2014年10月15日

魚市場のお得意様

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:休漁
「石橋」定置:休漁
「 岩 」定置:小イサキ 6トン、小シイラ 1.8トン
       サバ 640キロ、イナダ 830キロ
       イボダイ 100キロ、ショウゴ 260キロ
       ホウボウ 130キロ、ヘダイ 170キロ
「原辰」定置:ウルメ 700キロ、マイワシ 170キロ
「江の安」定:休漁
「二宮」定置:イナダ 500キロ、アカカマス 110キロ
       アジ 70キロ、イボダイ 50キロ
「福浦」定置:イナダ 120キロ、サバ 230キロ
       アカカマス 200キロ、ウルメ 90キロ
       クロマグロ 80キロ(1本)
「大磯」定置:休漁

 伊豆方面からは、
「沼津釣船」:釣タチウオ 40キロ

昨夜のブラジル代表は、ネイマールのやりたい放題。
今朝の魚市場代表水揚げは、太い「アカカマス(ネイラカマス)」に1キロサイズの「イナダ」と中小「イサキ」、そして特大80キロ「マグロ」と「ウルメイワシ」で、全部合わせて「ネ・イ・マ・ウル」でやりたい放題。
さらにこの台風の間、ずっと網を海に入れっぱなしの「岩」定置の中身は、案の状の「小イサキ」大漁の他、「ゴマサバ」や「イナダ」が多めに入っており、暖かい南風に誘われた魚たちが網に入り込んだ様相だった。
明日以降もまだ台風の影響は続いており、「石橋」定置は復活の見込みだが、まだ100%とはいかず、全体的には「小イサキ」中心の水揚げが続くものと見られている。

今日のイセエビ・・・ 若干
posted by にゃー at 16:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする