2014年08月04日

人気は妖怪魚市場ッチ

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:小サバ 640キロ、ハガツオ 430キロ
       シイラ 200キロ、マイワシ 200キロ
       ヤマトカマス 100キロ
「石橋」定置:小サバ 920キロ、小アジ 130キロ
       ウルメイワシ 130キロ、ハガツオ 90キロ
       ヤマトカマス 400キロ
「 岩 」定置:ヤマトカマス 400キロ、シイラ 900キロ
       ウルメイワシ 100キロ、小アジ 170キロ
       小サバ 790キロ、マイワシ 270キロ
「原辰」定置:マイワシ 430キロ、小サバ 240キロ
       ヤマトカマス 110キロ、ムロアジ 130キロ
「江の安」定:休漁
「二宮」定置:サバ 340キロ、小サバ 710キロ
「福浦」定置:マイワシ 150キロ、ウルメイワシ 140キロ
       サバ 120キロ、小アジ 120キロ
「大磯」定置:サバ 730キロ、ワカシ 750キロ
       マイワシ 470キロ、小サバ 1トン

 伊豆方面からは、
「真鶴定置」:シイラ 700キロ、ハガツオ 230キロ
「川奈杉本」:ヤマトカマス 60キロ ほか
「山下丸網」:イサキ 440キロ、ワラサ 110キロ
       小ムツ 80キロ

 東方面からは、
「佐島釣船」:釣キハダ 120キロ
「平塚定置」:アジ 120キロ
「江ノ島網」:小アジ 220キロ
「茅ヶ崎船」:生シラス 140キロ
「片瀬沖曳」:生シラス 150キロ

昨日の「みなとまつり」は子どもたちを中心に大勢、港に集まり大盛況でしたが、今朝の魚市場も小魚中心に大盛り上がり。極小は「生シラス」、大きいものでは「マグロ」の子どもまで、実に様々。魚種のるつぼ。怖いぐらいの大集合。
こいつぁ夏から縁起が良いわぃ、と叫びたくなる様なラインナップで、中でも「イセエビ」は昨年並みのスタートで大小様々。さらに今週後半の台風接近もあって、漁獲増量が期待される(実際、台風の接近は遠慮してもらいたいが)。
しかし、あんまり多いと売る方も背筋が思わず凍ります。

今日のイセエビ・・・ 75キロ
posted by にゃー at 16:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月02日

今年の魚市場キャラ大賞は?

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:サバ 620キロ、ウルメイワシ 220キロ
       シイラ 150キロ、カタクチイワシ 100キロ
       ハガツオ 170キロ、小サバ 1.8トン
「石橋」定置:休漁
「 岩 」定置:シイラ 1トン、ヤマトカマス 300キロ
       小サバ 950キロ、マイワシ 560キロ
       ウルメイワシ 80キロ
「原辰」定置:ハガツオ 190キロ、マイワシ 790キロ
       ヤマトカマス 380キロ、シイラ 260キロ
「江の安」定:休漁
「二宮」定置:小アジ 320キロ、サバ 900キロ
       ウルメイワシ 310キロ
「福浦」定置:サワラ 490キロ、サバ 370キロ
「大磯」定置:サバ 330キロ、マルアジ 200キロ
       小サバ 1トン、マイワシ 1.4トン
       ワカシ 350キロ

 伊豆方面からは、
「真鶴定置」:シイラ 250キロ
「西伊豆釣」:釣スルメイカ 120キロ ほか
「川奈杉本」:ヤマトカマス 140キロ ほか
「熱海丸網」:小アジ、ヤマトカマス ほか

 東方面からは、
「平塚定置」:アジ 260キロ
「片瀬釣船」:釣カツオ 140キロ
「佐島釣船」:釣カツオ 100キロ
「国府津船」:生シラス 60キロ
「茅ヶ崎船」:生シラス 90キロ
「湘南地引」:小アジ、生シラス 若干
「腰越定置」:ウルメイワシ、小アジ ほか

和歌山・・・釣キンメ 140キロ、釣キハダ 140キロ

今日の注目、地魚界の「マイメロディ」といえば、ズバリ「イセエビ」でしょう。
本日解禁魚屋さん。ということで、地上がりの100%天然「活イセエビ」の魅力は、やはりその鮮度、その価値、その迫力。近年不漁が続く相模湾の「イセエビ」漁にあって、今年の動向を占う上で大切な8月が始まりました。これから注目、今後が楽しみ。みんなでワクワクしませんか。
そして鮮魚も負けてなるものかと、分厚い品揃えで応酬。船から揚がった釣りの大物「キハダ」や「カツオ」をはじめとし、湘南の「マアジ」に「生シラス」、ブーム到来か?「ハガツオ」や「ヤマトカマス」もあっていろいろ充実。
明日の「みなとまつり」でも、定置網の水揚げから、地上がり鮮魚の即売もあって、実に楽しみ。今年は種類も豊富で楽しい販売になりそうな予感がいっぱい。すなわち魚好きの皆さんは、是非とも冷蔵庫を整理した上で、期待と財布を膨らませてご来場頂きたいと思います。

今日のイセエビ・・・ 75キロ
posted by にゃー at 15:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月01日

魚市場ペペ

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:小サバ 7.3トン、ウルメイワシ 100キロ
       サバ 270キロ
「石橋」定置:休漁
「 岩 」定置:小サバ 6.1トン、サバ 130キロ
       シイラ 200キロ、マイワシ 200キロ
       ヤマトカマス 180キロ
「原辰」定置:ハガツオ 300キロ、マイワシ 970キロ
       ウルメイワシ 110キロ、小サバ 460キロ
「江の安」定:休漁
「二宮」定置:小サバ 310キロ、サバ 80キロ
       ジンダ 90キロ
「福浦」定置:サワラ 185キロ、小アジ 80キロ
       サバ 340キロ
「大磯」定置:休漁

 伊豆方面からは、
「真鶴定置」:シイラ 240キロ、サバ 90キロ
「沼津底曳」:マダイ 150キロ ほか
「西伊豆釣」:釣スルメイカ 100キロ、釣イサキ 50キロ

 東方面からは、
「平塚定置」:アジ 160キロ
「腰越定置」:ウルメイワシ、小アジ ほか
「片瀬沖曳」:釣カツオ 350キロ
「湘南沖曳」:生シラス 60キロ

今年の夏は小魚が多い。まだまだ「ヤマトカマス(ミズカマス)」も小さいし、「ゴマサバ」に至ってはいわゆる「マゴサバ」中心相変わらず。「マアジ」はすっかり「ジンダ」だらけで、「ウルメ」に「ヒラゴ」も小型主体。唯一の大物「シイラ」も群れは小さく、昨日の「サワラ」も一度きり。「生シラス」は細かめも大きめも獲れているが、こちらも群れは小さい模様。
チョロチョロ見えてた「ハガツオ」は、まだ小さめも徐々に大きくなっているので、中でも頼もしい存在として、今後に期待できそうだ。
そんな希望があるだけで、明日の生きる糧になる。
明日もおいでよ、魚市場。きっと何かが待っている。台風だけは来ないでね。
posted by にゃー at 16:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする