2014年09月22日

魚市場は魚の奴隷

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:休漁
「石橋」定置:マルソウダ 1.1トン、小サバ 110キロ
       ヤマトカマス 120キロ
「 岩 」定置:マルソウダ 4トン、小サバ 2.1トン
       シイラ 110キロ、ヤマトカマス 250キロ
「原辰」定置:マルソウダ 3.5トン ほか
「江の安」定:休漁
「二宮」定置:サバ 100キロ、小サバ 760キロ
「福浦」定置:ハガツオ 410キロ、イナダ 150キロ
       ヤマトカマス 60キロ
「大磯」定置:マルソウダ 1.2トン、小サバ 870キロ

 伊豆方面からは、
「真鶴定置」:イナダ 3トン、シイラ 180キロ
「沼津底曳」:マダイ 60キロ ほか
「西伊豆釣」:釣イサキ 110キロ ほか
「川奈杉本」:ヤマトカマス 80キロ ほか
「山下丸網」:ヤマトカマス 170キロ、メアジ 120キロ
       アジ 50キロ

 東方面からは、
「腰越定置」:アジ、小サバ ほか

小田原 ・・・ 釣サバ 50キロ

20140922_manaina.jpg「イナダ」あるよ〜。こういう魚が少ない日に重宝される便利な魚。これで全国的に沸いた時には見向きもされない、可哀想な魚。
これが70年代なら♪毎日「そばにおいてね、邪魔しないから〜」と甘えるだろう。そして「悪い時は、どうぞぶってね(=たたき売りしてね)」と懇願するだろう。そして最後には♪「アナタ好みの「イナダ」になりたい」と唄うだろう。そんな愛おしい「イナダ」に君も惚れてまうやろう。

今日のイセエビ・・・ 110キロ
posted by にゃー at 13:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする