魚体中骨抜き器販売中

2014年11月13日

クロホシマンジュウダイ

♪ルールールルルー、ルールールルルー・・・
夜明けの魚市場に一匹の魚が。

コレは珍しい。

20141113_blackstar.JPG

「川奈杉本」の定置網に本日入網。
小田原ではまず見掛けない「クロホシマンジュウダイ」である。


ここ15年、この魚市場の岸壁を見続けているが、この魚は初めて見た。

熱帯魚界では「スキャット」などとも呼ばれ、中東から太平洋沿岸海域の暖かい海に棲むと言われ、一部は九州・四国等の南日本でも見られると言う。丸い形から「饅頭」の名が付いたと思われるが、魚としては「アイゴ」などの仲間に近いと言われ、同じく背びれなどに毒腺があるらしい。

ちなみに熱帯魚屋などでの通称名「スキャット」だが、その名の由来は「♪ル〜ルルル〜」ではなく「スカト○」の略らしい。
別に命名者がその手の趣味という訳ではなく、あくまでもこの魚が餌としてそう言ったものを食する傾向にあるという事による命名だそうだ。だからと言って食べてどうこうという事はなく、栄養のあるものを食する事は至極当然な事であり、自然の摂理である。栄養としてその成分は血となり肉となり、その結果肉となったものを食べるのであって、不要の老廃物はやはり排泄されるのだから、人も安心して食べる事は出来る。

で、肝心のお味の方だが、とあるバイヤーの捌きにより切り身となったこの魚。
試しに一切れを口に運んで見た所、思った以上に歯応えのある身をしており、うっすら脂を感じる事が出来た。ただ、どちらかというと磯臭さが気になり、正直な所あまり美味いと言える代物ではなかった。
それがこの個体だけのものなのか、この種に言える事なのかは不明だが、やはり出身地の異なる魚は、どこか田舎の体に合わない所があるのかもしれない。

ただし、それが小田原文化の特徴に由来するかどうかについては、言及を避けたい。
posted by にゃー at 15:31| Comment(1) | TrackBack(0) | ギョッ!魚だらけの水泳大会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

食べて美味しい魚市場

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:メアジ 380キロ、ヤマトカマス 630キロ
       サバ 1.1トン、イナダ 320キロ
       小イサキ 250キロ、ハガツオ 140キロ
       サバフグ 130キロ、小サバ 150キロ
「石橋」定置:ヤマトカマス 620キロ、メアジ 270キロ
       マルソウダ 150キロ、サバ 160キロ
       小イサキ 250キロ、イナダ 90キロ
「 岩 」定置:ヤマトカマス 1.8トン、メアジ 130キロ
       サバ 240キロ、小サバ 250キロ
「原辰」定置:ヤマトカマス 130キロ、メアジ 140キロ
       ウルメイワシ 120キロ
「江の安」定:ヤマトカマス 1.3トン、サバ 250キロ
「二宮」定置:活カワハギ 100キロ
「福浦」定置:休漁
「大磯」定置:イナダ 2トン、サバ 180キロ
       シイラ 110キロ、ヤマトカマス 90キロ

 伊豆方面からは、
「川奈杉本」:メジナ 320キロ ほか
「西伊豆釣」:釣タチウオ 70キロ、釣イサキ 30キロ

 東方面からは、
「江ノ島網」:タチウオ 140キロ ほか
「片瀬釣船」:釣カツオ 210キロ
「国府津船」:生シラス 70キロ

「ブランド」。この四文字にどれだけの消費者が囚われ、惑わされ、信用し、騙されるのか。
たとえば「松阪牛」は、多くの日本人が認める和牛のトップブランドのひとつであるし、大人なら誰でも知っているだろう。もちろん食べても多くの人が美味しいと思い、だからこその人気を誇っているのである。あの霜降りと値段は多くの人間を魅了している。正直、好き嫌いあるだろうが。
たとえば「松坂大輔」は、多くの日本人が認める投手のトップランクの一人であるし、プロ野球を知っている人間なら誰でも知っているだろう。もちろん多くの人が凄い投手だと認め、だからこその人気を誇っているのである。高校時代の活躍も多くの人間を魅了した。正直、近年の不振は評価の分かれるところではあるが。
その実、名前だけで広く通用する事は容易な事ではなく、そこに至るまでの道のりは決して平坦ではなかったはずである。その厳しい道のりの到達点として、多くの人間に信用というキーワードと結びつけられ、安心と絡めて記憶される。それが「ブランド」の確立であり、=マーケティングに於ける勝利となる。そうなれば消費者は盲目的に追従し、盲目的に消費する。
「小田原の魚」にその魅力があるかと問われれば、私は”ある”と答える。
新鮮且つ食べて美味しいものは多くの人間を魅了し、獲れて嬉しい時に旬の魚を提供する、その信頼は多くの人を安心させる。そこに対価が産まれるのであり、経済が成立するのである。下手な小細工はいらない。その事だけで我々は確実に勝利を手にする事が出来るのだ。
posted by にゃー at 13:54| Comment(1) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月11日

エスペランサ魚市場

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:ハガツオ 100キロ、ヤマトカマス 300キロ
       サバ 870キロ、イナダ 350キロ
「石橋」定置:ヤマトカマス 350キロ、サバ 180キロ
       小イサキ 300キロ、マルソウダ 720キロ
       イナダ 350キロ、小サバ 160キロ
「 岩 」定置:ヤマトカマス 1.3トン、サバ 230キロ
「原辰」定置:ヤマトカマス 60キロ ほか
「江の安」定:ヤマトカマス 430キロ ほか
「二宮」定置:アカカマス 60キロ、ウルメ 60キロ
       ヤマトカマス 50キロ、サバフグ 40キロ
「福浦」定置:イナダ 730キロ ほか
「大磯」定置:アジ 120キロ、タチウオ 50キロ
       メアジ 50キロ

 東方面からは、
「国府津船」:生シラス 30キロ

20141111_nagappo.jpg今シーズン3本目の「ナガッポ」こと「ナガズミヤキ(標準和名クロタチカマス)」が「米神」の定置網に入網。唯一の一本だけであったが、若干のスレがあったためか競りは白熱することなく、結果「魚國」社長の手により落札された。競り値こそ私の下付けよりも安かったが、その貴重な一本は多くの漁業者、買受人に希望を与えた。
posted by にゃー at 14:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月10日

今朝は無言無表情の魚市場

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:イナダ 1トン、マルソウダ 920キロ
       ヤマトカマス 500キロ、サバ 180キロ
       アカカマス 70キロ、サバフグ 70キロ
「石橋」定置:イナダ 610キロ、ヤマトカマス 1.6トン
       サバ 550キロ、サバフグ 100キロ
「 岩 」定置:ヤマトカマス 2.8トン、サバ 100キロ
       マルソウダ 330キロ
「原辰」定置:ヤマトカマス 140キロ、ウルメ 70キロ
「江の安」定:ヤマトカマス 710キロ、ショウゴ 60キロ
「二宮」定置:イボダイ 450キロ、ヤマトカマス 530キロ
       小サバ 160キロ、アカカマス 350キロ
       小イサキ 160キロ、アジ 50キロ
「福浦」定置:イナダ 4.7トン ほか
「大磯」定置:アジ 100キロ、アカカマス 240キロ

 伊豆方面からは、
「川奈杉本」:メジナ 140キロ ほか
「西伊豆釣」:釣タチウオ 180キロ、釣イサキ 50キロ

 東方面からは、
「平塚定置」:アジ 350キロ ほか

いろいろ獲れてる中でも「イナダ」と「カマス」は安定している。
今朝は休み明けと言うこともあり、秋の魚が多かった。活かしの「カワハギ」などもようやく増えてきて、楽しみがまた増えた。
明日はもっと寒くなると言うし、魚の動きも鈍るだろう。明日よりもさらに水曜休みが明けて、土日にかけての網が楽しみになる週となりそうだ。
posted by にゃー at 16:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月08日

間違いだらけの魚市場選び

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:イナダ 2トン、サバ 1.1トン
       ヤマトカマス 130キロ、ウルメ 410キロ
       イボダイ 40キロ、ハガツオ 80キロ
       サバフグ 110キロ、クロマグロ 60キロ
「石橋」定置:休漁
「 岩 」定置:ヤマトカマス 1.7トン、サバ 280キロ
       アカカマス 1.3トン、小サバ 400キロ
       オアカムロ 120キロ、イボダイ 60キロ
       イナダ 60キロ
「原辰」定置:ウルメイワシ 190キロ ほか
「江の安」定:ヤマトカマス 350キロ、ウルメ 320キロ
       アカカマス 120キロ
「二宮」定置:アカカマス 170キロ、小サバ 200キロ
       メアジ 150キロ、サバフグ 110キロ
「福浦」定置:サワラ 380キロ、ハガツオ 540キロ
       メアジ 160キロ、イナダ 130キロ
       シイラ 170キロ
「大磯」定置:アカカマス 530キロ、小サバ 6.8トン
       メアジ 100キロ

 伊豆方面からは、
「真鶴定置」:サバ 230キロ、イナダ 70キロ

 東方面からは、
「国府津船」:生シラス 90キロ

下田釣船 ・・・ 釣カツオ  740キロ

真っ赤なリンゴは100万円。かたや小田原の「アカカマス」は大漁が続いて、そろそろ頭うちの赤信号。
来週は「イナダ」の青信号も黄色点滅に変わって、そろそろ顔ぶれも転換か。ここへ来て希少性を増している「サバ」は太りも良く、値頃感もありオススメ。来週の本命はこの魚に決めた。
posted by にゃー at 13:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月07日

魚市場のインテリジェンス

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:休漁
「石橋」定置:イナダ 3.4トン、ヤマトカマス 1.5トン
       サバ 790キロ、ハガツオ 150キロ
       アカカマス 210キロ、ムロアジ 160キロ
       オアカムロ 200キロ、ショウゴ 260キロ
       ヘダイ 50キロ
「 岩 」定置:アカカマス 2.8トン、オアカムロ 100キロ
       ヤマトカマス 4.8トン、サバ 260キロ
       イナダ 60キロ、イボダイ 90キロ
「原辰」定置:ウルメ 90キロ、ヤマトカマス 340キロ
「江の安」定:ヤマトカマス 530キロ、ショウゴ 130キロ
       ウルメ 280キロ、アカカマス 60キロ
「二宮」定置:サバ 140キロ、イボダイ 80キロ
       アジ 50キロ、ショウゴ 40キロ
「福浦」定置:休漁
「大磯」定置:サバフグ 230キロ、ヤマトカマス 80キロ

 伊豆方面からは、
「川奈杉本」:ヤマトカマス 140キロ、メジナ 220キロ
「西伊豆釣」:釣タチウオ 70キロ ほか
「真鶴定置」:サバ 100キロ、イナダ 150キロ
「富戸定置」:クロマグロ 170キロ(4本)、ブリ 95キロ

 東方面からは、
「平塚定置」:アジ 110キロ ほか
「江ノ島網」:タチウオ 140キロ ほか

でかい「サバフグ」獲れてきた。特に「大磯」で大きいサイズが獲れている。庶民の味方の「マグロ」の刺身もどきになる魚が「ハガツオ」なら、「サバフグ」の鍋もてっちりに負けない味わいがある。庶民派フグの味は侮れない。「オアカムロ」や「ムロアジ」の大きめも刺身にすれば、この時期、脂も乗っていて「マアジ」よりも美味しいという声が多く、値段よりも味というコスト重視派の支持を集める。
魚が高いとお嘆きの諸氏、いかに安く、そして美味しい魚にありつくことが出来るか。頭とお金は使い様である。
posted by にゃー at 14:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする