2014年07月18日

魚市場を訪ねて三千円

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:小サバ 14.7トン ほか
「石橋」定置:サバ 1.1トン、ウルメイワシ 180キロ
「 岩 」定置:クロマグロ 65キロ、シイラ 100キロ
「原辰」定置:ウルメイワシ 190キロ、小サバ 520キロ
       ヤマトカマス 120キロ
「江の安」定:小サバ 90キロ ほか
「二宮」定置:小サバ 760キロ、ウルメイワシ 370キロ
       マイワシ 70キロ
「福浦」定置:サワラ・サゴシ 490キロ、サバ 100キロ
       ワカシ 260キロ
「大磯」定置:サバ 380キロ、マイワシ 1.7トン
       ワカシ 100キロ

 伊豆方面からは、
「山下丸網」:アジ 70キロ、スルメイカ 230キロ
       小ケンサキイカ 100キロ

 東方面からは、
「佐島釣船」:釣カツオ 80キロ、釣キハダ 70キロ
「片瀬沖曳」:生シラス 200キロ
「茅ヶ崎船」:生シラス 100キロ
「国府津船」:生シラス 30キロ
「江ノ島網」:サワラ・サゴシ 410キロ、ハガツオ 120キロ

和歌山 ・・・釣カツオ 70キロ、釣キンメダイ 150キロ

八丈島からココまで16時間。ノンストップ、カットビ、不眠不休。普通に遠い。この漁場。
水揚げ「小田原」。まさしく小田原産。この不思議。このなぞなぞ。「カツオ」もまだまだ小さいし、釣れてない。今年の群れはどこへ行ってしまったのか?隠密捜索隊を直ちに全国へ派遣すべし。
posted by にゃー at 15:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする