2014年08月01日

魚市場ペペ

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:小サバ 7.3トン、ウルメイワシ 100キロ
       サバ 270キロ
「石橋」定置:休漁
「 岩 」定置:小サバ 6.1トン、サバ 130キロ
       シイラ 200キロ、マイワシ 200キロ
       ヤマトカマス 180キロ
「原辰」定置:ハガツオ 300キロ、マイワシ 970キロ
       ウルメイワシ 110キロ、小サバ 460キロ
「江の安」定:休漁
「二宮」定置:小サバ 310キロ、サバ 80キロ
       ジンダ 90キロ
「福浦」定置:サワラ 185キロ、小アジ 80キロ
       サバ 340キロ
「大磯」定置:休漁

 伊豆方面からは、
「真鶴定置」:シイラ 240キロ、サバ 90キロ
「沼津底曳」:マダイ 150キロ ほか
「西伊豆釣」:釣スルメイカ 100キロ、釣イサキ 50キロ

 東方面からは、
「平塚定置」:アジ 160キロ
「腰越定置」:ウルメイワシ、小アジ ほか
「片瀬沖曳」:釣カツオ 350キロ
「湘南沖曳」:生シラス 60キロ

今年の夏は小魚が多い。まだまだ「ヤマトカマス(ミズカマス)」も小さいし、「ゴマサバ」に至ってはいわゆる「マゴサバ」中心相変わらず。「マアジ」はすっかり「ジンダ」だらけで、「ウルメ」に「ヒラゴ」も小型主体。唯一の大物「シイラ」も群れは小さく、昨日の「サワラ」も一度きり。「生シラス」は細かめも大きめも獲れているが、こちらも群れは小さい模様。
チョロチョロ見えてた「ハガツオ」は、まだ小さめも徐々に大きくなっているので、中でも頼もしい存在として、今後に期待できそうだ。
そんな希望があるだけで、明日の生きる糧になる。
明日もおいでよ、魚市場。きっと何かが待っている。台風だけは来ないでね。
posted by にゃー at 16:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする