魚体中骨抜き器販売中

2014年11月21日

ゴキゲン魚市場の本領発揮

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:ハガツオ 800キロ、サバフグ 110キロ
       メジマグロ 90キロ、サバ 130キロ
       ヒラソウダ 240キロ、ウルメ 90キロ
「石橋」定置:イナダ 370キロ、ハガツオ 550キロ
       サバ 160キロ、ヤマトカマス 180キロ
       マルソウダ 80キロ、サバフグ 70キロ
「 岩 」定置:メアジ 100キロ ほか
「原辰」定置:ハガツオ、ヒラソウダ ほか
「江の安」定:サバ、ヒラソウダ ほか
「二宮」定置:カワハギ 120キロ、アカカマス 70キロ
「福浦」定置:イナダ 150キロ、シイラ 110キロ
「大磯」定置:小サバ 150キロ ほか

 伊豆方面からは、
「真鶴定置」:イナダ 390キロ、ハガツオ 480キロ
「沼津釣船」:釣クロシビカマス 35キロ ほか
「川奈釣船」:釣キンメダイ 50キロ
「西伊豆釣」:釣ヤリイカ 140キロ、釣タチウオ 60キロ

 東方面からは、
「平塚定置」:アジ 130キロ
「江ノ島網」:アカカマス 160キロ

和歌山 ・・・ 釣キハダ 450キロ、釣キンメ 80キロ

ヒャッハー♪な魚揃いのすばらしさ。隅から隅まで見つければ、あるわあるわのお宝、お宝、みっけもん。
今日食べたい魚が必ず有ります。揃えます。連休前もこれなら安心。
三日連続魚で献立。飽きさせない自信ありのお任せあれ。
posted by にゃー at 14:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月20日

歯ごたえのある魚市場

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:ハガツオ 1.6トン、サバ 660キロ
       ウルメイワシ 200キロ、イナダ 160キロ
       小サバ 300キロ、サバフグ 180キロ
       メアジ 160キロ、アカカマス 70キロ
「石橋」定置:イナダ 450キロ、ハガツオ 290キロ
       ヤマトカマス 400キロ、サバ 280キロ
       アカカマス 250キロ、ヒラソウダ 260キロ
       サバフグ 100キロ、メアジ 230キロ
「 岩 」定置:サバ 300キロ、ヤマトカマス 280キロ
       メアジ 240キロ、小サバ 160キロ
「原辰」定置:メアジ、ハガツオ ほか
「江の安」定:ハガツオ 450キロ、ショウゴ 80キロ
「二宮」定置:アジ 480キロ、アカカマス 290キロ
       小サバ 310キロ、ヤマトカマス 100キロ
       サバフグ 70キロ
「福浦」定置:イナダ 210キロ、ハガツオ 100キロ
       シイラ 190キロ、サバ 200キロ
       カマスサワラ 80キロ、メアジ 80キロ
「大磯」定置:サバフグ 130キロ ほか

 伊豆方面からは、
「川奈杉本」:メアジ 100キロ ほか
「西伊豆釣」:活ヤリイカ 80キロ

ハガッツオだぜ!パワフルだましい。
ハガッツオだぜ!酸いも甘いも。
ハガッツオだぜ!Do the ド根性。
男は汗かいてベソかいて、レリゴー!レリゴー!
posted by にゃー at 16:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月18日

遙かなる魚市場の呼び声

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:イナダ 190キロ、ヤマトカマス 250キロ
       サバ 680キロ、ウスバハギ 80キロ
       ハガツオ 110キロ、サバフグ 120キロ
       メアジ 150キロ
「石橋」定置:イナダ 580キロ、ヤマトカマス 500キロ
       小サバ 430キロ、ウスバハギ 70キロ
       小イサキ 1.2トン、ヒラソウダ 100キロ
       カワハギ 70キロ、サバ 130キロ
       サバフグ 130キロ
「 岩 」定置:ヤマトカマス 220キロ、サバフグ 110キロ
       小サバ 80キロ
「原辰」定置:ウルメイワシ 90キロ、メアジ 50キロ
「江の安」定:ヤマトカマス 70キロ、メアジ 50キロ
「二宮」定置:アジ 200キロ、サバフグ 180キロ
       小サバ 380キロ、活カワハギ 80キロ
       アカカマス 120キロ
「福浦」定置:メアジ 180キロ、ハガツオ 190キロ
       ヤマトカマス 190キロ、イナダ 80キロ
       サバ 120キロ、シイラ 110キロ 
「大磯」定置:小サバ 80キロ ほか

 伊豆方面からは、
「戸田釣船」:釣クロムツ 130キロ
「西伊豆釣」:活ヤリイカ 160キロ ほか

 東方面からは、
「平塚定置」:アジ 170キロ、タチウオ 50キロ
「国府津船」:生シラス 30キロ

三重  ・・・ 釣カツオ  110キロ
和歌山 ・・・ 釣キハダ 13本(380キロ)

今朝は、幸せの黄色い「マグロ」こと一本釣りの「キハダ」も久々に水揚げがあり、同じく釣りの「カツオ」と共に岸壁を賑わせました。
地元定置網は「イナダ」や「カマス」を中心にあまり変わった様子はないものの、「サバフグ」微増で「ハガツオ」は減少した。
冬の「アジ」として小田原では定番の「メアジ」は安定して獲れており、湘南方面の「マアジ」の代替としてその地位を確立。同じく冬の味覚、釣りの「活ヤリイカ」も徐々に水揚げが増えており、今後は定期的な入荷が見込め、定番メニュー向けとしてもオススメできる。
今年の秋は「カワハギ」や「アカカマス」を始め、「ショウゴ」や「ウスバハギ(シロウマ)」、そして「クロタチカマス(ナガズミヤキ)」や「ボラ(卵持ち)」といった際物の水揚げも例年に比べて極めて少なく、逆に「ハガツオ(ホウサン)」だけが目立った年として記憶されることになるだろう。
posted by にゃー at 12:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月17日

魚市場を踏み台にすれば

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:イナダ 1トン、ハガツオ 430キロ
       サバ 520キロ、小イサキ 200キロ
       サバフグ 170キロ、ヤマトカマス 130キロ
「石橋」定置:休漁
「 岩 」定置:ヤマトカマス 600キロ、サバ 440キロ
       メアジ 140キロ、サバフグ 130キロ
       小サバ 180キロ、小イサキ 190キロ
「原辰」定置:ヤマトカマス 130キロ、ハガツオ 880キロ
「江の安」定:ハガツオ 80キロ、ヤマトカマス 110キロ
       ショウゴ 60キロ
「二宮」定置:イボダイ 160キロ、サバフグ 220キロ
       アジ 100キロ、小サバ 100キロ
「福浦」定置:イナダ 140キロ、サバ 220キロ
       ヤマトカマス 120キロ、ウルメ 100キロ
「大磯」定置:サバフグ 120キロ ほか

 伊豆方面からは、
「真鶴定置」:イナダ 320キロ、シイラ 260キロ
       サバフグ 140キロ、ハガツオ 350キロ
「川奈杉本」:ヤマトカマス 50キロ ほか

 東方面からは、
「平塚定置」:タチウオ 210キロ、サバフグ 40キロ
「江ノ島網」:活カワハギ 50キロ
「三崎釣船」:釣クロムツ 30キロ、釣メダイ 50キロ

三重  ・・・ 釣カツオ 60キロ
小田原 ・・・ 釣アブラボウズ 2本(54キロ)

「イナダ」まだまだ獲れてます。1〜1.5キロ。獲って獲って獲りまくれ。
「ハガツオ」今年は異常って位に続いてる。喰って喰って喰いまくれ。
「シロサバフグ」増えてきてる。大物多い。剥いて剥いて剥きまくれ。
釣りの地物「アブラボウズ」キタ。20キロ台。こちらも獲り過ぎは禁物の貴重な魚。
特に相模湾産は、もはや幻。高級魚である。
posted by にゃー at 16:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月15日

今朝も魚市場に海産総鮮魚

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:イナダ 840キロ、ウルメイワシ 130キロ
       小イサキ 500キロ、ヤマトカマス 170キロ
       ハガツオ 330キロ、サバ 210キロ
       メアジ 200キロ
「石橋」定置:イナダ 260キロ、小イサキ 500キロ
       サバ 210キロ、ハガツオ 120キロ
       メアジ 610キロ、ヤマトカマス 170キロ
「 岩 」定置:サバ 170キロ、ヤマトカマス 140キロ
       小サバ 140キロ、メアジ 50キロ
「原辰」定置:ウルメイワシ 70キロ ほか
「江の安」定:ウルメイワシ 50キロ ほか
「二宮」定置:アジ 320キロ、小イサキ 500キロ
       サバ 80キロ、イボダイ 80キロ
「福浦」定置:イナダ 180キロ、シイラ 80キロ
       ヤマトカマス 230キロ、サバ 180キロ
       ハガツオ 70キロ
「大磯」定置:アジ、メアジ ほか

 伊豆方面からは、
「真鶴定置」:イナダ 520キロ、ハガツオ 200キロ
       サバ 110キロ
「川奈杉本」:メアジ 260キロ ほか

20141115_asa.jpg10%への消費税先送りが100%になり、それを掲げてまた投票率が50%にも満たない総選挙。水素の車に補助金山と積んで浮いた話は空に消え、税金が余ってるという話は聞かないが、どうやら永田町では自由自在。ここでも世間は置き去りか。
そして港には今日も魚が揚がり、人々は腹を満たす。うまい魚を求めて人々は金を使い。うまい話を求めて政治家は金を使う。
さても賑やかな師走になりそうで、結構なことである。
posted by にゃー at 12:42| Comment(1) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月14日

寒さを楽しむ魚市場

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:イナダ 190キロ、ヤマトカマス 130キロ
       メアジ 200キロ、ハガツオ 160キロ
       サバ 180キロ
「石橋」定置:イナダ 440キロ、小イサキ 640キロ
       メアジ 220キロ、サバ 160キロ
       ヤマトカマス 160キロ、小サバ 100キロ
「 岩 」定置:ヤマトカマス 680キロ、サバ 60キロ
       ウスバハギ 40キロ
「原辰」定置:ヤマトカマス、ウルメイワシ ほか
「江の安」定:小サバ 160キロ、ショウゴ 30キロ
「二宮」定置:アジ 380キロ、アカカマス 470キロ
       ヤマトカマス 130キロ、サバ 240キロ
       小イサキ 1トン、サバフグ 70キロ
       活カワハギ 50キロ
「福浦」定置:イナダ 630キロ、カワハギ 110キロ
       ショウゴ 110キロ、ヘダイ 50キロ
       カゴカキダイ 80キロ
「大磯」定置:アジ 120キロ、アカカマス 150キロ
       小サバ 320キロ、イナダ 70キロ
       メアジ 80キロ 

 東方面からは、
「平塚定置」:タチウオ 220キロ
「江ノ島網」:活イシダイ、活カワハギ ほか
「国府津船」:生シラス 50キロ

いよっ!「カワハギ」が増えて参りましたよ。
秋の旬の地魚と言って「カワハギ」を無視することは出来ません。手のひら大の大型サイズから可愛いワッペンサイズまで、お値段で言えば超高級から超お手軽まで並びます。
誰でも美味しい旬の味をお手軽に味わって頂こうと、ピンからキリまでの取りそろえで魚市場から格差社会の是正に取り組みます。
201411_kawahagg.jpg新鮮な白身に肝醤油をたっぷり浸けて、こってりとした脂の溶けた深い旨味と歯ごたえのある味わいは一度食べたら忘れられません。小さいサイズは鍋などにしても食べやすく、肝もしっかり味わうことが出来るのでこの時季、大変オススメできます。
是非、この週末は「カワハギ」のお刺身か鍋をアテに、大吟醸もしくは甲類焼酎を飲みつつ、心身共に暖まってお過ごし下さい。
posted by にゃー at 12:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする