2014年11月28日

素晴らしき哉、魚市場!

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:スルメイカ 1.8トン、メアジ 1.7トン
       アカカマス 120キロ、イナダ 430キロ
       アジ 700キロ、サバ 500キロ
「石橋」定置:休漁
「 岩 」定置:アジ、サバフグ ほか
「原辰」定置:メアジ 190キロ ほか
「江の安」定:メアジ 200キロ ほか
「二宮」定置:アジ 540キロ、サバ 300キロ
       サバフグ 200キロ、アカカマス 180キロ
       ウルメイワシ 90キロ
「福浦」定置:イナダ 480キロ、ハガツオ 220キロ
「大磯」定置:アジ、アカカマス ほか

 伊豆方面からは、
「熱海丸網」:アカカマス 430キロ
「真鶴定置」:スルメイカ 430キロ
「網代定置」:スルメイカ 1.2トン
「沼津釣船」:釣クロシビカマス 70キロ
「富戸釣船」:釣スルメイカ 140キロ ほか

 東方面からは、
「平塚定置」:アジ 70キロ
「国府津船」:生シラス 40キロ

やはりドスンと「スルメイカ」まとまりました。伊豆からも入荷があり、今年も冬の相模湾は「スルメイカ」に占領されそうな予感です。でもまあ美味しいから許す。
そして「メアジ」と「カマス」に混じって「マアジ」も獲れています。ただ目周り80/90グラムの小型中心という・・・。それでも貴重な「小田原アジ」は、底堅い需要と価格を維持。
明日は11月の最終営業日と言うことで、今年も残すところあと一ヶ月となります。今更感ありありだが、残りの日にちだけでも悔いの無い様に充実した日を送りたいと心がけたい。
とはいえ今年の秋は台風も少なく、魚も獲れたし、満足だ。
posted by にゃー at 17:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする