魚体中骨抜き器販売中

2014年11月05日

魚市場に並んだ魚は秋の海

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:休漁
「石橋」定置:イナダ 7トン、サバ 570キロ
       オアカムロ 260キロ、ハガツオ 80キロ
       ショウゴ 80キロ、アカカマス 60キロ
「 岩 」定置:ヤマトカマス 500キロ、メアジ 100キロ
       シイラ 190キロ、サバ 90キロ
「原辰」定置:ウルメイワシ、ヤマトカマス ほか
「江の安」定:メアジ 100キロ、ウルメイワシ 50キロ
       ムロアジ 50キロ、ヤマトカマス 50キロ
「二宮」定置:ウルメイワシ 490キロ、マイワシ 280キロ
       サバ 100キロ、ヤマトカマス 140キロ
「福浦」定置:メアジ 2トン、シイラ 100キロ
「大磯」定置:ヤマトカマス 190キロ、小サバ 2.7トン

 伊豆方面からは、
「沼津釣船」:釣タチウオ 40キロ

 東方面からは、
「平塚定置」:ウスバハギ、スズキ ほか

「ヤマトカマス」、「オアカムロ」、数減らしつつ姿見えております。
「サバ」、中型中心にソコソコ獲れております。太りも良好。
「イナダ」安定の7トン。若干サイズダウンするも、まだまだ獲れます。
「メアジ」、今日は一気に量獲れました。冬の「アジ」としてこれからが旬。
「シイラ」、辛うじて穫れ続けております。そろそろ終了か。
posted by にゃー at 15:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする