2014年12月19日

魚市場はジサバニャンの集い

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置: カタクチイワシ 2.5トン、サバ 410キロ
       イナダ 150キロ、ウルメイワシ 110キロ
「石橋」定置:サバ 1.7トン、イナダ 290キロ
       マルソウダ 290キロ、小サバ 320キロ
       ウルメイワシ 100キロ、ショウゴ 70キロ
「 岩 」定置:サバ 200キロ、小サバ 220キロ
       活イシダイ 70キロ、アオリイカ 50キロ
「原辰」定置:アオリイカ、カワハギ ほか
「江の安」定:サバ 860キロ、ショウゴ 150キロ
       小サバ 240キロ、イシダイ 75キロ
「二宮」定置:カワハギ 120キロ、活イシダイ 80キロ
「福浦」定置:イナダ 730キロ、カワハギ 170キロ
       アカヤガラ 160キロ、イシダイ 90キロ
       ショウゴ 70キロ
「大磯」定置:タチウオ 80キロ ほか

 伊豆方面からは、
「真鶴定置」:サバ 820キロ ほか
「伊東釣船」:アカカマス 180キロ
「富戸刺網」:活イセエビ 15キロ

 東方面からは、
「江ノ島網」:タチウオ 50キロ ほか

小田原 ・・・(素潜)マナマコ  120キロ

地で獲れる「サバ」の鮮度は格別。当然、漁獲から一晩以上経った全国各地から入荷してくる「サバ」と比べると大きな差があるのだが、その「地サバ」が揚がる港でなぜ、三陸や和歌山といった他産地から回りものの「サバ」が入荷し、日々売れるのか不思議ではないですか?
ま、少し考えればその理由は明らかで、入荷してくると言うことは事前に情報が入るわけで、その中で値段や入荷が確定している商品なら確実に購入することが出来るし、販売や料理に使うにしても単価計算などのコスト管理も非常に簡素化でき、仕事全体が効率的に進めることが出来るわけだ。これは仕事を管理する人間としては大変重要なことで、その日獲れるかどうか分からない、相場がいくらになるか分からない、注文を受けた指定サイズがあるかどうかも分からない地の魚を買えるかというリスクと、確実な販売と利益で得るセーフとを秤にかけてどちらを取るかという判断になるわけである。
それはどちらにしても経営者としての判断であり、我々の入る余地はない。当然、鮮度では負けていても、相模湾の「サバ」が脂薄い季節は他産地の方が圧倒的に脂乗りで優れている場合が多く、美味しい「サバ」を求めて購入する場合もありえるし、逆に使用目的によっては脂の薄い方が良いからと、無理に「地サバ」を使う場合もある。
しかし、やはり「地サバ」の鮮度は魅力であり、近年の「活〆サバ」ブームもあって、「地サバ」の人気はまだまだ高く、今後も需要は伸びる可能性がある。
すると入荷と単価のはっきりした「地サバ」があれば、これに勝るものは無いと考えられる。ただし「サバ」の場合は「サバの生き腐れ」という言葉があるとおり、たとえ泳いでいても時間の経過と共に身質が劣化する事が知られており、海の中で活かしておく条件次第では魚の状態が悪い方向へ行く場合がある。活かしの管理を徹底しないことには、その実現は大きなリスクを伴い、小さな港ではまだ難しいのかも知れない。
とにかく獲れた「サバ」を徹底して慈しみ、大切に販売する。その心がけで日々漁獲される多くの「地サバ」の魂は、鎮められるのである。

今日のヒラメ・・・ 178枚
posted by にゃー at 14:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月18日

細胞は無かった魚市場

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:カタクチイワシ 3.7トン、サバ 1.3トン
       小サバ 360キロ、ウルメイワシ 290キロ
       イナダ 150キロ、スルメイカ 200キロ
       ショウゴ 80キロ
「石橋」定置:休漁
「 岩 」定置:サバ 570キロ、小サバ 180キロ
       サバフグ 70キロ
「原辰」定置:カワハギ 100キロ、ショウゴ 70キロ
「江の安」定:休漁
「二宮」定置:活カワハギ 110キロ、活イシダイ 50キロ
「福浦」定置:休漁
「大磯」定置:休漁

 伊豆方面からは、
「網代定置」:スルメイカ 990キロ
「川奈杉本」:メアジ 160キロ ほか
「熱海丸網」:アカカマス 120キロ

カリブ海を挟んで相対するアメリカとキューバ。かつて断絶した国交が近々回復するとか、しないとか。
小田原と東伊豆は同じ相模湾、相模灘を囲んでおり、漁場として同じ海域故に獲れる鮮魚も近く、距離的にも近い関係。こちらは常に友好的な関係を築いては来たが、この魚が少なくなる季節。今まで以上にその関係は強くなる。
今朝の「米神」定置の中心は「カタクチイワシ」。「サバ」とも混じって6トンちょいのボリューム。他の定置網は昨日からの荒天の影響を受け軒並み休漁。魚が少ない。
20141218_itoh.jpgこの急場を救ったのは、伊豆からの「アカカマス」と「メアジ」と「スルメイカ」の”ア・メ・イカ”トリオ。魚が少ない時に分けてもらってお互いの利益となす。まさに魚の宝庫である伊豆半島は、「アメイカン・ドリーム」の国との実感をいたしました。

今日のヒラメ・・・ 92枚
posted by にゃー at 13:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月17日

魚市場は爆弾体たらく

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:休漁
「石橋」定置:サバ 320キロ ほか
「 岩 」定置:休漁
「原辰」定置:休漁
「江の安」定:休漁
「二宮」定置:休漁
「福浦」定置:休漁
「大磯」定置:休漁

 伊豆方面からは、
「伊東釣船」:アカカマス 150キロ
「沼津釣船」:モクズガニ 30キロ

小田原 ・・・(素潜)マナマコ  120キロ

風強く、定置網はほぼ全休。辛うじて操業した小田原最寄りの「石橋」定置は、「サバ」を中心として総量600キロと少なめ。他には「カワハギ」や「アカヤガラ」、「イシダイ」の姿が見えたくらいでした。
明日の朝も風は強く吹くということなので、定置網の操業について若干の不安が残りますが、少なくても今朝よりも多く獲れることを祈りたいと思います。
ただ懸念として全国的なシケの影響により、各地からの鮮魚の入荷が極めて少ない状況という事は間違い無い事のようです。
2014117_mokuzz.jpg今朝は「チュウゴクモクズガニ(上海ガニ)」の近縁「モクズガニ」が入荷。「上海ガニ」の旬は秋ですが、こちらも同様に秋から冬が内子を持って、美味しくなる時期なのだそう。プクプク泡を吹いて活の良さをアピールしてました。小田原で売ったら「小田原ガニ」になるのでしょうか?

今日のヒラメ・・・ 4枚
posted by にゃー at 12:12| Comment(2) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月16日

魚が青いと書く魚市場

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:サバ 900キロ、ウルメイワシ 340キロ
「石橋」定置:サバ 620キロ、ハガツオ 140キロ
       イナダ 170キロ、小サバ 480キロ
「 岩 」定置:サバ 260キロ ほか
「原辰」定置:サバ 130キロ ほか
「江の安」定:サバ 100キロ ほか
「二宮」定置:サバ 330キロ、小サバ 130キロ
       アジ 70キロ
「福浦」定置:サバ 130キロ ほか
「大磯」定置:カワハギ、ウルメイワシ ほか

 伊豆方面からは、
「熱海丸網」:アカカマス 70キロ
「伊東釣船」:アカカマス 150キロ

 東方面からは、
「平塚定置」:カタクチイワシ 160キロ
「江ノ島網」:カタクチイワシ 400キロ
「国府津船」:生シラス 45キロ

20141216_yayaya.jpg今朝も「ハガツオ」獲れました。まだありました。
他はほとんど「サバ」ばかり。「サバ」の一党独裁はいつまで続くのか?
近年、冬の定番として季節的に出現する「カタクチイワシ(ヒコイワシ)」は徐々に小田原に接近しつつあり、今後の「サバ」との勢力争いも含め、要注意な魚である。

今日のヒラメ・・・ 112枚
posted by にゃー at 12:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月15日

魚市場終了のお知らせ

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:ウルメイワシ 230キロ、サバ 700キロ
       ハガツオ 70キロ、アカヤガラ 70キロ
       イナダ 60キロ、アジ 50キロ
「石橋」定置:イナダ 280キロ、サバ 800キロ
       スルメイカ 110キロ、カワハギ 130キロ
       アカヤガラ 60キロ
「 岩 」定置:サバ 700キロ、アオリイカ 60キロ
「原辰」定置:サバ 90キロ ほか
「江の安」定:サバ 120キロ、カワハギ 70キロ
「二宮」定置:サバ 300キロ、カワハギ 140キロ
       アジ 90キロ
「福浦」定置:アジ 300キロ、サバ 350キロ
「大磯」定置:アジ、カワハギ ほか

 伊豆方面からは、
「熱海丸網」:アカカマス 120キロ
「伊東釣船」:アカカマス 110キロ
「真鶴定置」:サバ 230キロ、サバフグ 60キロ

 東方面からは、
「平塚定置」:アジ 220キロ
「江ノ島網」:アカカマス 180キロ ほか

あ、終了ってのは「ハガツオ(ホウサン)」のことね。
「石橋」定置の水揚げだけを見ても、先週火曜日が6200キロ、木曜日は400キロ、次いで金曜日が210キロ、土曜日で130キロ。そして本日、休み明けの月曜日がついに二桁へ。
いよいよ明日はゼロでもおかしくないところまで来ました。
思えば今年の初夏、1キロにも満たない小さいサイズからずっとここまで獲れてくれました。季節を追う毎に大きくなって、まるで我が子の成長を見る親のような気持ちで水揚げを見ておりました(嘘)。
あまりの可愛さに眼に入れた所、やはり痛かったのですが、口に入れてみたらとてもまろやかな舌触りに感動し、以後この魚のファンになってしまった次第ですが、いよいよこの魚ともお別れともなると実に寂しい心持ちがいたします。
大漁の時には数百円の所まで価格が落ち、一番の旬で脂の乗った魚が最もお値打ちという逆転現象までも見せ、何度も食卓を賑わせてくれました。
しかし、その魚もここ数日間はキロ単価四桁超えも飛び出すなど、もはや庶民の手の届く魚ではなくなってしまいました。ようやくこの魚の美味しさに気付いた人たちの間で人気に火が点き、まさしく地魚界のシンデレラかハガツオノミクスかってくらいの成功物語を完結させてくれました。
来年はどんな顔して「ハガツオ」が小田原の海にやってくるのか、今から楽しみでなりませんね。

今日のヒラメ・・・ 207枚
posted by にゃー at 15:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月13日

博奕打ち早朝魚市場

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:イナダ 770キロ、サバ 770キロ
       ウルメイワシ 190キロ
「石橋」定置:サバ 930キロ、イナダ 350キロ
       ハガツオ 130キロ、アカカマス 110キロ
       ショウゴ 50キロ
「 岩 」定置:サバ 480キロ、ハガツオ 170キロ
「原辰」定置:サバ 140キロ ほか
「江の安」定:サバ 270キロ、イシダイ 60キロ
「二宮」定置:サバ 80キロ、イシダイ 40キロ
「福浦」定置:サバ 200キロ、ウルメイワシ 50キロ
「大磯」定置:メアジ、サバ ほか

 伊豆方面からは、
「伊東釣船」:アカカマス 250キロ
「熱海丸網」:アカカマス 100キロ
「西伊豆釣」:釣ヤリイカ 100キロ
「川奈杉本」:メアジ 290キロ、ウスバハギ 60キロ

 東方面からは、
「平塚定置」:アジ 160キロ ほか
「国府津船」:生シラス 30キロ

全体的なボリューム(投票率)ダウンを否定することは出来ず、網の内容も「サバ」のミックスが中心。
あっさりと魚市場水揚げの過半数を確保した。続く漁獲には以前に中心を占めていた「イナダ」や今週急増の「アカカマス」、「アカヤガラ」、赤身が美味しい「ハガツオ」などが第三勢力として台頭した。
注目の別名・維新の鯛、「イシダイ」も獲れてはいたが、週の終盤に来て数を減らした模様。
そして明日の朝は「ヒラメ」の様な公平な視点を持って、丁半選挙に行くこととする。

今日のヒラメ・・・ 139枚
posted by にゃー at 13:37| Comment(1) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする