2014年11月10日

今朝は無言無表情の魚市場

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:イナダ 1トン、マルソウダ 920キロ
       ヤマトカマス 500キロ、サバ 180キロ
       アカカマス 70キロ、サバフグ 70キロ
「石橋」定置:イナダ 610キロ、ヤマトカマス 1.6トン
       サバ 550キロ、サバフグ 100キロ
「 岩 」定置:ヤマトカマス 2.8トン、サバ 100キロ
       マルソウダ 330キロ
「原辰」定置:ヤマトカマス 140キロ、ウルメ 70キロ
「江の安」定:ヤマトカマス 710キロ、ショウゴ 60キロ
「二宮」定置:イボダイ 450キロ、ヤマトカマス 530キロ
       小サバ 160キロ、アカカマス 350キロ
       小イサキ 160キロ、アジ 50キロ
「福浦」定置:イナダ 4.7トン ほか
「大磯」定置:アジ 100キロ、アカカマス 240キロ

 伊豆方面からは、
「川奈杉本」:メジナ 140キロ ほか
「西伊豆釣」:釣タチウオ 180キロ、釣イサキ 50キロ

 東方面からは、
「平塚定置」:アジ 350キロ ほか

いろいろ獲れてる中でも「イナダ」と「カマス」は安定している。
今朝は休み明けと言うこともあり、秋の魚が多かった。活かしの「カワハギ」などもようやく増えてきて、楽しみがまた増えた。
明日はもっと寒くなると言うし、魚の動きも鈍るだろう。明日よりもさらに水曜休みが明けて、土日にかけての網が楽しみになる週となりそうだ。
posted by にゃー at 16:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする