2014年11月14日

寒さを楽しむ魚市場

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:イナダ 190キロ、ヤマトカマス 130キロ
       メアジ 200キロ、ハガツオ 160キロ
       サバ 180キロ
「石橋」定置:イナダ 440キロ、小イサキ 640キロ
       メアジ 220キロ、サバ 160キロ
       ヤマトカマス 160キロ、小サバ 100キロ
「 岩 」定置:ヤマトカマス 680キロ、サバ 60キロ
       ウスバハギ 40キロ
「原辰」定置:ヤマトカマス、ウルメイワシ ほか
「江の安」定:小サバ 160キロ、ショウゴ 30キロ
「二宮」定置:アジ 380キロ、アカカマス 470キロ
       ヤマトカマス 130キロ、サバ 240キロ
       小イサキ 1トン、サバフグ 70キロ
       活カワハギ 50キロ
「福浦」定置:イナダ 630キロ、カワハギ 110キロ
       ショウゴ 110キロ、ヘダイ 50キロ
       カゴカキダイ 80キロ
「大磯」定置:アジ 120キロ、アカカマス 150キロ
       小サバ 320キロ、イナダ 70キロ
       メアジ 80キロ 

 東方面からは、
「平塚定置」:タチウオ 220キロ
「江ノ島網」:活イシダイ、活カワハギ ほか
「国府津船」:生シラス 50キロ

いよっ!「カワハギ」が増えて参りましたよ。
秋の旬の地魚と言って「カワハギ」を無視することは出来ません。手のひら大の大型サイズから可愛いワッペンサイズまで、お値段で言えば超高級から超お手軽まで並びます。
誰でも美味しい旬の味をお手軽に味わって頂こうと、ピンからキリまでの取りそろえで魚市場から格差社会の是正に取り組みます。
201411_kawahagg.jpg新鮮な白身に肝醤油をたっぷり浸けて、こってりとした脂の溶けた深い旨味と歯ごたえのある味わいは一度食べたら忘れられません。小さいサイズは鍋などにしても食べやすく、肝もしっかり味わうことが出来るのでこの時季、大変オススメできます。
是非、この週末は「カワハギ」のお刺身か鍋をアテに、大吟醸もしくは甲類焼酎を飲みつつ、心身共に暖まってお過ごし下さい。
posted by にゃー at 12:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする