2014年08月28日

魚市場にASKAの行列

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:イナダ 740キロ、サバ 420キロ
       ヤマトカマス 1トン、小サバ 270キロ
「石橋」定置:ヤマトカマス 1.9トン、サバ 220キロ
       イナダ 100キロ、ウルメイワシ 120キロ
       小サバ 460キロ
「 岩 」定置:ヤマトカマス 1.9トン、マイワシ 2トン
       ウルメイワシ 120キロ、シイラ 120キロ
「原辰」定置:ヤマトカマス 980キロ ほか
「江の安」定:ヤマトカマス 540キロ ほか
「二宮」定置:サバ 400キロ、小サバ 880キロ
「福浦」定置:シイラ 130キロ、ウルメイワシ 100キロ
       サバ 300キロ、マイワシ 110キロ
「大磯」定置:アジ 310キロ、小アジ 120キロ
       サバ 1トン、小サバ 1トン

 伊豆方面からは、
「網代定置」:ハガツオ 1.1トン
「沼津底曳」:マダイ 80キロ ほか

 東方面からは、
「平塚定置」:アジ 520キロ

和歌山 ・・・ 釣キハダ 150キロ、釣キンメ 120キロ

今朝はA「アジ」、S「サバ」、KA「カマス」で魚市場のセリを傍聴しようと一般客が行列を作ったとか、作らないとか。
さらに「マイワシ」や「シイラ」もある中で「イナダ」や「ハガツオ」なども集まり、品揃えとしてはまあまあ。沖の釣りから入船した「和歌山船」も20〜30キロの「キハダ」と「キンメダイ」を下ろせば、安定の人気を見せた。明日も入船がある事から、同様の活気ある市場が展開される事は疑いのない事である。

今日のイセエビ・・・ 30キロ
posted by にゃー at 12:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする