2014年08月21日

魚市場は慈善事業ではない

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:ウルメイワシ 230キロ、サバ 200キロ
       マイワシ 200キロ、小サバ 110キロ
「石橋」定置:ウルメイワシ 330キロ、サバ 240キロ
       マイワシ 270キロ、小サバ 240キロ
「 岩 」定置:小サバ 1.8トン、ウルメイワシ 240キロ
       サバ 70キロ、シイラ 70キロ
「原辰」定置:ウルメ 150キロ、マイワシ 150キロ
「江の安」定:ウルメ 130キロ、サバ 140キロ
「二宮」定置:アジ 160キロ、サバ 720キロ
       小サバ 2.3トン
「福浦」定置:サバ 380キロ、ヤマトカマス 130キロ
       ウルメイワシ 70キロ、シイラ 60キロ
「大磯」定置:アジ 180キロ、サバ 550キロ
       小サバ 520キロ

 伊豆方面からは、
「山下丸網」:ブリ 180キロ、小ケンサキイカ 180キロ
「川奈杉本」:ヤマトカマス 210キロ、シイラ 80キロ
「西伊豆釣」:釣アカムツ 35キロ、釣スルメ 170キロ

 東方面からは、
「平塚定置」:アジ 530キロ
「国府津船」:生シラス 10キロ
「茅ヶ崎船」:生シラス 120キロ

しかし、魚市場に水揚げされる魚たちは、毎日氷水を全身に浴びております。

今日のイセエビ・・・ 50キロ
posted by にゃー at 16:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする