨抜き器販売中

2014年07月08日

骨折り損でガッポリ魚市場

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:サバ 160キロ、マイワシ 160キロ
       シイラ 100キロ
「石橋」定置:ジンダ 160キロ、サバ 330キロ
       小サバ 180キロ
「 岩 」定置:スルメイカ 320キロ、シイラ 430キロ
「原辰」定置:ジンダ 130キロ、ヤマトカマス 100キロ
「江の安」定:サバ、ヤマトカマス ほか
「二宮」定置:アジ 160キロ、サバ 170キロ
       ウルメイワシ 800キロ
「福浦」定置:シイラ 670キロ、ワカシ 160キロ
       ジンダ 170キロ
「大磯」定置:アジ 660キロ、サバ 200キロ
       ワカシ 560キロ、アカカマス 190キロ

 伊豆方面からは、
「西伊豆釣」:釣イサキ、釣メバル ほか
「熱海丸網」:ジンダ、ヒイラギ ほか

 東方面からは、
「平塚定置」:ワカシ 240キロ
「片瀬沖曳」:生シラス 200キロ

和歌山・・・ 釣メバチ 200キロ、釣カツオ 130キロ

着実に北上をしている台風8号は、週の後半にかけ本州を横断もしくはそれに近い形で通過していく予報円が提示されており、今後の動きにますますの警戒が必要であるとともに、全く予断を許さない状況となりつつある。特に木曜から金曜にかけては、ネイマールを骨折させた選手同様、出勤しても無事に家に帰れるのかどうか心配な状況であり、定置網を中心とする小田原の漁業に関しても、動き次第では休み明けから休漁の動きが出ることは必至。特に最接近となる金曜日の操業は、ほぼ期待できないとする見方が強くなっている。今朝は、それを見越したバイヤーたち動きもあって全体に相場はかなり強め推移となっていた。休み明けも週末に掛けて魚が全国的に少ないことは明らかであり、同様の動きが続くものとみられる。
posted by にゃー at 13:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月07日

仏の魚市場が龍神と化す日

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:サバ 440キロ、マイワシ 280キロ
       シイラ 220キロ
「石橋」定置:アジ 190キロ、サバ 1.2トン
       小サバ 260キロ、ワカシ 170キロ
「 岩 」定置:サバ 160キロ、シイラ 160キロ
「原辰」定置:サバ 100キロ、ヤマトカマス 100キロ
「江の安」定:サバ 220キロ ほか
「二宮」定置:アジ 620キロ、サバ 960キロ
       ウルメイワシ 830キロ、小サバ 600キロ
「福浦」定置:ウルメイワシ 120キロ、シイラ 1.8トン
「大磯」定置:アジ 230キロ、サバ 3トン
       小サバ 1.2トン、アカカマス 120キロ
       ハガツオ 440キロ、ワカシ 820キロ

 伊豆方面からは、
「真鶴定置」:サバ 120キロ、スルメイカ 110キロ
       シイラ 150キロ
「山下丸網」:イサキ 70キロ、サバ 50キロ
「西伊豆釣」:釣イサキ 130キロ、スルメイカ 110キロ
「川奈杉本」:シイラ、ワカシ ほか
「熱海丸網」:ジンダ、ウルメイワシ ほか

 東方面からは、
「片瀬沖曳」:生シラス 130キロ

和歌山 ・・・(釣)キンメダイ  400キロ

週末の最強(?)台風接近で今週の魚が全国的に心配される中、週明けの月曜らしく魚市場には魚が溢れました。しかし、その中身と言えば「サバ」や「シイラ」が多かったですが、「小サバ」や「小マイワシ(ヒラゴイワシ)」も相変わらず多く、対して激減した「アジ」を求めて多くの買受人は場内を走り回っておりました。
明日もまだまだ大漁が期待されており、中でも注目は釣りの「カツオ」や「マグロ]の入船が予定されており、その相場が早くも注目されております。
posted by にゃー at 15:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月05日

夏季の過渡期の魚市場

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:サバ 100キロ、ヤマトカマス 50キロ
「石橋」定置:アジ 170キロ、サバ 150キロ
       小サバ 160キロ
「 岩 」定置:サバ 290キロ、シイラ 260キロ
「原辰」定置:サバ、シイラ ほか
「江の安」定:サバ 90キロ ほか
「二宮」定置:アジ 100キロ、小サバ 1.6トン
       サバ 2.1トン
「福浦」定置:ウルメイワシ 460キロ、シイラ 470キロ
「大磯」定置:サバ 2.6トン、小サバ 1.1トン
       ハガツオ 120キロ

 伊豆方面からは、
「山下丸網」:小サバ 1.1トン、ウルメイワシ 80キロ
「川奈杉本」:シイラ、トビウオ ほか
「熱海丸網」:ジンダ 50キロ

 東方面からは、
「片瀬沖曳」:生シラス 130キロ
「茅ヶ崎船」:生シラス 50キロ

ここに来て数を増やしているのは「サバ」ばかり。クビトバの様な「サバ」とブシャールの様な「小サバ」。量的には拮抗しているが、どうやらここは貫禄のクビトバが有利か。
「大磯」で獲れている「ハガツオ(ホウサン)」の子どもも大きくなってきたし、「米神」で獲れた「ヤマトカマス(ミズカマス)」もまとまってきた。「生シラス」は逆に細かめの新たなる群れの出現があるやら、今後の成長が楽しみな魚ばかりの相模湾になってきた。
posted by にゃー at 15:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月04日

タナボタ魚市場

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:サバ 400キロ、マイワシ 650キロ
「石橋」定置:アジ 600キロ、サバ 1トン
       小サバ 400キロ
「 岩 」定置:サバ 470キロ ほか
「原辰」定置:サバ 220キロ、カタクチイワシ 350キロ
「江の安」定:休漁
「二宮」定置:サバ 5.4トン、小サバ 2.7トン
「福浦」定置:シイラ 270キロ、ウルメイワシ 330キロ
       サバ 190キロ
「大磯」定置:サバ 680キロ、小サバ 160キロ
       ワカシ 710キロ

 伊豆方面からは、
「西伊豆釣」:スルメイカ 120キロ ほか
「川奈釣船」:釣キンメダイ 35キロ
「山下丸網」:ウルメイワシ、サバ ほか

 東方面からは、
「片瀬沖曳」:生シラス 130キロ
「茅ヶ崎船」:生シラス 25キロ
「国府津船」:生シラス 20キロ

大島  ・・・ (釣)メダイ  460キロ
和歌山 ・・・ (釣)マグロ 630キロ、(釣)キンメ 340キロ
        (釣)カツオ  100キロ

今年も七日を無視した週末開催で行われる「湘南ひらつか七夕まつり」、露店の塩焼き用の「アユ」が売られると、毎年夏が来たなあ〜と思う今朝は、いろいろボリュームありました。釣り船の「マグロ」は「メバチ」と「キハダ」がワラワラあって山でした。「サバ」は昨日より増量で山でした。「生シラス」も次から次で山でした。
そして小田原・早川の定番はもちろん「小田原みなとまつり」。今年もやります。と言うことで上にポスターをご紹介。今年は8月になってすぐですから、忘れず今からカレンダーに赤丸だ。
posted by にゃー at 16:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月03日

魚市場の決まり文句

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:サバ 550キロ、小サバ 170キロ
「石橋」定置:アジ 750キロ、サバ 400キロ
「 岩 」定置:サバ 1.4トン、スルメイカ 170キロ
「原辰」定置:カタクチイワシ 1.8トン ほか
「江の安」定:サバ 450キロ、カタクチイワシ 90キロ
「二宮」定置:アジ 130キロ、サバ 3.5トン
       小サバ 2.8トン
「福浦」定置:ウルメイワシ 370キロ、シイラ 640キロ
       サバ 150キロ
「大磯」定置:サバ 1.2トン、ワカシ 970キロ

 伊豆方面からは、
「西伊豆釣」:釣イサキ 120キロ、釣スルメイカ 170キロ
「川奈釣船」:釣キンメダイ 45キロ ほか
「川奈杉本」:ヒラマサ、トビウオ ほか
「山下丸網」:サバ 130キロ ほか

 東方面からは、
「片瀬沖曳」:生シラス 220キロ

和歌山 ・・・(釣)カツオ 230キロ、マグロ 150キロ

「二度と同じ過ちはしない」
これに何度だまされた事か。
鋼色の空から落ちるは、憲法の涙か。
最後は号泣。これ鉄則。
日本の未来を憂う夏。
posted by にゃー at 19:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月02日

蛸庭にある魚市場

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:サバ 270キロ、カタクチイワシ 350キロ
「石橋」定置:アジ 1.1トン、サバ 150キロ
「 岩 」定置:シイラ 110キロ、小サバ 90キロ
「原辰」定置:サバ 50キロ ほか
「江の安」定:休漁
「二宮」定置:アジ 100キロ、サバ 1.6トン
       小サバ 1.3トン
「福浦」定置:シイラ 340キロ、サバ 100キロ
「大磯」定置:サバ 1.6トン、ワカシ 1.6トン
       小サバ 1トン

 東方面からは、
「茅ヶ崎船」:生シラス 30キロ
「片瀬沖曳」:生シラス 200キロ

田植えの終わったこの頃、作物が「タコ」の足のように根がしっかりと張るようにと雑節「半夏生」の習慣が始まったらしい。地方によっては「サバ」や「うどん」を食べるなど、各地にそれぞれの習慣があるそうです。「タコ」が買えなかった私は、リンゴの名曲「オクトパス・ガーデン」を頭の中でリピートさせ続けています。「ブクブクブク・・・」。
そんな今日は今年のちょうど中間となる「一年の折り返しの日」です。今年も半分終わりました。
今年の水揚げはいかがでしょうか?前半は少なめ推移でしたが、「ヒラメ」や「イシダイ」は昨年比減でした。そこそこ獲れていた印象ですが、さらに5月頃から「アジ」が増えてきて継続したので近海漁場としては、水揚げ的にまあまあというところでしょうか。
これから夏にかけ「アジ」は減ってくるでしょうが、今日あたりの「サバ」の多さをみていると、まだまだ何かが獲れそうな気がします。何かが獲れなくては始まらない魚市場としては、今年の後半もいろいろな魚が捕れてくれることを願うばかりです。
posted by にゃー at 17:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする