2014年11月06日

魚市場はすばらしいドラマ

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:サバ 2.5トン、イナダ 680キロ
       ハガツオ 160キロ、メアジ 550キロ
       オアカムロ 900キロ、ショウゴ 150キロ
       ヒラソウダ 220キロ、マルソウダ 110キロ
       ウルメイワシ 110キロ、キハダ 90キロ
「石橋」定置:休漁
「 岩 」定置:アカカマス 1.6トン、イナダ 640キロ
      ヤマトカマス 1.6トン、サバ 240キロ
      アジ 330キロ、メアジ 130キロ
      イボダイ 70キロ、オアカムロ 110キロ
      マルソウダ 70キロ
「原辰」定置:ウルメイワシ 75キロ、サバ 60キロ
「江の安」定:マイワシ 620キロ、イナダ 80キロ
       ウルメイワシ 280キロ
「二宮」定置:アカカマス 140キロ、ヤマトカマス 110キロ
「福浦」定置:イナダ 130キロ、小サバ 60キロ
       メアジ 120キロ
「大磯」定置:休漁

 伊豆方面からは、
「真鶴定置」:ハガツオ 460キロ

 東方面からは、
「平塚定置」:アジ 50キロ ほか
「江ノ島網」:活クエ、活イセエビ ほか

「米神」定置は、今朝は「サバ」が多く、そろそろ「イナダ」のピークは超えた様に見えます。
定置網の一部には「オアカムロ」や「メアジ」あたりが獲れつつ、「岩」定置に「小アジ」も入り始め、またまた網のトレンドが変わりつつあるようにも感じます。
今年最後(?)の台風も無事通過で、明日以降も大漁期待。「アカカマス」も大型中心で見えましたし、「マイワシ」や「小ウルメ」も周辺を回っている様なので、まだまだ魚は沿岸に多い様ではあります。若干の安堵感と期待感がアフターミックス。
明日はどんな比率で獲れてくるやら、小田原オリジナルのブレンドで、明日も美味しい地魚スペシャルお届けします。
posted by にゃー at 13:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする