2014年11月11日

エスペランサ魚市場

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:ハガツオ 100キロ、ヤマトカマス 300キロ
       サバ 870キロ、イナダ 350キロ
「石橋」定置:ヤマトカマス 350キロ、サバ 180キロ
       小イサキ 300キロ、マルソウダ 720キロ
       イナダ 350キロ、小サバ 160キロ
「 岩 」定置:ヤマトカマス 1.3トン、サバ 230キロ
「原辰」定置:ヤマトカマス 60キロ ほか
「江の安」定:ヤマトカマス 430キロ ほか
「二宮」定置:アカカマス 60キロ、ウルメ 60キロ
       ヤマトカマス 50キロ、サバフグ 40キロ
「福浦」定置:イナダ 730キロ ほか
「大磯」定置:アジ 120キロ、タチウオ 50キロ
       メアジ 50キロ

 東方面からは、
「国府津船」:生シラス 30キロ

20141111_nagappo.jpg今シーズン3本目の「ナガッポ」こと「ナガズミヤキ(標準和名クロタチカマス)」が「米神」の定置網に入網。唯一の一本だけであったが、若干のスレがあったためか競りは白熱することなく、結果「魚國」社長の手により落札された。競り値こそ私の下付けよりも安かったが、その貴重な一本は多くの漁業者、買受人に希望を与えた。
posted by にゃー at 14:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする