2018_fespos.jpg

2014年12月05日

明るい漁村の魚市場

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:イナダ 360キロ、サバ 290キロ
       サバフグ 530キロ、小サバ 160キロ
       アカカマス 380キロ
「石橋」定置:イナダ 230キロ、サバ 680キロ
       サバフグ 450キロ、アカカマス 580キロ
       小サバ 200キロ、ヤマトカマス 60キロ
       活イシダイ 50キロ
「 岩 」定置:イナダ 50キロ、サバフグ 150キロ
「原辰」定置:カワハギ 75キロ、サバフグ 40キロ
「江の安」定:マルソウダ 60キロ、サバフグ 50キロ
       ウルメイワシ 40キロ
「二宮」定置:アジ 240キロ、サバ 190キロ
       イボダイ 90キロ、サバフグ 90キロ
「福浦」定置:サバ 240キロ、ハガツオ 180キロ
「大磯」定置:サバフグ 50キロ ほか

 東方面からは、
「平塚定置」:サバフグ 130キロ
「江ノ島網」:タチウオ 300キロ ほか

20141205_lightchange.JPG魚の鮮度が良いのは当たり前。きれな魚がよりきれいに見える。女優を照らすライトの効果。魚がよく見えて、値段も良くなる相乗効果。さらに電気代の節約と電球交換負担の軽減等々、良いこと尽くめのLED。
明日から売り場の眺めが良くなりそうで、楽しみ楽しみ。

今日のヒラメ・・・ 185枚
posted by にゃー at 13:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月04日

魚市場の下がりボンボン

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:アカカマス 170キロ、サバフグ 250キロ
       ヒラソウダ 160キロ、アジ 70キロ
       ヤマトカマス 100キロ、サバ 70キロ
「石橋」定置:アジ 440キロ、小サバ 4.1トン
       サバ 3.6トン、アカカマス 470キロ
       ヤマトカマス 100キロ、ハガツオ 130キロ
       サバフグ 360キロ、イナダ 90キロ
「 岩 」定置:カワハギ、サバフグ ほか
「原辰」定置:カワハギ 190キロ ほか
「江の安」定:サバ 730キロ、ハガツオ 100キロ
       ウルメイワシ 100キロ、小サバ 70キロ
「二宮」定置:アジ 220キロ、サバ 450キロ
       サバフグ 520キロ、アカカマス 160キロ
       カワハギ 110キロ、イナダ 80キロ
       小サバ 180キロ、イボダイ 60キロ
「福浦」定置:休漁
「大磯」定置:サバフグ 100キロ ほか

 伊豆方面からは、
「川奈杉本」:メアジ 600キロ、メジナ 160キロ
       ヒラスズキ 80キロ

 東方面からは、
「平塚定置」:サバフグ 50キロ

晴れ男がいれば、雨女もいる。妖怪ウオッチの話ではない。港には大漁男、貧漁男がいるとかいないとか。
今朝は休み明けの「石橋」定置、「二宮」定置、「江の安」定置が奮闘してくれたものの、大漁を続けていた「米神」定置が一気の減量。理由は定かではないが、連日の寒波と強風が影響したとすれば、明日の漁獲も微妙な情勢?早速、大漁男を探しに行かなければ。
明日は今だ休漁を続けている「福浦」定置の漁再開に期待を込めるとして、明日の水揚げ次第では噂に聞こえる”冬枯れ”が現実のものとなるかもしれません。
週末にかけて魚のご入り用のある方は、早めの手当をオススメします。

今日のヒラメ・・・ 104枚
posted by にゃー at 13:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月03日

三つ星魚市場はココにある

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:サバ 1.5トン、小サバ 1.7トン
       ハガツオ 790キロ、イナダ 450キロ
       アジ 140キロ、アカカマス 140キロ
       カワハギ 100キロ、ウルメイワシ 300キロ
       ヒラソウダ 80キロ、マンボウ 60キロ
「石橋」定置:休漁
「 岩 」定置:サバ 350キロ ほか
「原辰」定置:休漁
「江の安」定:休漁
「二宮」定置:休漁
「福浦」定置:休漁
「大磯」定置:アジ 200キロ、サバフグ 370キロ
       小サバ 840キロ、サバ 170キロ
       カワハギ 80キロ

 東方面からは、
「平塚定置」:サバフグ 100キロ

この強風続きにもかかわらず、これだけの魚が揚がる実力。ポテンシャル。
旬の魚が揃って美味しい、安堵感。デリシャス・アンド・プレミアム。
明日の豊漁も約束されてる。ウエルカム。

今日のヒラメ・・・ 8枚
posted by にゃー at 11:54| Comment(3) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月02日

争点を決めるのは魚市場

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:休漁
「石橋」定置:アジ 2.2トン、アカカマス 500キロ
       小サバ 3.5トン、サバ 2.3トン
       ハガツオ 320キロ
「 岩 」定置:サバ 1トン、サバフグ 200キロ
       小サバ 920キロ
「原辰」定置:休漁
「江の安」定:休漁
「二宮」定置:活カワハギ 190キロ
「福浦」定置:休漁
「大磯」定置:休漁

 伊豆方面からは、
「赤沢定置」:ハガツオ 590キロ、サバ 190キロ
       小サバ 110、ヒラソウダ 100キロ
「西伊豆釣」:釣ヤリイカ 110キロ ほか
「熱海丸網」:アカカマス 90キロ
「沼津釣船」:釣クロシビカマス 100キロ

トラック野郎死去のニュースが流れた後、トラック諸島で台風22号発生の報。その台風がもう来たかと思うほど今朝は未明からビュービュー、昼になってもビュービュー。帰るまでビュービュー。
台風並みの強風が吹き荒れる中、出漁した定置網の漁師たちも波風共に大変だった様で、良く網を閉めたものだと感心しきり。おかげ様で「石橋」定置は量も種類も多く、なかなかのボリュームで来場者の多くは喜んだが、それでも限られた地魚を求めてセリではあちこちで激戦が繰り広げられた。
同じく天候の影響を受けて、今朝から水揚げが始まるはずだったヒラメ網漁はほぼ水揚げがゼロ。本格的なスタートは明日となる見込みとなった。ただし明日には天候は回復すると思われるが、水曜日と言うこともあり「ヒラメ」の上場枚数が限定的となる可能性もあるということは念頭に置きたい。

今日のヒラメ・・・ 26枚
posted by にゃー at 15:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月01日

魚市場は実録路線天国

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:サバ 3トン、ハガツオ 730キロ
       イナダ 1.8トン、アジ 200キロ
       サバフグ 750キロ、マルソウダ 240キロ
       ウルメイワシ 150キロ、小サバ 1.2トン
       ヒラソウダ 150キロ
「石橋」定置:休漁
「 岩 」定置:サバ 750キロ、小サバ 400キロ
       サバフグ 630キロ
「原辰」定置:サバ 200キロ、サバフグ 100キロ
「江の安」定:サバ 480キロ ほか
「二宮」定置:アジ 280キロ、サバ 400キロ
       サバフグ 570キロ、小サバ 350キロ
       アカカマス 140キロ
「福浦」定置:イナダ 380キロ、カワハギ 90キロ
「大磯」定置:小サバ 830キロ、サバフグ 180キロ
       アジ 90キロ、サバ 80キロ

 伊豆方面からは、
「真鶴定置」:サバ 1.1トン、サバフグ 150キロ
       マンボウ 100キロ
「西伊豆釣」:釣ヤリイカ 80キロ
「熱海丸網」:アカカマス 100キロ
「川奈杉本」:イナダ 220キロ、メアジ 430キロ
       メジナ 100キロ

 東方面からは、
「平塚定置」:サバフグ 180キロ

今朝の網には「サバ」、そして「サバフグ」、さらに「イナダ」に「ハガツオ」云々。う〜ん。
「サバ」の中には「マサバ」が多めでお得気分。「マッサン」の人気は相変わらず。そして「サバフグ」は大きめ主体で得した気分。「サバフグ」喰うなら唐揚げもいいけど、やっぱり鍋よ〜鍋、鍋。おまけに「イナダ」と「ハガツオ」は量減り気味でお値段プレミアム化の得々気分。ええじゃないかで、ニッカニカ。
それにしたって最後じゃけん言うとったるがの、狙われるもんより狙うもんのほうが強いんじゃ。そがな考えしとると隙ができるど。シビレル〜。

今日のヒラメ・・・ 110枚
posted by にゃー at 17:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする