2014年07月31日

魚市場の天寿を全うせよ

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:ウルメイワシ 500キロ、サバ 800キロ
       マイワシ 1.8トン、小サバ 2トン
「石橋」定置:ウルメイワシ 270キロ、サバ 590キロ
       マイワシ 200キロ、小サバ 300キロ
「 岩 」定置:シイラ 350キロ、ヤマトカマス 140キロ
       サバ 100キロ、小サバ 800キロ
「原辰」定置:マイワシ 720キロ、小サバ 470キロ
「江の安」定:休漁
「二宮」定置:サバ 270キロ、ウルメイワシ 160キロ
       マイワシ 670キロ、小サバ 80キロ
「福浦」定置:サワラ 4.2トン、サバ 300キロ
「大磯」定置:休漁

 伊豆方面からは、
「山下丸網」:イサキ 290キロ ほか
「川奈杉本」:シイラ 70キロ、ヤマトカマス 50キロ
「川奈釣船」:釣キンメダイ 30キロ
「西伊豆釣」:釣スルメイカ 190キロ、釣イサキ 80キロ
「沼津底曳」:マダイ 130キロ ほか

 東方面からは、
「片瀬釣船」:釣カツオ 65キロ
「佐島釣船」:釣カツオ 1トン、釣キハダ 190キロ
「湘南沖曳」:生シラス 45キロ
「国府津船」:生シラス 35キロ

日本人男子の平均寿命がようやく80を超えた。
80年も生きると言うのは、実に大変なことだ。想像するより難しいだろう。
今から80年前というと1934年(昭和9年)である。もはや歴史の話である。しかし、すでに小田原魚市場はあった(らしい)。誰も当時の姿を知らないが、記録には残っている。話は変わるが、アメリカの「ウニ」の仲間には200年も生きるものがいるらしい。
さて100年以上もの歴史がある小田原の魚市場の中で、一日たりとて同じ水揚げの日はない。毎日、船が網を揚げ、漁師が魚を釣ってくるが、一日として同じ水揚げの日はない。季節ごとに揚がる旬の地魚はあるが、微妙な季節のズレや群れの大きさ、潮の流れや魚の回遊の量、頻度は毎年違う。長い積み重ねがこの会社の歴史を分厚いものにしている。同じく社の信頼も積み重ね、より厚いものにしなくてはと改めて思う夏の盛りである。
posted by にゃー at 17:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする